FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Neil Finn(ニール・フィン) - 『One Nil』

いよいよ新作『Dizzy Heights』の発売が迫ったニール・フィンの01年の作品『One Nil』を紹介!



Neil Finn / One Nil 輸入盤 【CD】

Neil Finn / One Nil 輸入盤 【CD】
価格:1,512円(税込、送料別)



76年にデビューして、実にキャリア34年目に入ったベテラン中のベテラン、ニール・フィン。このブログでも紹介させていただきましたが、今月ニュー・アルバム『Dizzy Heights』をリリースする予定で、それに関連する動画を見ることができたのですが、老けましたね。58年生まれで56歳になるので当然と言えば当然なのですが、口の辺りが老人のようになってきており少しビックリしました。

新作はオーケストラの要素がかなり強く、円熟味を増していくニール・フィンの音楽とのシンクロが感じられたのですが、スプリット・エンズ、クラウデッド・ハウス、ソロとキャリアを追っかけてきた私としてはやはり少し大人過ぎてピンとこなかったのも事実です。やはりポール・マッカーサー直系のメロディと小気味よいリズムというスタイルが好きなんですよね。

そういうサウンドならやはりクラウデッド・ハウスなんですが、今回はソロ作のなかから私の好きな作品を紹介させていただきます。それは01年にリリースされた『One Nil』です。

この作品は素晴らしいメロディがありながら、ビートも効いているという絶妙のプロダクションがされていますが、それに関してはミッチェル・フルームの果たしている役割が大きいと思います。ミッチェル・フルームといえばエルヴィス・コステロなどとの仕事でも知られていますが、私としてはなんといってもロン・セクスミスの1stでの仕事が最も印象的です。あの作品が時代を超えた名盤となることができたのは間違いなくミッチェル・フルームのプロダクションがあったからです。さらにこのアルバムではチャド・ブレイクもプロデューサーに名を連ねています。ニール・フィンが書いた曲をこれらの素晴らしいプロデューサーが手がける。これでいい作品が出来ない訳がないですよね。

先走ってしまいましたがまずはこのアルバムの個人的ベスト・ソングから書かせていただきます。どの曲もそれぞれに魅力があり、シングル向きな曲もないのでかなり迷ったのですが、オープニング・ナンバーである『The Climber』ということで。もうニール・フィンらしい繊細で憂いのあるメロディがたまりません!アコースティック・ギターを中心にした簡素な作りですが、それによってメロディの良さが引き立つ名曲です。




Rest of The Day Off』は入りのリズムで、お?と思わされるのですが、ニール・フィンのヴォーカルが入った瞬間に至福のポップ・ソングへと生まれ変わります。エルヴィス・コステロやロディ・フレイムなどもそうですが、声に憂いのあるヴォーカリストはそれだけで説得力がありますね。シャウトに近いヴォーカルと重いドラムで始まる、いつもと違う雰囲気の『Hole in the Ice』も中盤からは安定したメロディで聴かせてくれます。

Wherever You Are』はクラウデッド・ハウス時代の曲を彷彿とさせるメロディで、やはりこの魅力には抗し難いですね。

Last to Know』はドラムの音の空間を感じさせる広がりがミッチェル・フルームっぽいですね。肩の力の抜けた曲と思わせておいてサビで一気にスケールアップしてビックリさせられます。少し遊びの気分も入った展開だと思うのですが、遊びで済まされないクオリティです。

コーラスの美しさとメロディが相俟って昇っていく『Turn and Run』、『Last to Know』と同じくドラムの音が気持ちいい『Anytime』、従来のニール・フィンの曲よりリズムを細かく刻むことでメロディもいつものものとは微妙に変化している『Driving Me Mad』など聴き所も多いです。

これはシングル・カット!という飛び抜けた曲はないのですが、ほぼ全曲がお気に入りになるクオリティで、ニール・フィンというアーティストの才能の凄さを感じさせられる作品です。こういう音楽が好きな人にとっては一生ものの宝になる作品だと思います。












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/02/06 09:00 ] Mystery Jets Neil Finn | TB(0) | CM(0)

Neil Finn(ニール・フィン) - 『Dizzy Heights』

ニール・フィン、13年ぶりのソロ・アルバム『Dizzy Heights』登場!




ニール・フィンの新作登場です!このニュースを聞いて興奮する方がどれほどみえるのか分かりませんが、ニール・フィンは私にとって非常に思い入れの強いミュージシャンで、彼のメロディ・センスは歴史に名を残すものだと思っています。

スプリット・エンズ、クラウデッド・ハウス、フィン・ブラザーズなどの活動でタイムレスなメロディを持つ名曲を幾つも残してきたニール・フィン。個人的にはスクイーズやエルヴィス・コステロと並ぶポップ職人だと思います。

今作はニール・フィン名義では13年ぶりとのことでこっちもすこし緊張してしまいます。オープニング・ナンバーの『Imprressions』のスタジオ・ライブを聴いてみると、かなり落ち着いた仕上がりすね。ストリングスが入ったりはしていますが、この曲はまさにアルバムの幕開けを告げる役割のナンバーといったところでしょう。

Flying Face of Love』は出だしのリズムがニール・フィンらしい期待させるナンバーです。しかしサビの盛り上がりは期待したほどではないかな。さらに続く『Divebomber』は幻想的なつかみ所のない曲で、これもう〜んといった感じです。

『White Lies And Alibis』のスタジオ・ライブはピアノの弾き語りスタイルにこれまたストリングスの入ったゆったりとしたもので、じわーっと心に染みてきます。サビのメロディとフィルセットはニール・フィンらしくてにやりとさせられます。




それ以外にライブ音源が聴ける『Recluse』や『In My Blood』、『Lights of New York』もストリングスを従えてのバラードで、ニール・フィンのメロディを濾過して不純物を取り除いたような上品なものになっています。

13年という時を感じさせる、成熟したニール・フィンの音楽が聴ける作品です。個人的にはもっとクラウデッド・ハウスのときのようなポップ・ナンバーが入っていて欲しかったのですが、ワインのように時間をかけることで芳醇な味わいの生まれるタイプの作品ではないでしょうか。

アルバムの発売は2014/2/11です。












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/01/20 09:00 ] Mystery Jets Neil Finn | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。