FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Morrissey(モリッシー)- 『Kill Uncle(キル・アンクル)』 [ロック 名盤]

モリッシーの名作2nd、『キル・アンクル』が最新リマスターで再発!


Morrissey モリッシー / Kill Uncle 輸入盤 【CD】

Morrissey モリッシー / Kill Uncle 輸入盤 【CD】
価格:1,617円(税込、送料別)



今回再発される『キル・アンクル』は、数あるモリッシーの作品の中でも特に優れたメロディを持つ曲が多く、個人的には大好きな作品です。今回デジタル・リマスターで再発されるというニュースを聞き、一般的にも人気の高い作品だということが分かり嬉しかったです。

1stをリリースしたあと89年にはアルバムをリリースしようと考えていたモリッシーですが、十分な数の曲が集まらず新曲と未収録のナンバーを併せた『ボナ・ドラッグ』という編集盤をリリースしました。

そして、それに続いて91年にリリースされたのが『キル・アンクル』です。『ボナ・ドラッグ』に収録された『The Last of the Famous International Playboys』と『Interesting Drug』はトップ10ヒットとなったのですが、『キル・アンクル』からシングル・カットされた『Our Frank』と『Sing Your Life』はトップ20にも入ることができず、アルバムが地味なイメージとなっていますが、決して出来は悪くなく、むしろ私としてはどちらの曲も“ネオアコ”にも通じるモリッシーの甘く透き通った歌声をマッチした名曲だと思います。そのなかでも『Our Frank』のみずみずしいメロディはたまりません!何度聴いてもぐっときます。

この2曲以外にもこの作品には美しいメロディを持つ曲が多数収録されていますが、アルバムを共同制作した元フェアグランド・アトラクションのマーク・ネヴィンの功績も大きいと思われます。

モリッシーの長いキャリアの中でも上位に挙げられるべき傑作だと思います。

発売は2013/4/16です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/04/12 09:00 ] Matt Walters Morrissey | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。