FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Who(ザ・フー)- 『Studio Albums(スタジオ・アルバムス)』 [ロック 名盤]

ザ・フーの11枚組ヘヴィウェイト・ヴァイナル・ボックス!





ロック界に大きな足跡を残したバンド、ザ・フー。そんな彼らの残したスタジオ・アルバム11作品が2012年の最新リマスター、ヘヴィ・ウェイト・ヴァイナル使用で再発されます。

My Generation』でキッズの圧倒的な支持を得るモッズ・バンドとしてデビューし、以後はハード・ロック、ロック・オペラといった作品をリリースしていった彼ら。そんな全てがしっかりと網羅されているこの作品はファンにとってはお宝と言っていいでしょう。

ピート・タウンゼントの独特の音色のギターと文学的な歌詞、ロジャー・ダルトリーのエネルギッシュなヴォーカル、ジョン・エントウィッスルの裏方的でありながら高い技術と豊かな創造性に裏付けられたベース・プレイ、そしてとにかく派手で破天荒な、本人の性格そのままのキース・ムーンのドラム。それぞれが素晴らしいミュージシャンであり、そんな4人が集まって自分たちの音楽を一つ上の次元に押し上げようとして四苦八苦していたバンド。だからこそザ・フーのアルバムはどれもこれほど輝いているのでしょう。

ヘヴィー・ウェイト・ヴァイナルとなると購入対象者はかなりげんていされるのかもしれませんが、高音質を求めるリスナーにはたまりませんよね。それでは解説文を。

ザ・フーのスタジオ・アルバム11作を2012年最新リマスターかつヘヴィウェイト・ヴァイナル(重量LP)仕様で復刻した超限定コレクターズ・ボック ス!『My Generation』 (1965)、『A Quick One』 (1966)、『The Who Sell Out』 (1967)、『Tommy』 (2枚組) (1969)、『Who’s Next』 (1971)、『Quadrophenia』 (2枚組) (1973)、『The Who By Numbers』 (1975)、『Who Are You』 (1978)、『Face Dances』 (1981)、『It’s Hard』 (1982)、『Endless Wire』 (2枚組) (2006)の11作を収録。

発売は2012/12/4です。










関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/11/30 09:00 ] ロック U~Z The Who | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1203-90fa82c6









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。