FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Musiq Soulchild(ミュージック・ソウルチャルド) - Musiqinthemagiq(ミュージック・イン・ザ・マジック) [ソウル 名盤]

 現代のソウル・シーンを引っ張る実力者、ミュージックのニュー・アルバムが
いよいよ登場です。

 ミュージックを言えば2000年のデビュー・アルバム『Aiiuswanaseing』で強烈な
インパクトとともにシーンに現れた天才です。温かみのあるバックトラックと、ソウルが
詰まった歌声で一気にシーンの最前線へと躍り出ました。フィラデルフィア出身ということで、
フィリー・ソウルの伝統と関連づけて語られることも多いミュージックですが、その歌声の
温かさにはそう言いたくさせられるのも納得できます。

 このアルバムの『Girls Next Door』はAARIESのAYANAをフューチャーリングしており、
とろけるようなミュージックの歌声が満喫できる素晴らしいミディアム・ナンバーです。そして
大ヒットした『Just Friends (Sunny)』は、少し捻ったメロディとミュージックのヴォーカルが
ベストマッチしていて、聴く度に好きになっていく名曲です。それ以外でも私好みの硬い
ビートと、スロウな曲調の組み合わせがいい『Mary Go Round』、ちょっと他の曲とは
雰囲気が違ってディアンジェロを思わせる、スリリングでクールな肌触りの超かっこいい
L’ Is Gone』など名曲がずらりです。

 その後もコンスタントに質の高い作品を発表していっていますが、近年は少しサウンドが
ゴージャスになってきたように感じます。例えば2007年発表の4thアルバム『Luvamusiq』
からの大ヒット曲、『B.U.D.D.Y.』は“きらびやか”という形容詞がぴったりなきらきらした
サウンドで、ミュージックの新たな魅力を引き出しています。『Makeyouhappy』はリズムを
強調したナンバーで、かなりR&B色が強く、『Betterman』は陽性のソウル・ナンバーですし、
このアルバムはポップな曲が多く、明るい印象が強いです。アップテンポで歌うミュージックも
なかなかのものです。

 もちろんこれらのアルバムのなかにも『Teachme』や『Thequestions』といったそれまでの
ミュージックの音楽性をもつ、ミディアム・テンポのソウルフルなヴォーカルを堪能できる曲も
収録されています。

 2008年の『On My Radio』はさらに先鋭的なサウンドを押し進めた問題作です。ラストの
Radio』はこれがミュージックか!?と思うようなミッシー・エリオットさえ連想させるような
フューチャーリスティックなサウンドになっていて、このアルバムでの変化を象徴する1曲
です。話題になったメアリー J. ブライジをフューチャーリングした『ifuleave』は2人の
濃厚なソウルがぶつかり合う、エネルギーほとばしる名曲で、『Deserveumore』は
流れるような曲調で、聴きやすくも決して軽くない佳作。『Special』は複雑なリズムを
使っている曲ですが、ミュージックの持ち味は損なわれておらず、むしろ新しい彼の魅力を
開拓した素晴らしい曲です。『Dearjohn』、『Loveofmylife』、『Someone』は
ミュージックの魅力全開のバラードです。

 今回この記事を書くにあたって過去のアルバムを聴き直したのですが、『On My Radio』は
“ミュージックが新しい音に挑んだ意欲作ではあるが、彼の個性とはマッチしなかった
それほど好きではない1枚”というこれまでの私の評価が一変しました。

 確かに合っていないと感じる曲も1、2曲あるのですが、それ以外の曲でのサウンド、
メロディ、ヴォーカルなど全てのクオリティが素晴らしい!間違いなくミュージックを
代表する1枚です。このアルバムに続くニュー・アルバムには期待大です!ジャケットは
初めて写真ではなく、非常にエレクトリック色が強そうな印象を受けます。“天才ミュージック”
がどのような爆弾をドロップしてくれるのでしょうか?

 発売は2011/5/3です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2011/04/28 23:37 ] Moonchild Musiq Soulchild | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。