FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Acro Jazz Laboratories(アクロ・ジャズ・ラボラトリーズ)- 『Acro Jazz One』 [ヒップ・ホップ 名盤]

リリース前からシーンの話題を集めていたアクロ・ジャズ・ラボラトリーズの1st、『Acro Jazz One』は予想を上回る名作だった!




Cradle Orchestra/Inheritというジャジー・ヒップ・ホップ・ファンなら絶対に外せないグループの中心的存在のDJ Chikaと、孤高の鍵盤職人Hiroki Mizukamiという衝撃的な組み合わせのアクロ・ジャズ・ラボラトリーズ。実際に彼らのデビュー作『Acro Jazz One』を聴いてみると、単なる2人の足し算では終わらず、そこにマジックが起きてとんでもない化学反応が起こっているのが分かります。

例えば『Back With Another One』。ヘヴィーながらキレのあるいかにもDJ Chikaといったビートに、Hiroki Mizukamiの繊細なタッチのピアノが絡み“ジャジー”という言葉を通り越した美しさをたたえています。アルバムに先駆けて公開されていた『Faithful』もドスンとくるビートとエレピのメロディが素晴らしいですね。インストナンバーですが、同じメロディをループするのではなく、有機的に展開していくピアノがぞくぞくするくらいスリリングで、さらにドラムブレイク、スクラッチが彩りを添えます。とにかくメロディが美しい!さらに同じく先行公開されていた『Wish』。アルバムを代表するナンバーで、スケールの大きな曲調が印象的です。まるでクラシックのような壮大な音世界を体験することが出来ます。この曲もインストですが物語を見ているように感じます。

『Dust Trail』も同じようにピアノの澄み切ったメロディが曲の中心に来ているナンバーですが、ドラムは手数が多く情熱的で、曲もミュージカルのように表情を変えながら展開していきます。

Just Like You』はそれまでの重いビートから一転、サンバのような早いBPMで、爪弾かれるギターとの相性が抜群です。Magnetic North & Taiyo Naによる歌うようなライムもまた曲をより魅力的なものにしています。

There’s No Way』が疾走するオルガンとホーンがブラック・ムーヴィーを彷彿とさせる超ファンキーなナンバーです。こういう曲もばっちりこなしちゃうとこがまた憎いんですよね。

とにかくアルバムどこを切っても美メロというとんでもない作品になっています。それと同時に強調したいのが、ラッパーのメンツです。Nieve, Tunji, Noah King, 強力ラップ・チーム、ライトへディッドのOthello, 先日『In Ya Mellow Tone』で鮮烈なデビューを飾ったSam Ock, Magnetic North & Taiyo Naとジャジー・ヒップ・ホップ界では超有名人がずらりと顔を揃えており、ラップのクオリティも尋常ではありません。どの角度から見ても必聴の作品だと思います。








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1192-b2fe60de









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。