FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スフィアン・スティーヴンス、来月リリースの新作『キャリー・アンド・ローウェル』より『Should Have Known Better』を公開!

スフィアン・スティーヴンス、来月リリースの新作『キャリー・アンド・ローウェル』より『Should Have Known Better』を公開!




私が現在最も素晴らしい曲を書くことのできるミュージシャンの一人だと考えているスフィアン・スティーヴンス。99年にデビューして以来実に15年を超えるキャリアを誇るのですが、多岐にわたる活動が仇となり評価も知名度も決して高いとは言えないのが現状です。

しかし、そんな状況を変えてくれるかもしれないのがこの新作『キャリー・アンド・ローウェル』です。これまでの記事でも紹介させていただいたように、彼のルーツであるフォーク・ミュージックに回帰した作品になっており、しかもタイトルは両親の名前という、天才フォーク・ミュージックであるスフィアン・スティーヴンスの決意が感じられます。

今回公開されたのは『Should Have Known Better』で、以前に公開された『No Shade in the Shadow of the Cross』同様ほぼアコギの弾き語りという体裁をとっています。こういう曲は構成が簡素なため説明が非常に難しいのですが、一聴して曲の全てを把握することができない、深い味わいを感じます。サビで胸を風が吹き抜けるようなこの感覚はどう伝えたら良いのでしょう?とにかく聴いて下さいというしかないのですが、美しく、悲しく、切なく、暖かい名曲です!




アルバムのリリースは2015/4/1です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/03/19 09:00 ] The Skids Sufjan Stevens | TB(0) | CM(0)

スフィアン・スティーヴンス5年振りの新作『キャリー・アンド・ローウェル』から『No Shade in the Shadow of the Cross』が公開!

スフィアン・スティーヴンス5年振りの新作『キャリー・アンド・ローウェル』から『No Shade in the Shadow of the Cross』が公開!




先日ニュー・アルバム『キャリー・アンド・ローウェル』について書かせていただいたスフィアン・スティーヴンスですが、遂にアルバム収録曲が公開されました。『キャリー・アンド・ローウェル』は全米チャートでトップ10に入り、また評論家から高い評価を受けた『ジ・エイジ・オブ・アッズ』に続く作品ということで大きな関心を集めていましたが、両親の名をタイトルに冠し、スフィアンのルーツであるフォーキーなサウンドへ立ち返ったということで私も非常に期待していました。

さらにセルフ・プロデュースで、死や喪失、愛といった普遍的なテーマを取り上げていることから、スフィアン・スティーヴンスというアーティストが全てを賭けて挑んだ作品なのではという印象を受けます。

今回公開された『No Shade in the Shadow of the Cross』ですが、本当に美しい曲です!アコースティックギターとヴォーカルのみの簡素な造りですが、聴いていると知らず知らず涙が溢れてるしまうような優しさと悲しさが同居する名曲です。




この一曲を聴いただけで新作が名盤になるのは間違いないと確信しました。これは必聴!

【収録予定曲】
01. Death With Dignity
02. Should Have Known Better
03. All Of Me Wants All Of You
04. Drawn To The Blood
05. Eugene
06. Fourth Of July
07. The Only Thing
08. Carrie & Lowell
09. John My Beloved
10. No Shade In The Shadow Of The Cross
11. Blue Bucket Of Gol

アルバムの発売は2015/4/1です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/03/10 09:00 ] The Skids Sufjan Stevens | TB(0) | CM(0)

遂にきた!スフィアン・スティーヴンス5年ぶりの新作『キャリー・アンド・ローウェル』が3月にリリース!

遂にきた!スフィアン・スティーヴンス5年ぶりの新作『キャリー・アンド・ローウェル』が3月にリリース!




この人は本当に素晴らしい音楽の才能を持っており、その才能が最も輝いたのが10年にリリースされた前作『ジ・エイジ・オブ・アッズ』でした。この作品は多くのメディアから絶賛を受けていたのをよく覚えています。

しかし、ときに難解な作品をリリースしたり、Enjoy Your Rabbit名義ではエレクトリック・ミュージックを、また先日はSisypghus名義でエレクトリックなヒップ・ホップをプレイするという多岐にわたる活動が災いしてか、なかなか知名度を上げることができません。

しかし、そんな状況もこれで変わるかもしれません。今年の3月31日にリリースが予定されている新作『キャリー・アンド・ローウェル』では”フォーク・ミュージックのルーツに回帰したものになる”との情報が流れています。

実際公開されているアルバム・トレーラーではアルバム・タイトル曲と思われる曲が流れているのですが、これがシンプルでいながら深みのある、どことなく寂しさを感じさせる、まさにスフィアン・スティーヴンスという曲となっています!




スフィアン・スティーヴンスに関しては一人でも多くの方に聴いていただきたいので、できる限りこのブログでも取り上げていきたいと思います。さあ、新作に期待だ!

アルバムの発売は2015/4/1です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/02/13 09:00 ] The Skids Sufjan Stevens | TB(0) | CM(0)

Sufjan Stevens(スフィアン・スティーヴンス)- 『Take Me』

スフィアン・スティーヴンスの未発表デモ曲『Take Me』が公開!


スフィアン・スティーヴンス、この75年生まれのアメリカ人シンガー・ソングライターをもっと知ってほしい!彼はシンガー・ソングライターであり、フォークが基調となった音楽を作っているのですが、他では聴いたことのない、真にオリジナルな音楽をプレイしており、その才能は疑う余地のないものです。

10年にリリースした『The Age of Adz』は日本でも音楽評論家の間で高い評価を受け、私もとても愛聴した作品でしたし、少しポップ色の強かった05年の『Illinois(イリノイ)』も素晴らしい作品でした。

スフィアン・スティーヴンスの作り出す音楽は彼の頭の中に鳴り響いている音をそのまま具現化したような壮大な音楽で、何度も聴かないと全体像をつかむことの出来ないものです。しかし、全体像をつかむ頃には曲の素晴らしさに完全に虜にされてしまうのです。

ただ、ポップな要素は少なく、シングル・ヒットになりにくかったり、カジュアルに聴くことに適さないために知る人ぞ知るという存在になってしまっていますが、スフィアン・スティーヴンスを聴かないのは本当にもったいなすぎる!少しでも多くの方に聴いていただきたいと思います。

そして彼に未発表デモ曲が公開されたので少しでも彼の知名度が上がればと思い紹介させていただきます。スフィアン曰く「古いハードディスクで見つかったローファイなもの」とのことですが、彼の不思議な魅力がよく伝わる曲だと思います。この曲に少しでもピンときたらぜひ彼のアルバムを聴いてみてください!




こちらがスフィアン・スティーヴンスの最高傑作『Age of Adz』






そしてこちらが『イリノイ』!










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/12/25 09:00 ] The Skids Sufjan Stevens | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。