FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ryan Leslie(ライアン・レズリー)- 『Les Is More』 [ソウル 名盤]

ライアン・レズリーの新作はラップ・アルバム!


【送料無料】【輸入盤】 Les Is More [ Ryan Leslie ]

【送料無料】【輸入盤】 Les Is More [ Ryan Leslie ]
価格:2,115円(税込、送料別)



ライアン・レズリーの新作が登場!今年の頭にそんなニュースが飛び込んできて、実際『Beautiful Life』と『Glory』という2曲が先行公開され、そのクオリティの高さで新作への期待が高まっていたのですが、その後いっこうに新作のニュースが入ってこずヤキモキしていましたが、ここにきて遂に正式なリリース日程が決定したようです。

ただ、ライアン・レズリーという人のことを考えたときにいつも頭に浮かぶのは、“日本のリスナーで彼の新作を心待ちにしている方はそれほどおられるのでしょうか”ということです。そんなことが頭をよぎってしまうくらいライアン・レズリーの日本での評価は本国アメリカと比べると低いのです。

アメリカでは『Diamond Girl』や『Addiction』などといった数々のヒット曲を手掛け、また自身も2枚の素晴らしいアルバムをリリースし、R&B界で名を轟かす存在で、このブログでも彼の2ndアルバムである『Transition』をレビューさせていただきましたが、その完成度の高さは聴き逃すことが許されないものだと断言できます。新作がラップ・アルバムということで、この作品を機に日本でもブレイクすることを強く望みます。

1月の記事で紹介させていただいた2曲以外に、新作から3曲が公開されているのでそれを紹介させていただきます。まずは『Good Girl』。この曲は洗練されたアーバン・ソウルといった趣のサウンドで、『Transition』の延長線上にある音楽性です。ライアン・レズリーのラップはお世辞にも上手いといえるものではありませんが、なかなか味がありますね。

5 Minute Freshen Up』はもう少しヒップ・ホップ寄りになっていて、ビート感が増しています。早回しネタはカニエ・ウェストを連想させますね。

最後にもう一曲、『Dress You To Undress You』は美しいヴォーカルのメロディが際立つ名曲です。ねっとりとしたギターとともにラップが入り、サビではファンクっぽいシンセも入り、なかなか面白い曲ですね。

前回このアルバムについて“期待”できると書きましたが、今回の3曲を聴いて正直少し興味を失いました。まずやはりライアン・レズリーのラッパーとしてのスキルがイマイチなこと。ヘタウマもいいのですが、トラック、そしてヴォーカルの完成度が高過ぎて、どうしてもラップとのクオリティの差が目立ってしまいます。また、上昇志向丸出しの歌詞、PVにも正直げんなりさせられました。そういうイメージをライアン・レズリーに求めていないですし、そういったものなら巷に溢れているのでわざわざ彼がやる必然性が感じられないのです。

『Dress You Undress You』のイントロ部分のメロディ、ヴォーカルの完成度があまりにも高く、どうせならこういった感じで一枚作ってくれた方が良かったなと思ってしまいました。

それでは解説文を。

Bad Boy総帥、ディディのマネージメントの元、キャッシーを始め多くのアーティストをブレイクさせ、自身もソロ・アーティストとして2枚のアルバムを発表、「Diamond Girl」や「Addiction」等のヒットを飛ばした天才プロデューサー、ライアン・レズリー。

マルチ・インストゥルメンタリストっぷりを発揮した独特の煌びやかでスペーシーなシンセ・サウンドとグルーヴィーなビートが人気の彼が放つ3rdアルバム『Les Is More』は、なんとラップ・アルバム。 しかもトラックリストを見れば、ゲストはラッパーのファボラスのみというシンプルな構成です。 そう言えば前作『Transition』発表の時、ファボラスとユニットを組むと発言しておりましたが、 今回の彼の客演はその流れなのかも...。

さて、待望のニューアルバム『Les Is More』は全編ラップに挑戦したアルバムとはいえ、 メロディアスなフック部分を自身で歌っており、ラッパーが客演しているのが普通になった現行シーンを考えれば、R&Bファンにも十分楽しめる内容。また、良い意味で何でもやりたがりなライアンの探究心や好奇心を存分に満たした企画盤ではないでしょうか。

さらに、続編となる『Les is More 2: Les is Even More』のリリースが来年に控えているそうでジェイ・エレクトロニカやレイクウォンとの共演曲を収録する予定とのこと。 そちらも楽しみ!!

トラックリスト
1. Glory
2. Beautiful Lie
3. Good Girl
4. 5 Minute Freshen Up
5. Dress You to Undress You
6. Maybachs & Diamonds
7. Swiss Francs 8. Ups & Downs (Prelude)
9. Ups & Downs
10. Ready or Not
11. Lovers & Mountains
12. The Black Flag
13. Joan of Arc
14. Beautiful Lie (Remix) feat. Fabolous

アルバムは現在発売中です。








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/11/22 09:00 ] ソウル Q~T Ryan Leslie | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1196-4bb2d489









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。