FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Derek & The Dominos(デレク&ザ・ドミノス) - Layla(いとしのレイラ)(デラックス・エディション)SHM-CD [ロック 名盤]

 もう本当に何度もこのブログで取り上げているアルバムですが、次々にとっておきの
ヴァージョンが出るので、紹介しない訳にいきません。それに私にとってもの凄く大切な
アルバムですが、これだけ再発されるということは、他の方にとっても大切で、重要な
アルバムなのでしょう。

 今回は『40周年スペシャル・デラックス・エディション』と同時に発売される、『デラックス・
デラックスエディション』です。日本のみのSHM-CD仕様で、1枚目は最新リマスター、そして
2枚目はレア・トラックを13曲追加だそうです(4曲が未発表、6曲がリミックス)。

 とにかく始めから終わりまで素晴らしい曲が揃っていますし、やはりクラプトンとデュアン・
オールマンの共演は鳥肌の立つ瞬間の連続です。私が特に好きな曲は、その枯れた美しさが儚い
ベルボトム・ブルース』、2人のギターが堪能できる『リトル・ウィング』、そして
やはりこの曲『レイラ』。

 発売は2011/4/13です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2011/04/09 22:43 ] DMA’S Derek & The Dominos | TB(0) | CM(0)

Derek & The Dominos(デレク&ザ・ドミノス) - いとしのレイラ(40周年記念スーパー・デラックス・エディション)(DVD付) [ロック 名盤]

 このブログでも何度も紹介しているデレク&ザ・ドミノスの歴史的名盤、『いとしの
レイラ』に完全版といってもいいバージョンが登場します。

 エリック・クラプトンの長いキャリアのなかでもベストの作品に挙げられることの
多いこの作品は、クラプトンが心から愛してやまないアメリカ南部の音楽を、クラプトン
と肩を並べる才能を持ったギタリストとプレイした唯一のアルバムです。

 このアルバムを聴くとその音楽性の高さ、技術の素晴らしさ、そしてスタジオに
起こっているマジックに恍惚とさせられます。

 そんなファンの、少しでもこの時期の音源を聴きたいという欲求に答えるべく登場
したのが今回の40周年記念盤です。日本盤はSHM-CD仕様で、Disc-2にはレア・
トラックを13曲収録し、Disc-4、5では『イン・コンサート』というデレク&ザ・ドミノス
のライヴ音源を収録しています。さらにLPが2枚ついて、まさに完全版です!

 これを聴いていったらこの時代の気分にどっぷりと浸れるのが間違いないですね。
一枚ずつ大事に聴いていって、夢のような時間を過ごしたいです。

 同時にデラックス・エディションという40年記念盤の最初の2枚のディスクだけを
とりだしたヴァージョンを発売されるようです。

 それでは解説文を掲載させていただきたいと思います。

 エリック・クラプトン屈指の名盤であり、誰でも知っている名曲を含む傑作が、発売後
40年を経て、貴重なレア・トラックを
追加して再発売。日本盤のみSHM-CD仕様、完全限定の
超プレミアBOX。ディスク1は『いとしのレイラ』リマスター盤。
ディスク2には、貴重な
レア・トラックを13曲収録(初登場4曲、リミックス6曲)。
ディスク3には、『いとしの
レイラ』 エリオット・シャイナーによる未発表5.1chサラウンド・ミックス(ドルビー/dts)
を収録。
(※2003年版SA-CDとは異なります。音源のみの収録、映像は含まれておりません。)

ディスク4には、『イン・コンサート(CD1)』リマスター盤、ディスク5には、『イン・
コンサート(CD2)』リマスター盤、
2LP『いとしのレイラ』 1970年UKアナログ・マスター
からのリマスターを収録。

エリック・クラプトンはブラインド・フェイス解散後にアメリカに
留まり、デラニー&ボニー&フレンズと活動を共にする。
1970年、フレンズに参加していた
ボビー・ウィットロックとカール・レイドル、ジム・ゴードンと共に結成したのがデレク・
アンド・ドミノスである。同年に、トム・ダウドをプロデューサーに迎え、アルバム『いとしの
レイラ』を発表した。アルバムには、オールマン・ブラザーズ・バンドのデュアン・オールマンも
ゲスト参加、そのスライド・ギターによるクラプトンとのギター・アンサンブルはこのアルバムの
最大の聴きどころのひとつとなっている。1971年、2枚目のアルバムのレコーディング中の、
クラプトンとゴードンによる口論が原因となり制作は中止、そのままバンドは解散となった。
このボックス・セットは、1970年6月から1971年5月という短い間にバンドが成し得た栄光の
記録である。

 発売は2011/3/30です。











いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/02/08 00:02 ] DMA’S Derek & The Dominos | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。