FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プライマル・スクリームがどっぷりルーツ・ロック/ファンクに浸かった名盤『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』が再発!

プライマル・スクリームがどっぷりルーツ・ロック/ファンクに浸かった名盤『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』が再発!




その長いキャリアで次々と音楽スタイルを変え、しかもそれぞれの作品で常に高いクオリティの作品を届けてくれる驚異のバンド、プライマル・スクリーム。そんな彼らが94年にリリースしたのが今回紹介させていただく『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』です。

このアルバムの前にリリースされたのがプライマル・スクリームの出世作となった名盤『スクリーマデリカ』でした。サイケデリックでアシッドなロック作品だった『スクリーマデリカ』から遠く離れ、今作ではサウザン・ロックやファンクといった音楽がアルバムの骨幹を成しています。

参加しているメンバーもサウンド通りで、大部分の楽曲はトム・ダウドがプロデュースを担当。また、ファンクの祖であるジョージ・クリントンが一部楽曲のリミックス・プロデューサーとしてクレジットされ、更に、『Funky Jam』と『Give Out But Don't Give Up』の2曲でヴォーカルも担当しています。他にもトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのキーボーディストとして知られるベンモント・テンチが参加しており、万全の布陣と言えるでしょう。

アルバムを代表する曲はもちろんこの曲『Rocks』です!イントロのリズムとギアーがかっこよすぎる!ヴォーカルもめちゃくちゃクールだし、サビに入ってからのファンキーな盛り上がりときたら!超名曲!




それ以外で個人的なフェイヴァリット・ナンバーといえば、ヒップホップにも通じるリズムとギターが痺れるくらいかっこいい『Jailbird』、アメリカン・ロックらしいバラードに仕上がっており、しっとりと心に沁みる名バラード『(I’m Gonna) Cry Myself Blind』、タイトル通りファンキーなジャムである『Funky Jam』はジョージ・クリントンのヴォーカルに頭を吹っ飛ばされます。エネルギーが半端ない!

ホーンの厚みのあるサウンドがアメリカン・ロックのスケールの大きさを感じさせる『Call on Me』、沈み込んでいくようなリズムがまさにダウン・トゥ・アースなアルバム・タイトル曲『Give Out But Don’t Give Up』、アルバムを締めくくるに相応しい、大きなうねりを持ったバラード『Everybody Needs Somebody』。

本当に片手間でやったのではない、バンドのサウザン・ロックやファンクへの愛情がこれでもかと伝わってくる作品です。まずは『Rocks』を視聴して、ガツンときたら是非アルバムも聴いてみてください!

アルバムのリリースは2015/12/23です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/11/27 09:00 ] Mystery Jets Primal Scream | TB(0) | CM(0)

Primal Scream(プライマル・スクリーム)- 『More Light(モア・ライト)』 [ロック 名盤]

プライマル・スクリーム5年ぶりの新作!




プライマル・スクリームの新作ですか! 年のデビュー以来、常に新しい試みを続けてきたプライマル。元ストーン・ローゼスのマニがバンドに加わってからは、よりサウンドがグルーヴィーになりファンを楽しませてくれました。

今作は“最先端のロックンロール”とボビー・ギレスビーが言っているとのことで、ロックンロールの本来持っている“危うさ”を、他のどのバンドよりも感じさせるプライマル・スクリームのことなので思いっきり期待してしまいます。

アルバムにはレッド・ツェッペリンのロバート・プラントや、ポップ・グループのマーク・スチュワートも参加しているとのことで、これは増々ロックンロールな感じです。まずはアルバムからの先行公開曲を待ちたいと思います。

それでは解説文を。

すべての音楽を呑み込んで進化し続けてきたPrimal Scream。2008年の10作目『Beautiful Future』から5年。間の2011年にエポックメイキングなアルバム『Screamadelica』の20周年記念エディションをはさみ、ついに待望の新作『More Light』が登場!

昨年の「ROCKS TOKYO」でのライヴでも披露されていた新曲も含むアルバムの全貌はまだ明らかではないが、ボビー・ギレスピーいわく「このアルバムは最先端のロックンロールだ。すごくサイケデリックで、オーケストラみたいにギターを使ってる。いろんな楽器の中にギター・サウンドを織り込んでいるんだ」ということらし い。アルバムにはなんとレッド・ツェッペリンのロバート・プラントがヴォーカルとして参加しているほか、ポップ・グループのマーク・スチュワートやマイ・ ブラッディ・ヴァレンタインのデビー・グッギらが参加している!

発売は2013/5/8です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/04/11 09:00 ] Mystery Jets Primal Scream | TB(0) | CM(0)

Primal Scream(プライマル・スクリーム)- Screamadelica(スクリーマデリカ・ライヴ(初回限定盤/日本語字幕付)(Blu-ray Disc)

 とんでもない超ド級の爆弾がドロップされます。以前このブログでも紹介させて
いただいた、プライマル・スクリームの最高傑作にして、90年代ロックを代表する
作品、『スクリーマデリカ』の20周年を記念して、2010年に行われた
スクリーマデリカ・ライヴの模様が、ブルー・レイで発売されます。さらにその
ブルー・レイには『クラシック・アルバム・スクリーマデリカ』という、歴史的名盤
を関係者のインタビューで再検証するドキュメントも収録されています。

 さらにさらに、初回限定盤ではなんと!『スクリーマデリカ・ライヴ』のCDに加えて、
それ以外のアルバムに収録されていた名曲を演奏した、『ロック・セット』のCDも
入っているのです。もうこれはプライマル・スクリームファンはもちろん、ロックが
好きな人なら全員に買って欲しい、飾るだけではない、最高のお宝です。

 それでは資料を載せさせていただきます。

スクリーマデリカ完全再現ライヴが待望の映像化!

 UKロックの歴史を変えたアルバムとして、世界中のファンから絶大な支持を得ている、
プライマル・スクリームの3作目にして最高傑作『スクリーマデリカ』。1991年の
発表から20周年を記念して行われたアルバム全曲を完全再現するスペシャル・ライヴが
待望のパッケージ化!

 2010年11月26・27日、ロンドンのケンジントン・オリンピア・グランド・ホールで
行われたこのライヴ。アルバムと同じ「ムーヴ・オン・アップ」から始まり、「ローデッド」
「カム・トゥゲザー」などのシングル・トラックを交えながら、曲順を入れ替えてスリリングな
ステージを展開。ロックとハウス、テクノをクロスオーヴァーさせたサウンドにライヴの
熱気を注入、ロック・コンサートとレイヴが相乗効果を果たすヴィジュアル・スペクタクルは
壮絶な盛り上がりを見せたこのライヴ。

 近年のライヴでもおなじみのヒット曲に加え、「アイム・カミン・ダウン」「シャイン・
ライク・スターズ」「インナー・フライト」など、リリース当時ですらライヴ演奏されなかった
曲も披露するなど、プライマル初心者からコアなマニアまで納得の選曲!

 当日のライヴ後半で実現した『スクリーマデリカ』再現に加え、前半演奏された代表曲の
数々も『ロック・セット』として収録。「ロックス」「ジェイルバード」「スワスティカ・
アイズ」「カントリー・ガール」「アクセラレーター」なども収録され、ロンドンでのフル・
ステージを堪能できる作りになっています!

 初回限定パッケージには同ライヴ音源を『スクリーマデリカ』、『ロック・セット』として
CD2枚を収録した日本独自仕様! まさに来日記念盤としてふさわしい内容となっています!

【収録予定曲】
―Screamadelica Live(日本語字幕付)―
1.Movin' On Up
2.Slip Inside This House
3.Don't Fight It, Feel It
4.Damaged
5.I'm Comin' Down
6.Shine Like Stars
7.Inner Flight
8.Higher Than The Sun
9.Loaded
10.Come Together
―Rock Set―
1.Accelerator
2.Country Girl
3.Jailbird
4.Burning Wheel
5.Suicide Bomb
6.Shoot Speed - Kill Light
7.Swastika Eyes
8.Rocks

※スペシャル・エディションのみ同内容の2枚組CDが同梱されます


『スクリーマデリカ』発表20周年記念ドキュメンタリー映像!

 1991年に発表、UKロックの歴史を変えたプライマル・スクリームの名盤『スクリー
マデリカ』の20周年を記念して、そのメイキングの全貌をたどった『クラシック・アルバムズ』
DVDが登場。ロックとハウス、テクノをクロスオーヴァーさせ、全英チャート8位に
ランクイン。1992年に新設された“マーキュリー・プライズ”で栄えある第1回受賞アルバムと
なった作品を、時代を超えて徹底検証する。

 「ローデッド」「カム・トゥゲザー」、そして「ムーヴ・オン・アップ」を含む『ディクシー・
ナルコEP』などがイギリスのシングル・チャートを賑わせたこのアルバムについて語るのは
ボビー・ギレスピー(ヴォーカル)、アンドリュー・イネス(ギター)、ロバート・ヤング
(ギター)、マーティン・ダフィ(キーボード)、ヘンリー・オルセン(ベース)、トビー・
トマノフ(ドラムス)という当時のバンドのラインアップ。それに加えて「ドント・ファイト・
イット、フィール・イット」でリード・ヴォーカルをとったデニース・ジョンソンや、アルバムの
プロデュースを手がけたアンディ・ウェザオール、ジ・オーブのアレックス・パターソン、
『クリエイション・レコーズ』総帥アラン・マギーら。当事者たちが語る生々しいエピソードの
数々は、ロック史に残る冒険物語のひとつだ。単なるサクセス・ストーリーに留まることなく、
イギリスのロック・シーンやレイヴ・カルチャーなどについても言及、優れた内容のドキュメンタリー
に仕上げている。クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・ホーミが彼らに対する
想いを語っているのも貴重だ。当時のビデオ・クリップやライヴ・パフォーマンス、テレビ
番組への出演など、レア映像を含むフッテージの数々も充実している。  

 今年は『スクリーマデリカ』発表から20年目にあたり、オリジナル・アルバムのデラックス・
エディションも発売される。そちらにも『メイキング・オブ・スクリーマデリカ』と題された
30分の映像作品が収録されるが、本作『クラシック・アルバムズ』は本編60分、ボーナス30分
という内容。さらに深く、『スクリーマデリカ』の世界へと踏み込んでいく。

―メーカー資料より―

 初回限定盤には2010年11月26・27日、ロンドンのケンジントン・オリンピアで行われた
“スクリーマデリカ完全再現ライヴ”CDを封入

【収録予定】
[DVD]
―ドキュメンタリー―(日本語字幕付)
出演者:ボビー・ギレスピー、アンドリュー・イネス、ロバート・ヤング、マーティン・
ダフィ、ヘンリー・オルセン、トビー・トマノフ、デニース・ジョンソン、アンディ・
ウェザオール、アレックス・パターソン、アラン・マギー 他
当時の映像やメンバー、関係者の証言をもとにした『スクリーマデリカ』各曲の制作秘話を収録。
Movin' On Up / Loaded / Don't Fight It, Feel It / Damaged / Shine Like Stars /
Higher Than The Sun (A dub symphony in two parts) / I'm Coming Down / Inner Flight

[CD] ※初回限定盤のみ封入
1.Movin' On Up / 2.Slip Inside This House / 3.Don't Fight It, Feel It / 4.Damaged /
5.I'm Comin' Down / 6.Shine Like Stars / 7.Inner Flight / 8.Higher Than The Sun /
9.Loaded / 10.Come Together
*2010年11月26・27日、ロンドンのケンジントン・オリンピア・グランド・ホールでのライヴ録音

発売は2011/6/8です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/04/25 23:14 ] Mystery Jets Primal Scream | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。