FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Pink Floyd(ピンク・フロイド)- 最新リマスター・シリーズ  [マイストア]

 これはすごいシリーズです!!!ピンク・フロイドのオリジナル・アルバムの最新リマスターやボックス・セットが数ヶ月に亘ってリリースされるこのシリーズ!!!まずは14枚のオリジナル・アルバムの最新リマスターが登場です。しかも、値段は輸入盤で\1,520というナイスなプライス!さらに14枚の全てのアルバムが収録されたボックス・セットが¥ 27,117→¥ 20,387、16枚組のボックス・セットが\35,800、『狂気』のコレクターズ・ボックスが\16,000です。デラックス・エディションなどもあるようで、しばらくはピンク・フロイド祭りとなりそうです。

 随時関連アイテムをマイストアの方に追加していきますので、左側の『お薦め マイストア』よりチェックして下さい。


 それでは解説文を掲載させていただきます(HMVホームページより)

 すでにファンの間では話題となっている、日本時間の5/10(火)にEMIより発表されたPink Floydの最新リマスタリング・シリーズ。

 このシリーズはPink Floydの大規模リリース・キャンペーンで、オリジナル・アルバムの最新リマスター盤やボックスセットなどを数ヶカ月に渡って発売するプロジェクト。

 9月の第1弾を皮切りに、11月、そして来年2012年2月の3回に分けて実施予定ですが、中でも第1弾の今回がメインとなっており、オリジナル・スタジオ・アルバムの14タイトル、全てのアルバムにフォトブックが付属したボックスセット、そして『Dark Side Of The Moon: 狂気』の未発表音源を含むボーナストラック入り2枚組デラックス・エディション、6枚組コレクターズ・ボックス等一気に17タイトルがリリースされます。

 Pink Floydのリマスター作品といえば、『Piper At The Gates Of Dawn: 夜明けの口笛吹き』『Dark Side Of The Moon: 狂気』 の2タイトルが2001年にリリースされていますが、それ以外の作品はすべて数十年ぶりのリマスター。

 今回のリマスタリングは、Pink Floydではお馴染みの米のエンジニア、ジェイムス・ガスリーが担当し、CDのブックレットなども、長年Pink Floydのアート・ディレクターを務めているストーム・トーガソン監修の元、デザインが一新され歴史的名盤が新しい音とビジュアルで甦ります。

 第2弾では新編成のベストアルバム『A Foot In The Door; The Best Of Pink Floyd』等のリリースが予定されており、第3弾まで目が離せないリリースが続きますので、ファンの方はお楽しみに!


国内盤インフォーメーション
※輸入盤は国内盤の第1弾でリリースのされるタイトルと若干違います。(詳しくはこちらから )


第1弾リリース 2011年9月28日発売
1)最新リマスターが施された下記全オリジナル・アルバム14作品
1.『夜明けの口笛吹き』
2.『神秘』
3.『モア』
4.『ウマグマ』(2CD)
5.『原子心母』
6.『おせっかい』
7.『雲の影』
8.『狂気』
9.『炎~あなたがここにいてほしい』
10.『アニマルズ』
11.『ザ・ウォール』(2CD)
12.『ファイナル・カット』
13.『モメンタリー・ラプス・オブ・リーズン』
14.『対』
2)上記全14作品にフォトブックを追加収録したボックス・セット
3)『狂気』2枚組デラックス・エディション(未発表音源を含むボーナストラック入り)
4)『狂気』6枚組コレクターズ・ボックス(未発表音源、貴重なライブ音源・映像、その他豪華特典付)輸入国内盤仕様

第2弾リリース 2011年11月上旬発売予定
5)新編成のベストアルバム『A Foot In The Door – The Best Of Pink Floyd』
6)『炎~あなたがここにいてほしい』2枚組デラックス・エディション(未発表音源を含むボーナストラック入り)
7)『炎~あなたがここにいてほしい』5枚組コレクターズ・ボックス(未発表音源、貴重なライブ音源・映像、その他豪華特典付)


第3弾リリース 2012年2月下旬発売予定
8)『ザ・ウォール』3枚組デラックス・ディション(未発表音源を含むボーナストラック入り)
9)『ザ・ウォール』7枚組コレクターズ・ボックス(未発表音源、貴重なライブ音源・映像、その他豪華特典付)

ピンク・フロイド日本公式サイト
http://emij.jp/pinkfloyd/ (PC/携帯)



輸入盤も追加!(5/23UP!)
国内盤で第2弾と第3弾に分けてリリースされるタイトルが、輸入盤ではすべて一挙同時にリリースされます。
輸入盤 : 9月26日同時リリース予定

1) 最新リマスターが施された全オリジナル・アルバム14作品
2)上記全14作品にフォトブックを追加収録したボックス・セット(5/23追加UP!)
3) 新編成のベストアルバム『A Foot In The Door – The Best Of Pink Floyd』
4) 『狂気』2枚組デラックス・エディション&6枚組コレクターズ・ボックス
5) 『炎~あなたがここにいてほしい』2枚組デラックス・エディション&5枚組コレクターズ・ボックス
6) 『ザ・ウォール』3枚組デラックス・ディション&7枚組コレクターズ・ボックス



2011.5.10にEMI UKより発表されたプレスリリースの訳を掲載いたします。


*****************************************************

ピンク・フロイドはEMIのレガシーを再定義する。
ピンク・フロイドの大規模リリース・キャンペーン、「Why Pink Floyd…?」(ワールドワイドでのキャンペーン・タイトル)で未発表音源、コレクターズ・ボックスセット、全スタジオ・アルバムがリマスターされリリースされる。

1967年から関係が続いているピンク・フロイドとEMIミュージックはCD、DVD、ブルーレイ、SACD、多種にわたるデジタル・フォーマット、ヴァイラル・マーケティング、iPhoneアプリ、1CD新ベストアルバムを含み2011年9月26日からスタートする包括的なリリース・スケジュールを発表した。

いまだに最も成功し偉大なアーテイストである伝説的なバンドは先頃EMIとの契約に至った。これにより様々な形態でのリリースが可能になり多くはEMIとピンク・フロイドの長年の調査で発掘された貴重な音源を含む。

「Why Pink Floyd…?」キャンペーンでリリースされる商品は幅広いファンにアピールするものになっている。初めて聴く人にも魅力的な音楽であり、また熱心なファンには別テイク、未発表曲、1974年にウェンブリーで行われた伝説の「狂気」コンサートの映像及び音源を復元したものが収録された豪華ボックス・セット等が用意されている。

また今回のリリースでは様々な音楽体験が出来るよう特別に制作された。最新リマスターされた通常盤のスタンダード・エディション及びCD、DVD、ブルーレイを含む豪華ボックスセットのコレクターズ・エディションに加えオリジナル・アルバムにそのアルバムに関連した音源をまとめたボーナスCDがついたデラックス・エディションもリリースされより深く音楽を体験できるようになっている。

EMIグループのCEOのロジャー・ファクソン曰く「これは歴史上最も創造的で影響を与えたバンドの1つとEMIのユニークなコラボレーションである。このリリースには1年以上の歳月を費やしピンク・フロイドを現代音楽において最も刺激的なバンドにしたすべての要素が含まれている。Why Pink Floyd?(何故ピンク・フロイドか?)、それは彼らの音楽は特別でこれらのエキサイティングな新しいリリースは音楽ファンに彼らの素晴らしいレガシーを再発見させたアーティストのクオリティーへの感謝の気持ちは古びることがないことを証明するだろう。

長年ピンク・フロイドのアート・ディレクターを務めているストーム・トーガソンがすべてのCDの新しいブックレット、ボックス・セットのアートワーク、DVDのメニュー画面を含むビジュアル・デザインを監修している。写真家のジム・ファーマノフスキーがオリジナルの未発表写真によるフォトブックの編集を手掛けている。また最高の音質、映像を追求すべきデジタル・リマスタリングはジェイムス・ガスリー(米)とアンディ・ジャクソン(英)が指揮を取った。

ピンク・フロイドの映画を保管するラナ・トップハムは「狂気」、「炎」のコレクターズ・ボックス・セットに収録されている歴史的フィルムの苦労を要した復元作業を監修した。

まず最初に2011年9月26日にリリースされるタイトルはピンク・フロイドの名作「狂気」の6枚組コレクターズ・ボックス・セットと2枚組デラデラックス・エディション 。またコレクターズLPと各種デジタル・リリース。さらに最新デジタル・リマスターされたオリジナル・アルバム14タイトル及び全アルバムを収録したボックス・セット。

ファンが制作したコンテンツを活用しファンが自身の創造性を提供出来るデジタル施策を展開。またピンク・フロイドのレガシーを垣間見る事ができるiPhoneアプリも制作予定。

2011年11月7日の第2弾リリースに予定されているタイトルは「炎」の5枚組コレクターズ・ボックス・セットと2枚組デラックス・エディション。共に20分におよぶクレイジー・ダイアモンドの演奏を含む1974年のウェンブリー公演からの音源、伝説的ジャズ・ヴァイオリニスト、ステファン・グラッペリ参加の「あなたがここにいてほしい」を収録。コレクターズLPと各種デジタルリリースも発売。

初めて1枚にピンク・フロイドの人気曲が収められた「A Foot In The Door - The Best Of Pink Floyd」は同時発売。

ジェイムス・ガスリーによってミックスされた待望の「炎」の5.1ヴァージョンはインディペンデント・レーベル、Acoustic Soundsからリリース。

2500万セットを売り上げ、文化的にも政治的にも30年にも及び試金石となったアルバム、「ザ・ウォール」は同じく7枚組のコレクターズ・ボックス・セットと3枚組のデラックス・エディションが2012年2月27日にリリースされる。同時にコレクターズLP及び各種デジタル・リリースも予定。 

ピンク・フロイドのオフィシャル・ウェブサイト、www.pinkfloyd.comはリリースに向けて本日から大々的な展開が実施され、FaceBookには現在1100万人のフォロアーがいる。

2011年9月26日
*最新リマスターが施された全オリジナルアルバム14作のDiscovery Edition
*オリジナル・アルバム全14作とフォトブックを収録したボックス・セット
*通常盤 スタンダード・エディションのオリジナル・アルバム14作とボックスセットのデジタル・リリース
*狂気のコレクターズ・ボックスとデラックス・エディション、アナログLP、デジタル・リリース

2011年11月7日
*A Foot In The Door – The Best Of Pink Floyd
*炎のコレクターズ・ボックスとデラックス・エディション、アナログLP、デジタル・リリース

2012年2月27日
* ザ・ウォールのコレクターズ・ボックスとデラックス・ディション、アナログLP、デジタル・リリース

1967年にはシド・バレット、ロジャー・ウォーターズ、ニック・メイソン、リチャード・ライトがバンドに在籍していた。1968年にバレットが抜けデヴィッド・ギルモアが加入した。2006年にシド・バレット、2008年にリチャード・ライトが他界した。ピンク・フロイドは全世界で2億枚のレコードを売り上げている。







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2011/06/18 11:58 ] Mystery Jets Pink Floyd | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。