FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Little Feat(リトル・フィート) - 『Red Gumbo: the Complete Warner Bros. Years』

サウザン・ロックのビッグ・バンド、リトル・フィートのワーナー時代の全カタログを収めたボックス・セットが登場!




ローウェル・ジョージを中心とし、ニューオリンズを中心とする素晴らしいサウンザン・ロックを聴かせてくれたバンド、リトル・フィート。ロックだけでなくソウルやジャズ、R&Bといった要素も取り入れられており、そのサウンドは高い評価を受けています。またメンバーの技術も非常に高く、どのアルバムを聴いても安定感とワクワク感を感じることが出来ます。

今回再発されるのはリトル・フィートがワーナーに所属していたときの作品なのですが、この期間が現在も活動を続けるリトル・フィートの最盛期だといって間違いないでしょう。作品としては、72年の『Sailin' Shoes』、73年の『Dixie Chicken』、そして78年のライヴ・アルバム『Waiting for Columbus』でしょう。

『Sailin' Shoes』はリトル・フィートが自分たちの音楽性を獲得していく上で重要な作品で、ロック、R&B、ブルース、ジャズなど多種多様な音楽を取り込み、それをリトル・フィートにしかできない形でまとめあげた作品で、翌年の『Dixie Chicken』はその成果をさらに洗練された形で作品とした、リトル・フィートを代表する作品です。そして『Waiting for Columbus』は卓越したテクニックでその音楽をライヴとして表現してみせた圧巻の内容で、どれもロック史に残るクオリティを誇っています。

今回の再発ではリトル・フィート、ワーナー時代の全アルバム12枚とシングル・ヴァージョン、デモ・ヴァージョン、ライブ・ヴァージョンなど珍しい音源を集めたボーナス・ディスクのセットの13枚組ということですが、Amazonでの現在の価格は7,158円と驚きの値段!このコストパフォーマンスはとんでもないでしょう。

発売は12014/2/25です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/02/26 09:00 ] Jesse Winchester Little Feat | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。