FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Zion I & The Grouch - Heroes Healing of the Nation [ヒップ・ホップ 名盤]

 こんな爆弾がドロップされていたとは!?全然気付いていませんでした。西海岸
アンダー・グランドシーンを代表する存在のZion Iと、Living Legendsの名MC、
The Grouchが2006年の『Heroes in the City of Dope』以来のタッグ・アルバムを
2011/3/22にリリースしていました。

 どちらのアーティストも好きで、前作も結構聴いていたので、この発売を見逃して
いたことはショックです。Zion Iはストイックな音作りが特徴で、ヒップ・ホップに
真剣に向き合うその姿勢が共感を誘います。

 ゲストのBrother Aliは重いメッセージとアンダーグランドな音で私のフェイバリットの
ヒップ・ホップ・アーティストです。彼が参加していることがさらに期待をかき立てます。

 それでは解説文を掲載させていただきます。

西海岸のアンダーグラウンド・ヒップホップ・デュオZion Iと、Elightとの作品やThe CMAや
Living Legendsの一員として活躍しているベテランGrouchのベイ地下シーンの勇者同士が
2006年に発表した『Heroes In The City Of Dope』以来となるタッグ・アルバムをリリース。
ゲストにBrother Ali、Freeway、Fashawn、Casualらが参加。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。