FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Salsoul Orchestra(サルソウル・オーケストラ)- 『Magic Journey(マジック・ジャーニー)』etc... [ソウル 名盤]

洗練されたディスコ・サウンド、サルソウル・オーケストラの名盤が再発!




70年代から80年代のクラブ・シーンを牽引した名レーベル、サルソウル。洗練されたソウルと、ディスコ・ビートの融合が気持ちいい作品を多数リリースしています。

そんなサルソウルの看板アーティストであるサルソウル・オーケストラの6作品がリイシューされます。どの作品もリズムに乗って踊りたくなる曲が満載です。年末の気分を盛り上げるのには最適ではないでしょうか。

全て発売は2012/12/19です。それでは解説文を。

サルソウル・オリジナル・リイシュー第5弾として、サルソウル・クラシックス計6タイトルが一挙リリース。本作は、ヴィンス・モンタナ・Jr.が指揮をとる40人近い大編成のザ・サルソウル・オーケストラが1976年にリリースしたセカンド・アルバム。






本作はロレッタ・ハロウェイをヴォーカルにフィーチャーした、サルソウルを代表する名曲「Run Away」を収録。サルソウル・オーケストラを代表する名盤として名高い1枚。






本作は当時TVで大ブレイクした人気タレント、チャロのデビュー・アルバム。サルソウル・オーケストラがバックを務めたことでも人気のアルバム。






本作は、コニャックをヴォーカリストに起用した1978年発表のアルバム。






本作は、ヴィンス・モンタナ・Jrの跡を継いでトム・モウルトンがリーダーとして1979年に発表した人気アルバム。






本作は1982年に発売された、ザ・サルソウル・オーケストラ名義では最後のアルバム。






関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/12/13 20:00 ] ソウル Q~T Salsoul Orchestra | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1259-598c1a89









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。