FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

J.B.’sが74年にリリースしたファンクの名盤『ダム・ライト・アイ・アム・サムバディ』が再発!

J.B.’sが74年にリリースしたファンクの名盤『ダム・ライト・アイ・アム・サムバディ』が再発!




ファンクといえば間違いなくジェームス・ブラウンなのですが、そのバック・バンドであるJ.B.’sの作品はジェームス・ブラウンが絡んでいるので当たり前なのかもしれませんが、とにかく素晴らしいグルーヴに溢れた作品ばかりで、中でも今回紹介させていただく『ダム・ライト・アイ・アム・サムバディ』は彼らの最高傑作に挙げられる一枚です。

とにかくファンキーな黒いグルーヴが全編に渦巻いているのですが、今作の大きな特徴と言えばそのグルーヴがゆったりとしているところでしょうか。この作品の中心人物であるフレッド・ウェズリーとメイシオ・パーカーが、ファンクの名盤にしてP-ファンクの金字塔である76年の『マザーシップ・コネクション』に参加することを考えるとその辺りも納得がいきます。

アルバムのオープニング・ナンバーである『Damn Right I Am Somebody』からゆったりとしたグルーヴが全開で、気持ちよく音に身を任せることができます。ここで披露されるフレッドのソロはねちっこくて非常にソウルフルです。




続く『Blow Your Head』はシンセサイザーがうねうねしまくるファンクで、ホーンと絡んだサウンドは脳味噌がぐちゃぐちゃになるような感覚に陥ります。

そして演奏が始まった途端に叫びたくなる『I’m Paying Taxes, What Am I Buyin’』。ストレートなジェームス・ブラウン・サウンドで当たり前のように気分が高揚します。このギターのカッティング!

またまたシンセサイザーが大活躍する『Same Beat Part 1』を挟んで、思わず腰が動いてしまうダンス・ビートな『If You Don’t Get It The First Time, Back Up & Try It Again』。

Make Me What You Want Me To Be』はなんとストリングスが!J.B.’sサウンドとストリングスの相性はどうかといえば、これが意外といいんですよ。ただし曲はゴリゴリのファンクではなく、フリー・ソウルという表現が適切な風通しのよいソウル・サウンドです。

Going to Get A Thrill』に続いて、なんとマーヴィン・ゲイのカヴァーである『You Sure Love To Ball』。オリジナルもかなりセクシーな雰囲気を持っていましたが、こちらもジェームス・ブラウンの甘い語り口からスタートです。でも合っているとは言い難いですね。サウンドはエロティックなメロディとホーンが抜群の相性をみせて上々の仕上がりです!

アルバムを通してJ.B.’sらしいサウンドを満喫できる作品で、アルバム全体に濃厚なファンク・グルーヴが詰まっておりまさにファンクの名盤です!ジェームス・ブラウンも登場場面は少ないのですが、さすがの存在感をみせつけアルバムにアクセントとつけています。

繰り返し再生ボタンを押してグルーヴに身を任せたくなる極上のファンク・アルバム。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/10/07 09:00 ] ソウル I~L J.B.'s | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。