FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BOΦWY Blu-ray COMPLETE (完全限定生産盤) [ロック 名盤]

ファンにはたまらないBOOWY30周年企画!Blu-ray&高音質CD!!




BOOWYの30周年を記念してBlu-rayのボックス・セットがリリースされます。このボックス・セットにはこれまでリリースされた6タイトルが収録されるそうですが、『GIGS at BUDOKAN BEAT EMOTION ROCK’N ROLL CIRCUS TOUR』には、過去未発表の、1986年12月10日の武道館の完全版映像・音源を追加収録されるようです。さらに、ハリウッド大作の修復を数多く手掛けたLAの映像プロダクション、リライアンス・メディア・ワークス社がBlu-ray化を担当したそうで、映像、音質ともにかなりのものになるのではないでしょうか。

私はBOOWYというバンドを気が狂いそうなくらい好きなので、こういったニュースを聞くと“マジか!?”とめちゃくちゃにテンションが上がってしまうのですが、それでも今回のボックス・セットは買うかどうか迷っています。いや、多分買わないでしょう。

アマゾンのレビューでも多くの方が書かれていることですが、EMIの販売方法が酷過ぎるからです。前回『GIGS BOX』が発売されたときにも未発表の映像を少し入れることでファンの購買意欲を誘いながら、その未発表の部分だけをバラで販売することはせず、ボックスを買うしかない状況を作り出していました。今回のBlu-rayボックスでも同様の手口が使われています。初めて登場する映像を見たければ、そのためにボックス・セットを購入するしかなく、それ以外のDVDを全て持っているコアなファンに対する配慮が全く感じられません。値段も約2万円と決して安くないですし、酷いやり方だと思います。

Blu-ray化されることでどれくらい画質、音質の向上が見られるのか分かりませんが、そのためにこれだけの出費は痛いです。またCDはSHM-CD、Blu-spec CD化されますが、それもリマスターに関しては一切記述がないので素材を変えただけなのでしょう。

こういったEMIさんのやり方にはどうしても納得がいきません。どんなものでもBOOWY関連のものなら欲しいと思ってしまうファンですが、EMIさんへの抗議も含めて一切買わないでおこうと思います。

個人的な感情が先走る記事となって申し訳ありませんでした。それでは解説文です。

ロックシーンの伝説 BOØWY の未発表映像・音源含むBlu-ray BOXとBlu-spec CDが12月24日に発売決定!
1982年にレコードデビューしたBOØWY。2012年3月21日に30周年を迎えた。30年アニバーサリーを祝し、彼らのヒストリーを次の世代に伝え るべく、解散宣言から25周年となる12月24日に、これまでの作品を高画質/高音質化し、さらに未発表の映像/音源を追加収録した貴重な作品群が発売決 定!

[リリース 1] Blu-ray BOX
これまでリリースされたDVD6タイトルのブルーレイ化。また、このうち「GIGS at BUDOKAN BEAT EMOTION ROCK’N ROLL CIRCUS TOUR」には、過去未発表の、1986年12月10日の武道館の完全版映像・音源を追加収録する。
『ROCK’N ROLL CIRCUS TOUR』は、BOØWYが日本のロックシーンのみならず音楽マーケット全体で頂点を極めた時期の、ファンの間ではBOØWY史上最高と評されていたライ ブ・ツアー。アルバム「BEAT EMOTION」がオリコンチャート1位を3週連続で記録するという、日本ロック史に残る偉業を達成した直後、彼らが最も充実していた時のビッグ・ギグの 忠実な記録を、高画質Blu-ray Discで!

もともとこのツアーでは、武道館で2度のGIGが行われており、1987年2月24日の武道館のファイナルと、この12月の武道館をミックスして編集した ダイジェスト版がDVD化されていたが、これまで編集の素材としては使われているが、単独では未発表であった1986年12月10日の武道館の“完全版” の音と映像が新たに発掘されたことは、まさに大事件であり、待望の作品だ。
SD画質のBlu-ray化については、現在最高峰の技術レベルを持ち、ハリウッド大作の修復を数多く手掛けたLAの映像プロダクション、リライアンス・メディア・ワークス社が担当する。

また、貴重な写真満載の48ページ予定スペシャル上製本ブックレット付での完全限定版となる。
『BOØWY Blu-ray COMPLETE』[2012年12月24日]
★未発表ライブ含む下記6タイトルのボックスセット(48ページ予定スペシャル上製本ブックレット付き、完全限定生産)

【先着特典】 “1985 LONDON MARQUEE CLUBライヴ 復刻ポスター”(B2サイズ)
※こちらのポスターは折らずに巻いて出荷致します!
※特典は無くなり次第終了となります。
Blu-ray BOX購入者応募抽選プレゼント実施予定(後日詳細発表)
『BOØWY Blu-ray COMPLETE』収録内容

■ BOØWY VIDEO (46分)
BOØWY初の映像作品で、ビデオシューティングの為に行われた1986年5月1日高崎市文化会館(群馬県)でのライヴ2回分を編集したもの。 ※オリジナル発売日 1986/07/02(VHS)

■ “GIGS”CASE OF BOØWY COMPLETE (149分)
1987年7月31日の神戸ポートピア・ワールド記念ホールと、8月7日の横浜文化体育館での2日間行われた4時間にも及ぶライブから収録されている。※オリジナル発売日 1987/10/05(VHS)、その後「GIGS BOX」(2007/12/24)収録のDVDにてコンプリート

■ SINGLES OF BOØWY (45分)
BOØWYの全てのプロモーションビデオに加え、1986年~87年にかけて行われたツアー「ROCK'N ROLL CIRCUS」のライブ映像も収録した初のPV集。※オリジナル発売日 1991/12/24(VHS)

■ “LAST GIGS” COMPLETE (103分)
1988.4.4&5 東京ドームでのラストライブ完全版。※オリジナル発売日 2001/10/27(DVD)、その後DVD「LAST GIGS COMPLETE」(2008/04/05)にてコンプリート

■ 1224 (100分)
1987年12月24日、衝撃の解散宣言がなされた渋谷公会堂の映像。※オリジナル発売日 2001/12/24(DVD)

■ “GIGS” at BUDOKAN BEAT EMOTION ROCK'N ROLL CIRCUS TOUR 1986.11.11〜1987.02.24 (50分+新規映像92分)
※オリジナル発売日(既発表部分) 2004/02/24(DVD)
【新規映像・すべて初収録による完全版(1986/12/10武道館収録)92分】

01. THEME OF SABRINA
02. B・BLUE
03. ハイウェイに乗る前に
04. BABY ACTION
05. RUNAWAY TRAIN
06. BAD FEELING
07. 1994-LABEL OF COMPLEX~DRAMATIC? DRASTIC!
08. RAIN IN MY HEART
09. CLOUDY HEART
10. わがままジュリエット
11. B・E・L・I・E・V・E
12. SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS
13. WORKING MAN
14. DOWN TOWN SHUFFLE
15. JUSTY
16. NO N.Y
17. BEAT SWEET
18. IMAGE DOWN
19. DREAMIN’
20. ホンキー・トンキー・クレイジー
21. BLUE VACATION
22. ONLY YOU

発売は2012/12/24です。








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/11/06 09:00 ] 邦楽 BOOWY | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1170-aa469518









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。