FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Inherit(インヘリット) - Pledge To The Music(プレッジ・トゥー・ザ・ミュージック) [ヒップ・ホップ 名盤]

 以前このブログで、”いま日本で最高のトラック・メイカーはCradleだ!“と断言
しましたが、実は初めてインヘリットを聴いたとき、「Cradle以外にも日本人でこんなに
凄いトラック・メイカーがいるのか!」と驚いた覚えがあります。しかし、調べてみると
インヘリットはCradleのトラック・メイカーであるDJ CHIKAの変名ということが
分かりとても納得しました。

 1stアルバムの『Up The River』について少し話しをさせていただくと、やはりCradleの
トラック・メイカーということで、音はCradleに非常に近いです。気持ちのよいドラムが
しっかりと鳴り、それに合わさる音は多種多様で、曲ごとにさまざまな表情をみせてくれます。

 さらにゲストのMCが凄い!もう半端じゃない!!CL、El Da Sensei、Aloe Blacc、
The 49ers、AG、AWON、Nieve、FATLIPなどなどジャジー・ヒップ・ホップ好きには
お馴染みの名前が並びます。Aloe Blacc、The 49ersは新作にも引き続き参加です。

 CLの参加した『Clean Slate』、El Da Senseiがマイクをとる『Two For The Time』では
効果的にアコギが絡み、“ヒップ・ホップにソウルを取り戻す”といったAloe Blacc参加の
『The First Day』では、いかにもCradleといったピアノの美メロと、ソウルフルなAloe
Blaccのヴォーカルが最高の相性で、『Advance』では一転、クラブ・ミュージックのような
打ち込みにスクラッチが切り込むスリリングな曲で、その音楽性の幅を見せつけます。
『Traveling Man』ではバシバシ決まるアップ・テンポなドラムがThe 49ersのMCを引っぱり、
それに絡むアコギのメロディがジャジー感を増幅させています。

 そしてTableekをフューチャーした『That’s How It Is』、From D.I.T.CのAGのその名も
『Call Me AG』ではストリート感の強いダーティーなビートもばっちりきまっています。

 さらにfeat. AWONの『My Name Rings』はジャジー・ヒップ・ホップファン必聴の
素晴らしいトラックです!ジャジーなピアノと、時折挟み込まれるサックスのメロディが
美し過ぎる!もちろんビートもMCもこれ以上ないくらいバック・トラックとマッチしています。

 超高性能クラブ・ジャズ『Nerve Drive』などを挟んで、これまた美メロ炸裂の『Hello』が
登場します。こういうジャジーなトラックはいかにも日本のトラック・メイカーという
感じがします。NieveのMCもパーフェクト。

 「Tell me something cool my nigga」のリフレインから一気にトップスピードになる
『Something Cool』はこのアルバムのハイライトの一つでしょう。素晴らしいメロディの
多いアルバムのなかでも1、2を争う素晴らしさです。

 それでは解説文を掲載させていただきます。

 CradleのDJ/ターンテーブリスト/トラックメイカー、DJ CHIKAことINHERITのセカンド・
アルバム。

 ターンテーブルだけでなく多重録音し、スクラッチとサウンドエフェクトを駆使した
アーバンなトラック、ヴォイスサンプルを使いおしゃれエレクトロ・ブレイクビーツ、
ジャジーなスピリチュアル・インストまで。

 ゲストにはAFRA、Aloe Blacc、The 49ers、Shawn Jackson、The KBCら国内外の
才能が参加。

 Beeとしてのタッグ・アルバムを制作するなど親交の深いAloe Blaccは、このアルバムの
為にソウルフルな歌を披露。 脈打つようなキック&ハットのリズミックなグルーヴと黒く
マッドなオルガンの上をThe 49ersのヴァースとフックがメロウいから見合うリード曲
「Midnight Mirage」、 デトロイト系リズム ~スペイシーで黒いビートにタフでライムを
かますShawn Jacksonをフィーチャーした「Get Live」、 UKロック界からThe KBCを客演に
迎え、INHERITのルーツであるロックをダンサブルな心地よいサウンドに仕上げた楽曲など
聴きどころ満載。

『Pledge To The Music』
・3月9日発売
・デジパック仕様
・¥2,520(税込)
・全14曲収録予定




 前作は素晴らしい出来でした。全体的な印象を書こうと思って聴き直していたら、
あまりの良さに思わずほとんどの曲の解説を書いてしまいました。それくらいの名作
ですのでこちらもチェックを。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2011/02/01 08:57 ] ヒップホップ I~L Inherit | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。