FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Pretenders(ザ・プリテンダーズ)- 『The Singles(ザ・グレイト・プリテンダーズ)』 [ロック 名盤]

英国を代表するバンド、プリテンダーズのベストが廉価再発!




ブリティッシュ・ロック史に確固たる地位を築いているバンド、プリテンダーズ。元NMEの編集者であったクリッシー・ハインドを中心に結成されたプリテンダーズは、クリッシー・ハインドの中性的なヴォーカルと、タイトな演奏、そして簡潔でメロディアスな曲で1980年のデビュー作『Pretenders』で一気に人気を獲得しました。

以後2008年の『Break Up The Concrete』まで実に10枚以上の作品をリリースしていますが、未だに音楽に対する真摯な姿勢にぶれはありませんし、クリッシー・ハインドのヴォーカルも全く衰えを感じさせない格好良さです。

今回再発されるのは1987年に発売されベストで、彼らの初期の魅力を存分に楽しめる好盤です。個人的には『ストップ・ユア・ソビン』と『愛しのキッズ』というメロディアスでありながらソリッドなロック・ナンバーがたまらなく愛おしいです。この2曲にプリテンダーズの魅力が凝縮されていると言っても過言ではないでしょう。2000年に『グレイテスト・ヒッツ』も発売されていますが、疾走感や清々しさといったところでは今回再発されるアルバムの方が上でしょう。

それでは解説文を。

『ザ・グレイト・プリテンダーズ(シングルズ)』
英国ロック界の強く凛々しき首領、クリッシー・ハインド率いるプリテンダーズの10年に及ぶ歩みを総括する、シングル・コンピレーション・アルバム!

英国ロック界の強く凛々しき首領、クリッシー・ハインド率いるプリテンダーズの歩みを総括する、シングル・コンピレーション・アルバム。

曲目リスト
1. ストップ・ユア・ソビン
2. 愛しのキッズ
3. 恋のブラス・イン・ポケット
4. トーク・オブ・ザ・タウン
5. アイ・ゴー・トゥ・スリープ
6. デイ・アフター・デイ
7. メッセージ・オブ・ラヴ
8. チェイン・ギャング
9. ミドル・オブ・ザ・ロード
10. 2000マイルズ
11. ショウ・ミー
12. ラヴ・アンド・ヘイト
13. ドント・ゲット・ミー・ロング
14. ヒム・トゥ・ハー(聖歌)
15. マイ・ベイビー
16. アイ・ガット・ユー・ベイブ

発売は2012/12/5です。








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/11/29 09:00 ] Mystery Jets The Pretenders | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1201-fe2c391d









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。