FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジョニー・マー、10月に発売予定の新作『Playland』から『Easy Money』を公開!

ジョニー・マー、10月に発売予定の新作『Playland』から『Easy Money』を公開!


【送料無料】 Johnny Marr / Playland 輸入盤 【CD】

【送料無料】 Johnny Marr / Playland 輸入盤 【CD】
価格:2,778円(税込、送料込)



ザ・スミスのギタリストとして輝かしいキャリアを築いてきたジョニー・マーが初のソロ・アルバムをリリースしたのは昨年。その作品に続いてリリースされるのが『Playland』です。

やはりファンとしては“ジャグリング・ギター”との異名をとる繊細で美しいジョニーのギターを聴きたいという気持ちが強いのですが、新作はいかに!?ということで先行公開された『Easy Money』を聴いてみたのですが、これがビックリな内容。

冒頭こそギターがメインな音になっているのですがすぐに分厚いノリノリのグルーヴを刻むシンセサイザーが前に出てきます。この構成はそのまま続き、特にサビでは“Money Money”というたまらなくキャッチーなフレーズとともにシンセサイザーの音が頭の中をグルグル回るというダンス・ナンバー。ジョニー・マーというアーティストのイメージからはかなり離れたものになっていると思いますが、意外といい出来だと思います。




アルバムはどうなんでしょう?今回ロンドンでレコーディングしたことに関して「ロンドンで作業を続けたのはそう意図してのことだったんだ。どこで作業をしたかということは間違いなく音に反映されて沁み出て来るものであって、ぼくはここ数年の間にロンドンに対してすごくいい感触を得てきてるんだよ。このどこか神経が高ぶってる感じにね」とコメントしているジョニー。かなりアッパーなものになるかもしれません。

アルバムの発売は2014/10/7です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/09/12 09:00 ] Jesse Winchester Johnny Marr | TB(0) | CM(0)

Johnny Marr(ジョニー・マー)- 『Messenger(メッセンジャー)』 [ロック 名盤]

ジョニー・マー初のソロ・アルバム!


Johnny Marr / Messenger 【CD】

Johnny Marr / Messenger 【CD】
価格:2,490円(税込、送料別)



ソロ・アルバムは初めてなんですね。非常に長いキャリア、高い知名度を誇るアーティストなので意外でした。

あの伝説のバンド、ザ・スミス脱退後、ニュー・オーダーのバーナード・サムナーと組んだエレクトロニックやジョニー・マー&ザ・ヒーラーズといった自身のバンド以外にも、ザ・ザ、モデスト・マウス、プリテンダーズ、ザ・クリプスなどといった名だたるバンドのメンバーとしても活躍してきたジョニー・マー。いかに彼がアーティストとして高く評価されているかがよく分かります。

彼のギターは、ローリング・ストーン誌の2007年11月号の企画、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も過小評価されている25人のギタリスト」において第15位となるなど、一般的には過小評価されているきらいはありますが、アーティストで彼のギターの影響を受けているのは、オアシスのノエル・ギャラガーを始め、スウェードのバーナード・バトラーなど数多く存在します。

“ギタリストはあくまで伴奏者である”という本人のポリシーの通り、決してテクニックをひけらかしたり、前に出てくることはないのですが、その存在感は聴く者の耳を惹き付けてやみません。“ジャグリング・ギター”と称されることもある転がるようなリズムと、繊細なトーンはジョニー・マーをオリジナルなギタリストとしています。

これまで温めてきたアイデアが詰まった初のソロ・アルバム、楽しみです!

それでは解説文を。

英国ロックのカリスマ、ジョニー・マーが遂にソロ・アルバムを発表!
82年にザ・スミスのギタリストとしてデビューし、現在までに30年以上の音楽キャリアを誇るジョニー・マーが“キャリア初”となるソロ・デビューアルバムをリリース!

オアシス、レディオヘッド、スウェード、その後のマンチェスター・シーンやUKロックに多大な影響を与えた伝説のカリスマ・ギタリスト、ジョニー・マーが遂に本格ソロ活動をスタート!87年、モリッシーと共に結成し人気絶頂期だったザ・スミスを脱退後、ニュー・オーダーのバーナード・サムナーとの豪華バンド、エレクトロニックを始めジョニー・マー & ザ・ヒーラーズなどバンドを結成。また、ザ・プリテンダーズ、モデスト・マウス、クリブスのギタリストとしてバンドに正式加入するなど、精力的に活動してきたジョニー・マー。

マンチェスターとベルリンで制作され、アビイ・ロードのフランク・アークライト(ジョニー・マー+ザ・ヒーラーズ、コールドプレイ)がマスタリングを担当した本作では、ジョニーによるヴォーカルとギターをたっぷり堪能できる。

【収録曲】
1. The Right Thing Right
2. I Want The Heartbeat
3. European Me
4. Upstarts
5. Lockdown
6. The Messenger
7.Generate! Generate!
8. Say Demesne
9. Sun & Moon
10. The Crack Up
11. New Town Velocity
12. Word Starts Attack

発売は2013/4/24です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/04/17 09:00 ] Jesse Winchester Johnny Marr | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。