FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンダーグラウンド・ヒップ・ホップの間違いないプロデューサー、J. Rawlsの11年の作品『The Hip Hop Affect』が再発!

アンダーグラウンド・ヒップ・ホップの間違いないプロデューサー、J. Rawlsの11年の作品『The Hip Hop Affect』が再発!


J. Rawls、この名前を聞いてテンションの上がる人はどれくらいおられるでしょうか?ヒップ・ホップ通にはよく知られているミュージシャンですが、一般的な知名度は実力に反して低いと言わざるを得ないでしょう。

01年に1stソロ・アルバム『The Essence of J. Rawls』でデビューしたJ. Rawls。 そのジャズに精通したスムースなサウンドでその手の音を好むリスナーのハートを鷲掴みにしました。それ以後はファイヴ・ディーズのファット・ジョンとのコラボである3582、J.サンズとのコンビであるローン・カタリスツで素晴らしい作品をリリースし、その評価を揺るぎないものにしました。

それ以外でも、ディクレイムやCount Bass D、マスタ・エース、モス・デフなどアンダーグラウンド界を代表する大物アーティストとの共演が多数あります。

ここで挙げた名前をみていただければJ. Rawlsというアーティストの実力がお分かりいただけると思います。今回再発されるのは11年にリリースされた『The Hip Hop Affect』で、なんといっても目玉はダイアモンドD、オー・ノー、そしてケブ・ブラウンという豪華なメンツを招いて録音された『Best Producer On The Mic』でしょう。




それ以外ではサダトXが参加した『Face It』、ファット・ジョンとの『That Very First Day』、エル・ダ・センセイなどが参加した『Heeey』、J.サンズとの『Sandsy』、バッド・アズ、コピーライト、そしてエドGが参加した『Are You Listening?』と超豪華なメンツが参加した作品となっています。J. Rawlsのジャジーで奥の深いサウンドが楽しめるお薦めの作品です。

アルバムは現在発売中です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/08/01 09:00 ] ヒップホップ I~L J. Rawls | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。