FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Duane Allman(デュアン・オールマン)- 『スカイドッグ: ザ・デュアン・オールマン・レトロスペクティブ』 [ロック 名盤]

“スカイドッグ”ことデュエイン・オールマンの全キャリアを網羅する究極のボックス!




これは本当の意味でお宝といえるアイテムではないでしょうか?僅か24歳でバイク事故によってこの世を去りながら、今なおロック史上最も偉大なギタリストの一人として語り継がれるデュアン・オールドマン。

私はギターはほんの少しかじった程度なのですが、エリック・クラプトンとの名盤『いとしのレイラ』や、ロック・バンドのライヴ・アルバムとしては史上最高といってもよい、オールドマン・ブラザーズ・バンドの『フィルモア・イースト・ライヴ』を聴けば、デュアン・オールドマンがどれほど優れたギタリストなのかがよく分かりますし、また難しいこと抜きにして叫び出したくなるほどの興奮を感じることが出来ます。

聴くものの耳を捉えて離さないデュアンのギターの魅力は、当時彼が組んでいたアワーグラスというバンドの演奏を聴いて、当時ソウルを中心に数多くの大物ミュージシャンが作品を制作していた“マッスル・ ショールズ・サウンド・スタジオ”の専属ギタリストに引き抜かれたという逸話からよく分かります。

その後デュアンは、キング・カーティス、アレサ・フランクリン、オーティス・ラッシュ、パーシー・スレッジ、ボズ・スキャッグスなどといった名だたるアーティストの作品に参加して、素晴らしい演奏を披露しましたが、それらの幾つかは今回のボックス・セットに収められているようです。

それ以外にも前述したデレックス・アンド・ドミノスや、オールドマン・ブラザーズ・バンドの音源はもちろん、未発表音源も収録しての7枚組!これがあればデュアン・オールドマンの残した作品のかなりの割合いが聴けるでしょう。

史上最高のロック・ギタリスト、デュアン・オールドマンの神がかったプレーを是非体験してみて下さい!

それでは解説文を。

ロック史上における最も偉大なギタリストの1人として死後も尚絶大な人気を集める、デュアン・オールマン。
数々の代表的録音から未発表曲までをも網羅した究極のボックスセットが登場!

実弟のグレッグと結成したオールマン・ブラザーズ・バンドや、エリック・クラプトン率いるデレク・アンド・ドミノスでの活動は勿論、伝説のマッスル・ ショールズ・サウンド・スタジオを中心に数々のロック~ソウル~ブルース・レジェンドとの共演も果たし、71年にバイク事故によって非業の死を遂げるまで、ロック界のトップ・ギタリストとして輝かしい活動を続けたデュアン・オールマン。死後も尚、多くのファンから絶大なる尊敬を集め、あのデレク・ト ラックスをはじめとして、ギタリスト/ミュージシャンとしてその遺伝子を受け継ぐ者も数多い。

今回、そんな彼の全キャリアを網羅する究極のボックス・セットが発売となる!キャリア初期のジ・エスコーツ、オールマン・ジョイス、アワーグラスなど の貴重な音源から、セッション・ミュージシャンとして参加した、アレサ・フランクリン、ウィルソン・ピケットなどの楽曲、デレク・アンド・ドミノスや、勿論オールマン・ブラザーズ・バンドの音源など、未発表音源も含む怒涛のCD7枚組みボックス!貴重な写真や遺族の証言含む充実の72Pブックレットに、 ステッカー、デュアンが使用したギター・ピックのレプリカまでもがパッケージされた、全ロックファン必携必聴の究極のボックスセット! 日本盤にはライナー完訳付予定!
(メーカーインフォメーションより)

というわけで、遂にデュエイン・オールマン(あえて「デュアン」ではなく「デュエイン」と書かせてください)の全キャリアを俯瞰するボックス・セットが編 纂されました。世界中の全サザン・ロック・ファンは勿論のこと、かなりの数のロック・ファンがこの企画を長年切望していたのではないかと思われる、久々に 「おお!ボックスキタコレ!」と興奮してしまうような、価値と聴き応えのある逸品です。

※デュエイン・オールマンをよく知らない方は下記リンクよりプロフィールをご覧ください。

 Duane Allmanのプロフィール

デュエイン主体の音源集といえば、初CD化以来、20年以上も一度も出し直しされず放置されている『An Anthology』と『An Anthology 2』がありますが、その2作に収録されている音源はほとんど今回のボックスにも収録されています(オールマンズ名義の曲で一部ボックスには未収録の曲があ るますが、セッション参加音源は全曲収録されています)。

これほど“どうしても欲しい”ボックスセットがリリースされるのは何年振りでしょうか…。ビートルズのリマスターボックス以来かも。
【トラックリスト】

[DISC ONE]
1. THE ESCORTS / TURN ON YOUR LOVE LIGHT
2. THE ESCORTS / NO NAME INSTRUMENTAL
3. THE ESCORTS / WHAT’D I SAY
4. THE ALLMAN JOYS / SPOONFUL
5. THE ALLMAN JOYS / GOTTA GET AWAY
6. THE ALLMAN JOYS / SHAPES OF THINGS
7. THE ALLMAN JOYS / CROSSROADS
8. THE ALLMAN JOYS /MISTER, YOU’RE A BETTER MAN THAN I
9. THE ALLMAN JOYS / LOST WOMAN
10. THE HOUR GLASS / CAST OFF ALL MY FEARS
11. THE HOUR GLASS / I’VE BEEN TRYING
12. THE HOUR GLASS / NOTHING BUT TEARS
13. THE HOUR GLASS / POWER OF LOVE
14. THE HOUR GLASS / DOWN IN TEXAS
15. THE HOUR GLASS / NORWEGIAN WOOD (THIS BIRD HAS FLOWN)
16. THE HOUR GLASS / B.B. KING MEDLEY
a) SWEET LITTLE ANGEL
b) IT’S MY OWN FAULT
c) HOW BLUE CAN YOU GET?
17. THE HOUR GLASS / BEEN GONE TOO LONG
18. THE HOUR GLASS / AIN’T NO GOOD TO CRY
19. 31ST OF FEBRUARY / MORNING DEW
20. 31ST OF FEBRUARY / MELISSA
21. THE BLEUS / MILK AND HONEY
22. THE BLEUS / LEAVIN’ LISA
23. THE BLEUS / JULIANNA’S GONE

[DISC TWO]
1. CLARENCE CARTER / THE ROAD OF LOVE
2. CLARENCE CARTER / LIGHT MY FIRE
3. WILSON PICKETT / HEY JUDE
4. WILSON PICKETT / TOE HOLD
5. WILSON PICKETT / MY OWN STYLE OF LOVING
6. WILSON PICKETT / BORN TO BE WILD
7. LAURA LEE / IT’S HOW YOU MAKE IT GOOD
8. LAURA LEE / IT AIN’T WHAT YOU DO (BUT HOW YOU DO IT)
9. SPENCER WIGGINS / I NEVER LOVED A WOMAN (THE WAY I LOVE YOU)
10. ARTHUR CONLEY / OB-LA-DI, OB-LA-DA
11. ARTHUR CONLEY / STUFF YOU GOTTA WATCH
12. ARTHUR CONLEY / SPEAK HER NAME
13. ARTHUR CONLEY / THAT CAN'T BE MY BABY
14. WILLIE WALKER / A LUCKY LOSER
15. THE LOVELLES / I'M COMING TODAY
16. THE LOVELLES / PRETENDING DEAR
17. ARETHA FRANKLIN / THE WEIGHT
18. ARETHA FRANKLIN / IT AIN'T FAIR
19. SOUL SURVIVORS / DARKNESS
20. SOUL SURVIVORS / TELL DADDY
21. SOUL SURVIVORS / GOT DOWN ON SATURDAY
22. KING CURTIS / HEY JOE
23. KING CURTIS / FOOT PATTIN'
24. KING CURTIS / GAMES PEOPLE PLAY
25. KING CURTIS / THE WEIGHT
26. THE SWEET INSPIRATIONS / GET A LITTLE ORDER

[DISC THREE]
1. THE BARRY GOLDBERG BLUES BAND / TWICE A MAN
2. DUANE ALLMAN / GOIN' DOWN SLOW
3. DUANE ALLMAN / NO MONEY DOWN
4. DUANE ALLMAN / HAPPILY MARRIED MAN
5. OTIS RUSH / ME
6. OTIS RUSH / REAP WHAT YOU SOW
7. OTIS RUSH / IT TAKES TIME
8. THE DUCK & THE BEAR / GOING UP THE COUNTRY
9. THE DUCK & THE BEAR / HAND JIVE
10. BOZ SCAGGS / FINDING HER
11. BOZ SCAGGS / LOOK WHAT I GOT
12. BOZ SCAGGS / WAITING FOR A TRAIN
13. BOZ SCAGGS / LOAN ME A DIME
14. THE ALLMAN BROTHERS BAND / DON’T WANT YOU NO MORE
15. THE ALLMAN BROTHERS BAND / IT'S NOT MY CROSS TO BEAR
16. THE ALLMAN BROTHERS BAND / BLACK HEARTED WOMAN
17. THE ALLMAN BROTHERS BAND / TROUBLE NO MORE

[DISC FOUR]
1. THE ALLMAN BROTHERS BAND / EVERY HUNGRY WOMAN
2. THE ALLMAN BROTHERS BAND / DREAMS
3. THE ALLMAN BROTHERS BAND / WHIPPING POST
4. RONNIE HAWKINS / ONE MORE NIGHT
5. RONNIE HAWKINS / WILL THE CIRCLE BE UNBROKEN
6. RONNIE HAWKINS / MATCHBOX
7. RONNIE HAWKINS / DOWN IN THE ALLEY
8. RONNIE HAWKINS / WHO DO YOU LOVE
9. LULU / MARLEY PURT DRIVE
10. LULU / DIRTY OLD MAN
11. LULU / MR. BOJANGLES
12. LULU / SWEEP AROUND YOUR OWN BACK DOOR
13. JOHNNY JENKINS / I WALK ON GILDED SPLINTERS
14. JOHNNY JENKINS / ROLLIN' STONE
15. JOHNNY JENKINS / DOWN ALONG THE COVE
16. JOHNNY JENKINS / VOODOO IN YOU
17. JOHN HAMMOND / SHAKE FOR ME
18. JOHN HAMMOND / CRYIN’ FOR MY BABY
19. JOHN HAMMOND / I’M LEAVIN’ YOU
20. JOHN HAMMOND / YOU’LL BE MINE
21. DORIS DUKE / GHOST OF MYSELF

[DISC FIVE]
1. ERIC QUINCY TATE / COMIN’ DOWN (DEMO VERSION)
2. THE ALLMAN BROTHERS BAND / HOOCHIE COOCHIE MAN(LIVE)
3. THE ALLMAN BROTHERS BAND / MIDNIGHT RIDER
4. THE ALLMAN BROTHERS BAND / DIMPLES (LIVE)
5. THE ALLMAN BROTHERS BAND / I'M GONNA MOVE TO THE OUTSKIRTS OF TOWN (LIVE)
6. DELANEY & BONNIE & FRIENDS / SOUL SHAKE
7. LAURA NYRO / BEADS OF SWEAT
8. THE ALLMAN BROTHERS BAND / DON’T KEEP ME WONDERING
9. DELANEY & BONNIE & FRIENDS / LIVING ON THE OPEN ROAD
10. ELLA BROWN / A WOMAN LEFT LONELY
11. ELLA BROWN / TOUCH ME
12. BOBBY LANCE / MORE THAN ENOUGH RAIN
13. DEREK & THE DOMINOS / I AM YOURS
14. DEREK & THE DOMINOS /WHY DOES LOVE GOT TO BE SO SAD?
15. DEREK & THE DOMINOS / HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN
16. DEREK & THE DOMINOS / LAYLA
17. ERIC CLAPTON & DUANE ALLMAN / MEAN OLD WORLD

[DISC SIX]
1. SAM SAMUDIO / ME AND BOBBY McGEE
2. SAM SAMUDIO / RELATIVITY
3. SAM SAMUDIO / GOIN' UPSTAIRS
4. RONNIE HAWKINS / DON'T TELL ME YOUR TROUBLES
5. RONNIE HAWKINS / SICK AND TIRED
6. RONNIE HAWKINS / ODESSA
7. DELANEY & BONNIE & FRIENDS / GIFT OF LOVE
8. DELANEY & BONNIE & FRIENDS / SING MY WAY HOME
9. THE ALLMAN BROTHERS BAND / STATESBORO BLUES (LIVE)
10. THE ALLMAN BROTHERS BAND / IN MEMORY OF ELIZABETH REED (LIVE)
11. GRATEFUL DEAD / SUGAR MAGNOLIA
12. THE ALLMAN BROTHERS BAND / ONE WAY OUT (LIVE)
13. HERBIE MANN / PUSH PUSH
14. HERBIE MANN / SPIRIT IN THE DARK
15. HERBIE MANN / WHAT’D I SAY

[DISC SEVEN]
1. DELANEY & BONNIE & FRIENDS / COME ON IN MY KITCHEN(LIVE)
2. DELANEY & BONNIE & FRIENDS / GOING DOWN THE ROAD FEELING BAD (LIVE)
3. DELANEY & BONNIE & FRIENDS / POOR ELIJAH / TRIBUTE TO JOHNSON (MEDLEY) (LIVE)
4. THE ALLMAN BROTHERS BAND / YOU DON'T LOVE ME / SOUL SERENADE (LIVE)
5. COWBOY / PLEASE BE WITH ME
6. THE ALLMAN BROTHERS BAND / STAND BACK
7. THE ALLMAN BROTHERS BAND / BLUE SKY
8. THE ALLMAN BROTHERS BAND / BLUE SKY (LIVE)
9. THE ALLMAN BROTHERS BAND / DREAMS (LIVE)
10. THE ALLMAN BROTHERS BAND / LITTLE MARTHA

発売は2013/4/17です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/03/31 09:00 ] DMA’S Duane Allman | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。