FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Common(コモン) - Finding Forever(ファインディング・フォーエヴァー) [ヒップ・ホップ 名盤]

『Be』でカニエ・ウェストとのタッグが大成功を収め、再びタッグを組んだ2007年のアルバム『Finding Forever』を紹介させていただきます。個人的にはコモンは2枚目のジャージーでソウルフルな音が一番好きで、それ以後の2枚もかなり好きだったのですが、前作の『Be』は最初はめちゃかっこいいと思ったのですが、繰り返し聴いていくうちになんとなくCDプレイヤーにのらなくなりました。なので今作もどうかなと思っていたのですが、今作は逆で、あまりピンとこなかった印象が、聴いていくうちに良くなっていきました。

基本的にアルバム全編を通して、カニエ・ウェストお得意のソウルねたの早回しが多用されています。これはカニエ・ウェストが登場したときに大ブームになった手法ですが、正直私はあまり好きではありません。これは完全に好みの問題で、一般に高く評価されていますのでカニエ・ウェストの才能に異論はありません。

今作でこの音が出てきたときは正直、う~んと思ったのですが、繰り返し聴くとコモンのラップとかなり相性が良く、曲がすっと入ってくるようになり、バック・トラックのことがあまり気にならなくなりました。

まさにカニエ・サウンドという曲が続く中で、5曲目の『I Want You』は結構好きですね。コモンのライムが始まるところで後ろの音がリズムと中心としたとてもシンプルな音になり、それによってコモンのストレイト・アヘッドなライムが映えています。6曲目は『Southside』という名前の通り最近流行のギターと取り入れた音作りとなっています。そして7曲目の『The Game』はプロデュースはカニエ・ウェストですが、DJプレミアがスクラッチで参加しています。そのせいかバック・トラックはDJプレミアのサウンドにかなり近くなっており、それがもの凄くかっこいいです。

そしてこのアルバムの目玉となる曲は9曲目の『So Far to Go』ではないでしょうか。一番の話題はディアンジェロが参加していることです。実際コモンのファンと、ディアンジェロのファンとはかなりかぶるのではないでしょうか?音の質感、音楽へのアプローチなど共通点が多いと思います。この曲の感じはコモンの『Like Water for Chocolate』や、ディアンジェロの『Voodoo』に近いものがあります。ちなみに『So Far to Go』はあのJ. Dillaのアルバムに収録されていた曲です。

カニエ・ウェストとコモンのコラボが好きな人には間違いなく名盤だと思います。いいえ、それ以外のヒップ・ホップファンにも高い評価を得るアルバムではないでしょうか?それでもやはり私はそれ以前のアルバムが聴きたくなってしまうのですが。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/10/28 09:00 ] ヒップホップ #~D Common | TB(0) | CM(0)

コモンの『Nobody’s Smiling』はどうだったのか?

コモンの『Nobody’s Smiling』はどうだったのか?




個人的に大好きなアーティストであり、今作が名盤『Resurrection』リリースから20周年ということ、そして『Resurrection』をプロデュースしたノー・IDが再びプロデューサーを務めたことなどから大きな期待を持って迎えられたコモンのニュー・アルバム『Nobody’s Smiling』。

オープニング・ナンバーである『The Neighborhood』は控えめなトラックをバックにコモンが挨拶代わりにラップをかましますが、これがかっこいい!やっぱりコモンは本当に実力のあるラッパーなんだということを再確認させられます。コモンのラップが入った瞬間に空気が完全に変わります。




無国籍なビートが特徴的な『Speak My Piece』、コモンには珍しいトリッキーなラップをみせる『Hustle Harder』、Elijah Blakeの伸びやかな歌声に誘われてメロウな展開をみせる『Real』、ファンキーなホーンが活躍する『City to City』などもありますが、経済の悪化から治安も悪化している地元シカゴへの思いも大きなモチベーションになったという情報から窺い知れるように、装飾の少ないビートにシリアスなコモンのラップが乗るという構成を持つ曲が大半です。

その中でも最も重い空気を持つのが冒頭でシカゴへの思いを吐き出す『Nobody’s Smiling』でしょう。サウンドも余計な要素はいらないとばかりにひたすらシリアスで、コモンの強い思いがダイレクトに伝わってきます。

個人的には『I Used Love Her』が大好きで、あの曲に代表されるようなジャジーでソウルフルなサウンドを期待していたので正直がっかりしましたが、そういった思いを抜いて聴けば非常に聴き応えのある作品だと思います。ただ、非常にシリアスな作品なので聴き手を選ぶのは間違いないでしょう。アルバムは現在発売中です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/09/11 09:00 ] ヒップホップ #~D Common | TB(0) | CM(0)

いよいよリリースの迫ってきたコモンの新作、『Nobody’s Smiling』からリード・シングル『Kingdom』が登場!

いよいよリリースの迫ってきたコモンの新作、『Nobody’s Smiling』からリード・シングル『Kingdom』が登場!




デビュー以来、一貫して質の高い作品をリリースし続けヘッズから絶大な信頼を得ているコモン。そのコモンの代表作といえば94年にリリースされた『Resurrection』でしょう。『I Used Love H.E.R.』というヒップ・ホップ史に残る名曲を収録したこの作品は、コモンという天才リリシストの才能が遺憾なく発揮された名盤でした。

あれから20年、再びノーI.D.と手を組み新作を作り上げたコモン、その意気込みは相当なものでしょう。ましてや経済破綻により若者の失業や治安の悪化が問題となっているホームタウン、シカゴの状況をなんとか改善しようという意味も込めてられているのです。

コモンの強い思いはリード・シングルである『Kingdom』を聴いていただければよく分かっていただけると思います。7分半にも及ぶこの曲は神への祈りにも似たコーラスとシンプルなビートの上を、コモンの鬼気迫るラップが駆け抜けていくもので、リスナーに曲へ正対することを強いるような迫力に満ちています。




現在入手出来る様々な情報から判断するに、かなりの力作になることは間違いないでしょう。コモンという素晴らしいアーティストの渾身の一作、楽しみです!アルバムのリリースは2014/7/22です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/07/11 09:00 ] ヒップホップ #~D Common | TB(0) | CM(0)

コモンの新作『Nobody’s Smiling』が7月にリリース予定!

コモンの新作『Nobody’s Smiling』が7月にリリース予定!


ラップ・ファンから圧倒的な支持を受ける天才リリシスト、コモン。そのコモンの新作『Nobody’s Smiling』がいよいよ7月に発売予定とのニュースが入ってきました。

先日Def Jam参加のノーI.D.のレーベル、ARTium Recordsとの契約を発表したコモンですが、ノーI.D.といえば泣く子も黙るヒップ・ホップ・クラッシック『Ressurection』のプロデューサーを務めたことでも知られています。実は今年は『Ressurection』リリースから20周年ということで、今回のARTium Recordsとの契約もノーI.D.と再びタッグを、という期待を持って受け止められていたのですが、きました!新作のエグゼクティブ・プロデューサーはノーI.D.とのことです!

この作品は経済の悪化から、治安も悪化しているコモンの地元シカゴにインスパイアされているとのことで、アルバムのアートワークにはシカゴの若手ラッパーの写真が起用されるそうです。現在ヴィンス・ステイブルズを招いての新曲『Kingdom』が公開されていますが、ほんの一部のみで正直アルバムの方向性を見極めることができません。しかし、シリアスな空気を強く感じる曲で、かなりの力作になることは間違いないでしょう。




永遠のマスターピース、『I Used Love Her』を生んだコモンとノーI.D.とのコンビ復活!ワクワクが止まりません!






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/06/14 09:00 ] ヒップホップ #~D Common | TB(0) | CM(0)

Common(コモン)- 『The Light』 [Youtube]

ソウルネスとクールネスが高次元で融合したコモンの名曲『The Light』!


それまでもヘッズの間では評価の高かったコモンが、一般レベルでブレイクするきっかけとなった2000年の4thアルバムにして名盤『Like Water for Chocolate』からの2ndシングル。

『Like Water for Chocolate』はこのあとヒップ・ホップ界、ソウル界を引っ張っていくクリエイティブ集団、the Soulquariansが形作られた作品でもあります。主なメンバーは?uestlove (of The Roots), Jay Dee (Slum Village),キーボーディストのJames Poyser, 熱狂的なソウルファンの強い支持を受けるD'Angelo、そしてベーシストのPino Palladinoなどです。

『The Light』はJay Deeのプロデュースで、彼らしい硬質でありながらソウルフルなサウンドが特徴です。

そのサウンドと共に曲の根幹をなしているのが、ボビー・コールドウェルの『Open Your Eyes』です。初期の作品では意図的にジャケットに顔を出さないことで、白人でありながらそのサウンドから黒人だとおもわれていたというエピソードをもつボビー・コールドウェル。この曲もメロディアスで心に染みるライト・ソウルの名曲です。

コモンのラップは相変わらず知的で印象的なフレーズが随所に飛び出す素晴らしいもので、芸術的なバックトラックに負けていません。

この曲は当時コモンの恋人であった、エリカ・バドゥへのラブソングだと考えられており、そう言われると確かに甘いトーンも感じます。聴くたびに幸せな気持ちにしてくれる至福の名曲です。


Common - 『The Light』


その名曲を収録したアルバムがこちら!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/04/10 09:00 ] ヒップホップ #~D Common | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。