FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アヴェレイジ・ホワイト・バンドの初期10作品がライト・メロウ・シリーズで再発!

アヴェレイジ・ホワイト・バンドの初期10作品がライト・メロウ・シリーズで再発!




センスの良いソウル・サウンドで人気の高いアヴェレイジ・ホワイト・バンド。ヒップ・ホップ世代にはサンプリング・ソースとしても人気ですね。今回金澤寿和氏のライト・メロウ・シリーズで初期10作品が再発されることとなりました。洗練されたソウル・サウンドの彼らですので、ライト・メロウ・シリーズとはぴったりですね。

今回取り上げさせていただくのはアヴェレイジ・ホワイト・バンドの代表作、76年にリリースされた4thアルバム『ソウル・サーチン』です。このアルバムで最も好きな曲といえば、あのア・トライブ・コールド・クエストが『Check the Rhime』でサンプリングした『Love Your Life』です。トランペットによって奏でられるあの印象的なメロディ!中毒性が半端ない!ア・トライブ以外にもこの曲はファットボーイ・スリムやクール・キースにサンプリングされていますね。




サンプリング・ソースとしては『A Love of Your Own』がAZの『Livin’ the Life』で、『I’m the One』がブランド・ヌビアンに、『Queen of My Soul』が『Brookly (Remix)』でJoell Ortiz、Cashmere、Maino、Big Daddy Kane、Solomonによって、『Soul Searching』はリック・ロスといったように枚挙にいとまがありません。これだけの人気を誇っているのはやはり洗練されたサウンドによるものだと思いますが、特にドラムの音がいい!この抜けの良さ!最高です。

曲としても全く被ってしまうのですがアヴェレイジ・ホワイト・バンドのファンク・サイドを反映した曲で、ファンキーながらも泥臭くないというこれぞアヴェレイジ・ホワイト・バンドというサウンドの『I’m the One』、メロウに染みるメロディとサウンドがたまらない『Queen of My Soul』、センスの良さが光るアルバム・タイトル曲『Soul Searching』などがお気に入りです。

そしてアルバムで彼らの最高傑作といえば、彼らの最大のヒット曲『Pick Up the Pieces』を収録し、全米アルバム・チャート1位、ゴールド・ディスクも獲得した『Average White Band』でしょう。これはマストですね。

バンド名通り白人のみでスタートしたアヴェレイジ・ホワイト・バンド。白人だからこそのスマートなサウンドは本当に気持ちいいです。初期の作品はメロウ・グルーヴ/サンプリング・ソースの宝庫と言って良い作品ばかりなので、この機会にぜひ!

アルバムの発売は2015/2/18です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/02/14 09:00 ] ソウル #~D Average White Band | TB(0) | CM(0)

アヴェレージ・ホワイト・バンドの全キャリアを網羅したボックス・セットが登場!

アヴェレージ・ホワイト・バンドの全キャリアを網羅したボックス・セットが登場!




71年にスコットランドで結成され、その名の通り白人のみのバンド(途中からは黒人も加入)ながら、しなやかでソウルフルなグルーヴが特徴でフリー・ソウルやレア・グルーヴとも関連づけて語られるバンド、アヴェレージ・ホワイト・バンド。

73年にエリック・クラプトンのカムバック・コンサートをサポートしたことで話題となり、74年には名門アトランティック・レコードと契約、75年にはインスト曲としては異例の全米No.1となった名曲『Pick Up The Pieces』をリリースと飛ぶ鳥を落とす勢いだった彼ら。75年にリリースされたアルバム『Cut the Cake』は全米4位、続く76年の『Soul Searching』は全米9位とヒットを飛ばし続けます。




しかし、80年代に入ると次第に失速し始め、82年遂にバンドは解散してしまいます。しかし、96年に突如復活を果たし、現在もメンバーチェンジはあるものの活動を続けています。

今回のボックス・セットでは、彼らの記念すべき1973年発表のデビューアルバムから2003年の最新作『Living In Colour』までのアルバム17枚と、 レア音源や別ヴァージョン等を収録したCDにリミックス音源を収めたCDをボーナスとして 付属。 ブックレットは52ページと豪華仕様!ということで、アヴェレージ・ホワイト・バンドの全てが余すところなく伝わる作品だと思います。

初期3作の爽やかなグルーヴは必聴です!発売は2014/7/22です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/07/29 09:00 ] ソウル #~D Average White Band | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。