FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニール・ヤングが展開する高音質デジタル音楽システム『ポノ』!

ニール・ヤングが展開する高音質デジタル音楽システム『ポノ』!


これまで様々な形態での高音質ソフトをお伝えしてきましたが、高音質ファンに衝撃を与えそうな新たなシステムが登場します!ニール・ヤングが中心となって進めている高音質デジタル音楽システム『ポノ』です。

初めてこのニュースを見たとき、“アーティストが中心となるものは話題を集めるためにアーティストの名前を使っているだけで、結局はこれまでにあるものと大差はないんでしょ”という感じだったのですが、色々な情報を見ていくと、これは単なるミュージシャンの片手間なものではないという印象が強くなりました。

ニール・ヤングはポノミュージックというデジタル音源配信サイトの運営と、ポノ・ミュージックプレイヤーの販売を展開するために、キックスターという資金募集サイトを利用しました。当初は80万ドルが目標金額だったのですが、わずか数日で200万ドルを超える資金が集まり、ニール・ヤングは「いい音で鳴る音楽を憶えている人がまだまだたくさんいたんだと思う」と語っていましたが、私は高音質で音楽を聴きたいというリスナーは老若を問わずいると思います。今回のニール・ヤングの成功はそういったリスナーの思いが形となって現れたものでしょう。

そしてニール・ヤングはマスター音源を配信するためにレコード会社を周り根気よく説得し、マスター音源を提供してもらえるところまでこぎ着けたとのことで、ここにもニール・ヤングの思いの強さが感じられます。

さらに“ポノ・ミュージックプレイヤー”に関しては、「これは電話なんかじゃないから。俺たちは電話なんか作る必要はないし、電話なんか作りたくない」と述べており、単純に高音質を求めるリスナーの思いにここでも応えてくれています。

この“ポノ・ミュージックプレイヤー”ですがホームページによると128Gと64Gの2タイプがあるようで、値段はキックスターで$399とのことで十分手の届く範囲です。さらに音源に関しては“すべてのメジャーレーベルをカヴァーしている”とのことで、相当数が用意されそうです。また値段も$14.99 -$24.99と日本のサイトと比べると非常に安い設定になりそうです。
正直しばらく様子をみてみないことにはどれくらいの成果を上げるのか全く予想がつきませんが、注目するに値するものだと思います。新しいニュースが入ったらここでもお伝えしていきたいと思います。

先日mp3の音を聴いて「まるで水の中で聴いているみたいだ」とニール・ヤングは言ったみたいで、おお!と思ってしまいました。





いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/04/24 09:00 ] 高音質 PONO | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。