FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Brian Elliot(ブライアン・エリオット) - Brian Elliot(君と一緒に)SHM-CD [ロック 名盤]

 長い間再発の声が強かったAORの名盤、ブライアン・エリオットの『君と一緒に』
がSHM-CD仕様で再発です。

 このアルバムは金澤寿和監修 Light Mellow's Choice シリーズで再発される通り、
そのクオリティの高さは特筆ものです。もう出だしの『Let's Just Live Together』から
キレのいいドラムが気持ちいい!AORは爽やかな大人の音楽というイメージが強く、
実際その通りだと思うのですが、だからといってリズムが弱い訳ではありません。
素晴らしいAORというのは必ず抜けの良い、存在感のあるドラムがあるものです。
その点ではこのアルバムは満点と言えます。

 もちろんドラムだけでなく、ギター、ベースなど全ての演奏がキレがあり、グルーヴィー
で最高です。ヘタウマという形容詞が使われることのあるロックやポップと違って、AOR
は演奏の上手さが絶対的に必要です。爽やかでノリのいい楽曲は高い演奏技術で奏でられて
こそ真の実力を発揮するからです。

 このアルバムではラリー・カールトン、リー・リトナーなどといった超一流のミュージシャン
が参加しており、演奏という点では最高級のクオリティです。

 そして私の好きなのは『Room to Grow』。こういうアルバムには珍しくサビで少し
泣きの入ったメロディになるのです。爽やかな雰囲気とこのメロディの組み合わせが、
ちょっと特別な空気を生み出しています。

 さらに『Tickets to Rio』。もうこのタイトルだけで良さそうと思いますが、まさに
その予感通りの曲です。小気味のいいグルーヴと陽性のメロディがハッピーな気分を
全開にしてくれます。それ以外でも『First Time』はこれまた良質のAORのお手本といった
曲です。

 とにかく非常に完成度の高い素晴らしいアルバムで、名盤と呼ぶに相応しい1枚です。
今回はSHM-CD仕様ですので、音質も楽しみですね。これだけの素晴らしいサウンドが、
音質の向上によってどのように変わるのか期待が高まります。

 それでは紹介文を掲載させていただきます。

 長らく廃盤だったAORの幻の名盤が復活!!マドンナの86年の「パパ・ドント・プリーチ」
のソングライターでも知られるブライアン・エリオットのAOR名盤の登場!!TOTO、ジェイ・
グレイドンら絶頂期の素晴らしいプレイも聴ける傑作!!(オリジナル発売:1978年)

 TOTOデビュー盤がドロップされた同年、こんなにポップでソフト&メロウな香りを湛えた
洒落な作品が誕生していた。バックにはエアプレイのギタリスト、ジェイ・グレイドン、
TOTO初期の屋台骨のジェフ・ポーカロ、デヴィッド・ハンゲイトを筆頭にL.A.のトップ・
ミュージシャンがゴッソリと名を連ねている。冒頭1曲目から軽やかなサウンドに味のある
ボーカルが絶妙に馴染み、ファンキー&メロウなバラエティに富んだ珠玉の楽曲が並ぶ中、
5曲目の疾走感溢れる軽快なナンバー、「リオへの誘い」がライトメロウに相応しい輝きを
放っている!!

 参加ミュージシャン…(TOTO)ジェフ・ポーカロ、デイヴィッド・ハンゲイト、
(クルセイダーズ)ウィルトン・フェルダー、ラリー・カールトン、リー・リトナー、ジェイ・
グレイドン、ジェームス・ギャドスン、マイク・ベアードetc、(バックコーラス)ヴァレリー・
カーター、ウォーターズetc

 発売は2011/4/27です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2011/04/22 23:27 ] Animal Collective Brian Elliot | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。