FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クラクソンズの『Love Frequency』はどうだったのか?

クラクソンズの『Love Frequency』はどうだったのか?




このブログでの何度も取り上げさせていただいていたクラクソンズの新作『Love Frequency』。07年に『近未来の神話』で衝撃とともにシーンに登場したクラクソンズ。ロックとレイヴのダイナミズムを併せ持つサウンドはロック・ファンの圧倒的な支持を得たのですが、今作ではケミカル・ブラザーズのトム・ローランドや、元LCDサウンドシステムのジェームス・マーフィーが参加しているとのことで、さらにエレクトリック・サウンドのインパクトの増した作品となっています。

アルバムから先行公開されていた『Children of the Sun』、『There Is No Other Time』、そして『Show Me a Miracle』のどれもが素晴らしい内容でしたが、アルバムを聴いてみるとそれ以外にもガツンとくる曲が幾つもあります。

まずアルバムのオープニングを飾る『New Reality』。オープニング・ナンバーに相応しく荘厳なサウンドで始まるこのナンバーは、中盤からは一気にキャッチーなメロディへと変化します。フィルセットとエレクトリック・サウンド、そして重いビートが絶妙な名曲!




ニュー・ウェーヴを連想させる『Out of the Dark』、ちょっと下世話過ぎない!?と思ってしまうくらいキャッチーな『Invisible Forces』、そして後半に並んだロック的なダイナミズムを封印してメロディや全体の美しさを強調した『The Dreamers』、『Atom to Atom』の流れ、そしてラストに配された『Love Frequency』で徐々に熱量を高めていくという構成。本当にアルバムの最後まで飽きることなく楽しむことができます。

個人的には他の曲とは全く雰囲気が違い、まるで環境音楽のようなミニマルなサウンドが胸に染みた『Liquid Light』が特に印象に残りました。

クラクソンズが一歩も二歩も前に踏み出し新たな可能性を切り開いた素晴らしい作品です!アルバムは現在発売中です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/08/26 09:00 ] Jesse Winchester Klaxons | TB(0) | CM(0)

Klaxons(クラクソンズ) - 『Love Frequency』

クラクソンズ、来月にリリースを控えたニュー・アルバム『Love Frequency』から『Show Me a Miracle』を公開!




現在注目を集める若手バンドの一つ、クラクソンズが10年にリリースした『Surfing The Void』以来4年ぶりとなるアルバム『Love Frequency』から新たな音源を公開しました。

“ニュー・レイヴ・インディー・ロック”などと表現されるように、ロックのダイナミズムとエレクトリックなダイナミズムを融合したサウンドは非常にインパクトの強いもので、07年にリリースしたデビュー作、『近未来の神話』も大きな話題となりました。その後10年の2nd、『Surfing The Void』で確実な成長を見せていましたが、今作ではエレクトリックの側面にさらなるバックアップを得ています。

先日公開された『There Is No Other Time』では、これまでにもクラクソンズの作品に賛辞を寄せていたケミカル・ブラザーズのトム・ローランドをプロデューサーに起用していましたが、さらにアルバムには元LCDサウンドシステムのジェームス・マーフィーが参加しているとのことです。

『There Is No Other Time』では、さすがケミブラという骨太なサウンドが印象的でしたが、今回公開された『Show Me a Miracle』ではロック的なダイナミズムというよりも、かなりエレクトリックに寄った内容になっています。ライヴでは、“いわゆるロック・バンドのステージ”というよりも、“クラブ的な陶酔感を生み出すサウンド“になることが想像されるといえば分かっていただけるでしょうか。




ただ、これがロックを主に聴いているリスナーに受け入れられないかというと、そんなことはなく、しっかりとそういったリスナーにもアピールしていく魅力を持っており、その辺りがクラクソンズというバンドの特異性なのでしょう。

バンド・メンバーであるジェイミー・レイノルズが、「このレコードはまさに現在についてのものなんだ。テクノロジーの面でも人類的な面でも進化について、感情的に正直なアルバムなんだ」と語っていますが、まさにそんなアルバムになりそうです。現在のロック・シーンを象徴する作品になりそうです。アルバムの発売は2014/6/16です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/05/30 09:00 ] Jesse Winchester Klaxons | TB(0) | CM(0)

Klaxons(クラクソンズ)が今年6月に予定されているニュー・アルバムから新曲『There Is No Other Time』を公開!

クラクソンズが今年6月に予定されているニュー・アルバムから新曲『There Is No Other Time』を公開!


10年にリリースされた『Surfing The Void』以来、実に4年ぶりの新作となる『Love Frequency』。先日アルバムから先行公開された『Children of the Sun』を紹介させていただきましたが、また、新たな曲が公開されました。

『Children of the Sun』はケミカル・ブラザーズのトム・ローランドがプロデュースを手がけているということで、これまで以上にロックとダンス・ミュージックが混じりあった仕上がりとなっていましたが、『Love Frequency』もまた凄いです!

ロック的なカタルシスというよりも、よりハウスに接近した、エロティックでダンスという行為に特化した享楽のナンバーとなっており、クラクソンズのイメージとは違っておりちょっと驚かされましたが、これがいい!ここまでやってくれるとアルバムにはどれだけ幅広いサウンドの曲が収録されているのか楽しみになります。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/04/22 09:00 ] Jesse Winchester Klaxons | TB(0) | CM(0)

クラクソンズが期待のニュー・アルバムから新曲『Children of the Sun』を公開!

クラクソンズが期待のニュー・アルバムから新曲『Children of the Sun』を公開!


05年にイギリスのニュークロスで結成され、07年にリリースしたデビュー作『近未来の神話』は全英アルバムチャート2位となるヒットを記録し、07年のマーキュリー賞も獲得し、一気に若手注目バンドとなったクラクソンズ。

“ニュー・レイヴ”とカテゴライズされることの多い彼らの音楽は、ダンス・ミュージックとロックを融合したインパクトの強いもので、新人バンドには手厳しいことで知られるパルプのジャーヴィス・コッカーが“画期的なアルバム”と評したりとミュージシャンからの評価も高いです。今回紹介させていただく『Children of the Sun』をプロデュースしているのはケミカル・ブラザーズのトム・ローランドですが、ケミカル・ブラザーズもクラクソンズを自分たちの曲にフックアップしたりとクラクソンズの人気はミュージシャンの間でもとどまるところを知りません。

『Children of the Sun』もただダンスのビートを入れただけのありきたりのものとは一線を画しており、トム・ローランド流石だなと思うと同時に、やはりクラクソンズというバンドの実力を思い知らされます。とにかくメロディのスケールが大きい!壮大なプロデュースも大袈裟な感じに聴こえないのは、クラクソンズの曲の持つスケールが大きいからだということがよく分かります。

今年注目の作品になることは間違いないですね!







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/03/02 09:00 ] Jesse Winchester Klaxons | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。