FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Donny Hathaway(ダニー・ハサウェイ)- 『Never My Love The Anthology(ネヴァー・マイ・ラヴ:ジ・アンソロジー)』

ダニー・ハサウェイのアンソロジーが登場!なんと未発表曲を23曲収録!




2010年、フランスのワーナーミュージックからリリースされた未発表曲入り5枚組ボックスセットがリリースされましたダニー・ハサウェイですが、今度はRhinoから23曲の未発表曲を含む4枚組のアンソロジーが登場です。

ダニー・ハサウェイはとにかく大好きなアーティストで、このブログでも何度も紹介させていただいていますが、彼の音楽を聴いていると繊細で真面目で温かな彼の人柄が伝わってきて、音楽の質うんぬんとは違った次元で感動させられます。どの作品を聴いてもそれは感じられるのですが、個人的にはやはり『Live』が最高傑作だと思います。

ハリウッドとニューヨークのクラブでのライブを録音したこの作品は、狭いクラブに充満する熱気、濃密なソウル・ミュージック、そして観客からの魂の叫びのようなレスポンス。すべてが完璧です。そのなかでも個人的に最も好きなのがこのブログでも紹介させていただいたキャロル・キングのカヴァーである『You’ve Got A Friend』。観客から悲鳴のような歓声があがりますが、それもよくわかる魂を揺さぶる名演です。この曲に比類するようなものは滅多に出会うことができない、それほど素晴らしいナンバーです。




この曲以外にもマーヴィン・ゲイの『What’s Going On』やジョン・レノンの『Jealous Guy』といった曲のカヴァーもあり、これらの素晴らしい内容です。そして、オリジナルではやはりインストの緊張感と壮大なスケールに圧倒される『The Ghetto』でしょう。作品を通して驚異のクオリティが保たれ、すべてのジャンルのなかでもトップクラスの歴史的名盤だと思います。

そして、今回の再発のDisc3に収められているのがBitter Endでの71年のライヴということで、『Live』と時期も近いですし、収録されている音楽もほとんど同じということで、『Live』を死ぬほど聴いた身としては期待せずにはおれません。しかもすべて未発表音源ということで意識が飛びそうです。

もちろん代表曲が収録されたDisc1も楽しみですし、未発表音源が詰まったDisc2も興味がそそられます。

ダニー・ハサウェイのファン、特にコアなファンにはたまらないプレゼントです!

Disc 1 : The Life and Music of Donny Hathaway
1. I Thank You Baby – June & Donnie
2. Just Another Reason – Donny Hathaway & June Conquest
3. The Ghetto – Part 1
4. The Ghetto – Part 2
5. Thank You Master (For My Soul) (Promo Edit)
6. Voices Inside (Everything Is Everything)
7. Tryin’ Times
8. To Be Young, Gifted and Black
9. I Believe To My Soul
10. This Christmas
11. A Song For You
12. Magnificent Sanctuary Band
13. Giving Up
14. Come Back Charleston Blue – Donny Hathaway with Margie Joseph
15. Little Ghetto Boy (Studio Version)
16. Valdez In The Country
17. I Love You More Than You’ll Ever Know
18. Lord Help Me
19. Come Little Children
20. Love, Love, Love
21. Someday We’ll All Be Free
22. You Were Meant For Me

Disc 2 : Unreleased Studio Recordings
1. Never My Love
2. A Lot Of Soul
3. Let’s Groove
4. Latin Time
5. Tally Rand
6. Memory Of Our love
7. Sunshine And Showers
8. After The Dance Is Done
9. Don’t Turn Away
10. Always The Same
11. Brown Eyed Lady (Instrumental)
12. The Sands Of Time
13. ZYXYGY Concerto

Disc 3 : Live at The Bitter End 1971 (All Previously Unreleased Performances)
1. What’s Going On
2. Sack Full Of Dreams
3. Little Ghetto Boy
4. You’ve Got A Friend
5. Voices Inside (Everything Is Everything)
6. He Ain’t Heavy, He’s My Brother
7. Jealous Guy
8. I Love You More Than You’ll Ever Know
9. Hey Girl
10. The Ghetto

Disc 4 : Roberta Flack & Donny Hathaway Duets
1. I (Who Have Nothing)
2. You’ve Got A Friend
3. Baby I Love You
4. Be Real Black For Me
5. You’ve lost That Loving Feeling
6. For All We Know
7. Where Is The Love
8. When Love Has Grown
9. Come Ye Disconsolate
10. Mood
11. The Closer I Get To You
12. You Are My Heaven
13. Back Together Again

アルバムは現在発売中です!













いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/12/09 09:00 ] Babyface Donny Hathaway | TB(0) | CM(0)

Donny Hathaway(ダニー・ハサウェイ) - 『Extension of a Man』 [ソウル 名盤]

ダニー・ハサウェイの最高傑作、『Extension of a Man』が廉価再発!




僅か33歳という若さでこの世を去り、5枚しかオリジナル・アルバムを残していないダニー・ハサウェイ(ロバータ・フラッグとの共作を含む)。しかし、彼の作品は未だに多くの人々の心を捉えており、その影響力も弱まることを知りません。

そんなダニー・ハサウェイの作品の中でも最高傑作に挙げられるのが、本作の『Extension of a Man』です。敬虔なクリスチャンであり、大学でクラシックを学んだという彼の豊かな音楽性が存分に発揮された作品となっています。

オープニング・ナンバーの『I Love the Lord; He Heard My Cry, Pt.1&2』は、壮大なスケールを持つナンバーで、包み込むような優しさを持つ前半と、不気味に不安を煽る後半という二部で構成されており、ダニー・ハサウェイが目指していた音楽の一つの完成型と言えるでしょう。

Someday We’ll All Be Free』からはゴスペルの空気が感じられ、キーボードが超クールな『Valdez in the Country』は、ラテン風味のジャズ・インストで、『Come Little Children』はグルーヴィーなファンク・ナンバーです。さらに『Love, Love, Love』はマーヴィン・ゲイの『What’s Going On』を彷彿とさせるソウルの超名曲です!

その中でも『Flying Easy』は、“ニュー・ソウルの旗手”と言われたダニー・ハサウェイらしいオーガニックなソウル・ナンバーなのですが、ただそれだけでは済まされない構成の素晴らしさ、完成度の高さを誇っており、聴いていると圧倒されます。この曲が、ダニー・ハサウェイがどれだけ才能に溢れたアーティストだったのかを雄弁に物語っています。

ダニー・ハサウェイというアーティストを形作る音楽的要素が全てつぎ込まれたような、多軸性の作品ですが、アルバムに一貫する“綿密に作り込まれた高いクオリティ”というものがこの作品に統一感を与えています。ダニー・ハサウェイの最高傑作というだけでなく、ソウルを聴くならマスト!というべき名盤です。

発売は2013/4/24です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/03/30 09:00 ] Babyface Donny Hathaway | TB(0) | CM(0)

Donny Hathaway(ダニー・ハサウェイ) - 『いつか自由に~ダニー・ハサウェイ・アンソロジー』 [ソウル 名盤]

奇跡のような繊細な音楽を残してこの世を去った、ダニー・ハサウェイのアンソロジー『Someday We'll All Be Free: いつか自由に』が、4枚組、SHM-CDで発売!




ニュー・ソウル・ムーヴメントの代表的なアーティスト、ダニー・ハサウェイ。クラシックの素養を持つ彼は洗練されたソウル・ナンバーを数多く残しましたが、彼の音楽がファンを惹き付けて止まない真の魅力は彼の誠実で繊細な人柄によるものでしょう。

1979年に、僅か33歳という若さで自ら命を絶ったダニー・ハサウェイ、理由は分かりませんが、彼の繊細な人柄が影響していることは想像に難くありません。例えば、名盤の誉れ高い『Live』に収録されている、キャロル・キングの『You've Got a Friend』のカヴァーを聴いていただければ、彼の音楽の温かさを感じていただけると思います。

2013/3/6にオリジナル・アルバムが廉価でリイシューされますが、アルバムも結構な数がありますので全て揃えるのはちょっと、でもベスト盤ではもの足らないという方にはこのアンソロジーでしょう。4枚組でボリュームもばっちりですし、SHM-CDで音質もばっちりと言うことなしです。

それでは解説文を。

70年代ニュー・ソウルのアイコン、ダニー・ハサウェイの決定的アンソロジー。未発表曲7曲を含む黄金のアトランティック・レコーディング全61曲。最新デジタル・リマスタリング/SHM-CD/ブック形パッケージ/20Pオリジナル・カラー・ブックレット・日本語解説・歌詞・対訳付

この4枚組アンソロジーはワーナーミュージック・フランスで企画・編成され2010年リリース、多くの未発表曲の収録とマスタリングの良さから高い評価を得る。日本盤は印南敦史氏による詳細なる解説、歌詞および対訳を添付、さらにSHM-CDでプレスする等多くの点で新たなる価値を加えられた。まさに一家に一セット、末代まで伝えられる「音楽の宝物」の登場といえる。

ディスク:1
1. エヴリシング・イズ・エヴリシング
2. ジュ・ヴ・ゼム
3. ただ我を信じて
4. ミスティ
5. シュガー・リー
6. トライン・タイムズ
7. サンキュー・マスター
8. ゲットー
9. トゥ・ビー・ヤング、ギフテッド・アンド・ブラック
10. ギヴィング・アップ
11. ソング・フォー・ユー
12. リトル・ガール
13. 兄弟の誓い
14. マグニフィセント・サンクチュアリー・バンド
15. シー・イズ・マイ・レイディ
16. アイ・ビリーヴ・イン・ミュージック
ディスク:2
1. テイク・ア・ラヴ・ソング
2. サインはピース
3. 神わが声をきき給う
4. いつか自由に
5. フライング・イージー
6. ヴァルデス・イン・ザ・カントリー
7. 溢れ出る愛を
8. リトル・チルドレン
9. 愛のすべて
10. 貧民街
11. マグダレナ
12. アイ・ノウ・イッツ・ユー
13. ジェラス・ガイ[スタジオ・ヴァージョン]
14. ノー・アザー・ワン・バット・ユー[1974デモ]
15. エッセンス・オブ・デスティニイ[1974デモ]
16. ゴーイング・ダウン[1974デモ]
17. メイク・イット・オン・ユア・オウン[1975デモ]
ディスク:3
1. ジス・クリスマス
2. リトル・ゲットー・ボーイ
3. ドリーム
4. ビー・ゼア
5. ロード・ヘルプ・ミー
6. ユー・ワー・メント・フォ・ミー
7. ホワット・ア・ウーマン・リアリー・ミーンズ
8. 愛のゆくえ
9. ゲットー
10. ヘイ・ガール
11. きみの友だち
12. リトル・ゲットー・ボーイ
13. ウィアー・スティル・フレンズ
14. ジェラス・ガイ
15. エヴリシング・イズ・エヴリシング
ディスク:4
1. トゥ・ビー・ヤング、ギフテッド・アンド・ブラック
2. ソング・フォー・ユー
3. 溢れ出る愛を
4. ウィ・ニード・ユー・ライト・ナウ
5. サック・フル・オブ・ドリームス
6. 兄弟の誓い
7. イェスタデイ
8. スーパーウーマン
9. フライング・イージー
10. ヴァルデス・イン・ザ・カントリー
11. いつか自由に
12. ニューポ
13. 愛のすべて

アルバムは現在発売中です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/02/16 09:00 ] Babyface Donny Hathaway | TB(0) | CM(0)

Donny Hathaway(ダニー・ハサウェイ) - 『You've Got a Friend』 [Youtube]

偉大なミュージシャンによる、偉大な曲のカヴァー。

ダニー・ハーサウェイは1970年イリノイ州で生を受けました。ニュー・ソウルの代表的な存在であったダニー・ハーサウェイの音楽は、大学でクラシックを学んだという経歴、そしてジャズへの深い知識からなる非常に完成度の高いものです。しかし、なによりもダニー・ハーサウェイその人の持つ繊細さ、これが最も大きな特徴でしょう。

素晴らしいアルバムを何枚かリリースしたあと、僅か33歳にして彼は自殺してしまいます。詳しい原因は分かりませんが、彼の繊細な人柄が影響していることは想像に難くありません。だからなのか、彼の音楽を聴いているととてつもない美しさと同時に、壊れそうな儚さ、脆さというものを感じます。

この曲はシンガー・ソングライターによる史上最高傑作といってよい、キャロル・キングの『つづれおり』の代表的なナンバーです、が、ダニー・ハーサウェイは完全に自分のものにしています。ソウルフルなヴォーカルとスモーキーなオルガンで、素晴らしいソウル・ナンバーとして生まれ変わっています。

そして、なによりも観客との一体感!会場に立ち込める熱気、そして、そこにいる全ての人が安らぎに包まれているのが伝わってきます。

これほど温かく、切ない曲を私は知りません。間違いなく音楽史上に残る名演でしょう。


『Donny Hathaway - You've Got a Friend』



この名曲を収録した名盤がこちら!ダニー・ハサウェイが71年に行ったライヴから、ベスト・パフォーマンスをセレクトしたライヴ・アルバム。 マーヴィン・ゲイの「愛のゆくえ」、ジョン・レノンの「ジェラス・ガイ」や、ヒット曲「きみの友だち」を収録した、ブラック・ミュージックのライヴ・アルバムの中でも最高級の完成度を誇る名盤。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/02/12 09:00 ] Babyface Donny Hathaway | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。