FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シーンに衝撃を与えた名作、00年にリリースされたタヒチ80のデビュー作『パズル』がスペシャル・エディションで再発!

シーンに衝撃を与えた名作、00年にリリースされたタヒチ80のデビュー作『パズル』がスペシャル・エディションで再発!



93年にバンドを結成したフランスのポップ・グループ、タヒチ80。そのデビュー作『パズル』がリリースされたのは00年でした。

当時その透き通るようなポップ・サウンドは日本でも大きな話題となったことをよく覚えています。また、アルバムに参加したメンバーも豪華で、プロデューサーにIVYのアンディ・チェイス、ファウンテンズ・オブ・ウェインのアダム・シュレシンガー、カーディナルのエリック・マシューズがゲスト参加という、ポップ・マニアにはたまらない人選です。

さらに、アルバムのミックスはスウェーデンでトーレ・ヨハンセンの手によって行われたというこれまたたまらないエピソード!

アルバムを代表するナンバーといえば後に小山田圭吾によってリミックスもされる『Heartbeat』でしょう。

しかし、私が当時最も好きだったナンバーが、このアルバムのオープニング・ナンバーである『Yellow Butterfly』です。もうこの曲を聴いた瞬間、これがフランスか!と衝撃を受けました。とんでもなくメロディアスで清々しさに溢れたこのナンバー!もう名曲中の名曲です。




それ以外にもアルバム・ジャケットのような透き通ったポップ・ナンバーが目白押しで、キュートなメロディと弾むようなリズムがワクワクさせてくれる『Made First Never Forget』、ストリングスがはまり過ぎな『Swimming Suit』、サビのメロディが不思議と頭に残るアルバム・タイトル曲『Puzzle』、ストリングスだけでなくホーンとの相性の良さを見せてくれる『Things Are Made to Last Forever』などポップ・ファンにはたまらないでしょう。

一時期と比べると少し勢いを失っている感のあるタヒチ80ですが、この作品は多くの方に聴いていただくべきものだと思います。この機会にぜひ!

アルバムのリリースは2015/12/2です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2016/01/24 09:00 ] The Skids Tahiti80 | TB(0) | CM(0)

タヒチ80の新作『ボールルーム』から『Crush!』が公開!

タヒチ80の新作『ボールルーム』から『Crush!』が公開!




93年に結成されたフランスのバンド、タヒチ80。小山田圭吾にデモ・テープを渡したことがきっかけでピックアップされたというエピソードからうかがえるように、非常に優れたポップ・バンドで、アンディ・チェイスをプロデューサーに迎えて制作されたデビュー作、『パズル』は日本でも大きな話題となり、私も繰り返し聴きました。タヒチ80が持つ独特の柔らかなポップ・メロディが生み出す空気に取り込まれ、特に『Yellow Butterfly』は本当によく聴きました。

バンドはその後もコンスタントに作品をリリースし続け、今作は3年振りの6枚目のアルバムとなります。13年にリリースした『BANG EP』ではシンセサイザーを大胆に使ったポップ・サウンドへとシフトしていましたが、今作もその流れを周到したものになりそうです。

アルバムに先駆けて公開された『Crush!』ですが、タヒチ80のソフトなポップ・センスは変わらないながらも、エレクトリックな仕上がりになっていることによりキラキラ感が増しておりディスコ・サウンドに近づいているように感じます。しかし、この変化は決してマイナスではなく新たな可能性を広げるものだと思います。続いて公開されるだろう曲を楽しみに待ちたいと思います。




【収録曲】
01.Crush!
02.Love By Numbers
03.Coldest Summer
04.T.D.K
05.The God Of The Horizon
06.Missing
07.Back 4 More
08.Robber
09.Seven Seas
10.Solid Gold
(日本盤ボーナス・トラック)
11.Garra
12.Kounty Volks
13.Empire

アルバムの発売は2014/9/10です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/08/04 09:00 ] The Skids Tahiti80 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。