FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クリッシー・ハインドの初ソロ・アルバム『ストックホルム』はどうだったのか?

クリッシー・ハインドの初ソロ・アルバム『ストックホルム』はどうだったのか?




プリテンダーズが結成されてから30年以上。遂に登場したクリッシー・ハインドのソロ・アルバムですが、先行公開された『You or No One』と『Dark Sunglass』が素晴らしい出来だったのでアルバムにも期待が高まりましたが、結論から言えばその期待は報われました。

アルバムは『You or No One』からスタートしますが、“アバ・ミーツ・ジョン・レノン”とクリッシーが表現したように強力なフックを持つナンバーで、挨拶代わりにはうってつけのナンバーだと思います。




Dark Sunglass』、荒涼とした大地を思わせる『Like in the Movies』を挟んで、ディストーションのかかったギターからスタートするロック・ナンバー『Down the Wrong Way』。シンプルなバンド構成でありながら骨太のサウンドで聴かせる辺り、プリテンダーズに通じるものがありますね。

それとは対照的なのが『In a Miracle』。ドラムを中心に控えめな演奏をバックにクリッシーが歌うこのナンバーは、クリッシーのヴォーカルの表現力の豊かさがよく分かる曲で、素晴らしいの一言です。

House of Cards』、『Sweet Nuthin’』などプリテンダーズを彷彿とさせる疾走感が気持ちいいロック・ナンバーもあり、こういった曲はさすがの安定感です。

ラストを飾る『Adding the Blue』は、さすが最後にもってこられるだけあり、奇をてらった部分は一切なしの真っすぐな曲でありながら、ただその質の高さのみでリスナーの耳を捉えて離さない名曲です。演奏、ヴォーカル、メロディ、サウンド、どれをとっても文句のつけようがなく、これはキャリアを積み重ねてきたアーティストのみに作ることのできる曲だと感じます。

クリッシー・ハインドのやりたいことをやった作品だというのは聴いていてとても感じられました。ただ、そのどれもがしっかりとした内容を持ち、またクリッシーのヴォーカルが全てを一つに結びつけている素晴らしい作品です。名盤という類いのものではありませんが、何度も聴き返したい作品です。アルバムは現在発売中です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/07/25 09:00 ] Cage The Elephant Chrissie Hynde | TB(0) | CM(0)

Chrissie Hynde(クリッシー・ハインド) - 『Stockholm(ストックホルム)』

ザ・プリテンダーズのクリッシー・ハインドがソロ・デビュー作『Stockholm(ストックホルム)』をリリース!




元々ニュー・ミュージカル・エクスプレス(NME)というイギリスの音楽雑誌で記者をしながら、マルコム・マクラーレンのブティックでバイトをしていたクリッシー・ハインドがザ・プリテンダーズを結成したのが78年。翌年にザ・キンクスの『Stop Your Sobbing』のカヴァーをニック・ロウのプロデュースでリリースし注目を集めます。その後はクリッシー・ハインドの中性的なヴォーカルとタイトな演奏で強い支持を集め、コンスタントに作品をリリースしています。

現在最も新しい作品は08年にリリースされた『Break Up the Concrete』だったのですが、ここにきてクリッシー・ハインドがソロ・アルバムをリリースするというニュースを聞いてビックリしました。なぜこのタイミングなのかは分かりませんが、フランツ・フェルディナンド、プライマル・スクリームやリッキ・リーらを手掛けたピーター・ビヨーン・アンド・ジョンのビヨーン・イットリングとジョン・フェイムによってストックホルムでレコーディングされ、ギターでニール・ヤングが参加している曲もあるとのことで期待が高まるのですが、情報では、“アバ・ミーツ・ジョン・レノンを目指したパワー・ポップ・アルバム”とのことです。

現在公開されている音源は『You Or No One』と『Dark Sunglasses』の2曲ですが、これがいい!まずはアルバムのオープニングを飾る『You Or No One』。前述の“アバ・ミーツ・ジョン・レノン”という言葉が納得できるサウンドになっています。出だしの音はシンセサイザーによる大袈裟な作りで、一瞬、え!?と思いましたが、そのあとはタイトなドラムが入り、なによりクリッシーのヴォーカルが入ることで曲が一気に引き締まります。プリテンダーズにはなかったサウンドですが、非常に良質なロックに仕上がっています。




Dark Sunglass』 の方はさらにエレクトリックに寄ったサウンドでちょっとビックリしますが、これもクリッシーのヴォーカルが入ると印象が一変して“ロック”になります。本当にこの人の声の持つ力はすごいですね!

どちらの曲もメロディにプリテンダーズの良いところが存分に発揮されていると同時に、サウンドにはこれまでにない試みがなされており、クリッシー・ハインドがプリテンダーズではない形でこの作品を作ったことに納得がいきます。“今年のベスト・アルバム”といった類いのものではありませんが、ロック・ファン、特に長い間彼女の音楽を聴き続けてきた方には絶対に楽しめる作品になると思います。アルバムの発売は2014/7/2です!










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/06/01 09:00 ] Cage The Elephant Chrissie Hynde | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。