FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

New Order(ニュー・オーダー)- 『Lost Sirens(ロスト・サイレン)』 [ロック 名盤]

本邦初公開となる未発表曲収録!


New Order ニューオーダー / Lost Sirens (+CD) 【LP】

New Order ニューオーダー / Lost Sirens (+CD) 【LP】
価格:2,195円(税込、送料別)



最早ニュー・オーダーを語る際に、“ジョイ・ディヴィジョン”という単語を使う必要もない、それくらいニュー・オーダーというバンドはポピュラリティーを獲得しています。1981年に『セレモニー』でデビューして以来、ダンスとロックの融合という音楽性で高い支持を集めてきた彼ら。しかし、同時にメンバー間でのトラブルも多く、活動休止や解散などバンドの状態も不安定で、ファンをやきもきさせています。

今回発売されるのは、2005年にリリースされた『WAITING FOR THE SIREN'S CALL』からのアウトテイク集ということで、2007年にはメンバーの一人であるピーター・フックが「ニュー・オーダーは解散した」と語ったということもありますし、(2011年に別のメンバーを加えて復活)、ニュー・オーダーとしては最後の作品となっているので、そのアウトテイクは基調ですね。

それでは解説文を。

昨年リリース予定ながらも諸事情によりリリースが延期となっていたNew Orderの未発表曲収録EP『The Lost Sirens』のリリースが決定!
早くからその存在がファンの間で囁かれていたにも関わらず、未だ発売されることの無かったニュー・オーダーの『THE LOST SIRENS』。

サマーソニックでの感動的なライヴの興奮が冷めやらぬ中、遂にその発売が正式発表された! ここに収録されているのは、2005年に発売された『WAITING FOR THE SIREN'S CALL』のレコーディング・セッションのアウトテイク集。その中の1曲、「Hellbent」は2011年に発売された『TOTAL』に収録されている が、他の7曲は全て今作が本邦初公開となる未発表曲。

マスタリングはアビー・ロード・スタジオでFrank Arkwrightが担当。 アートワークはJOY DIVISIONの『PERMANENT』やNEW ORDERの『REPUBLIC』、『TOTAL』を手掛けたStudio Parris Wakefieldが担当している。
(メーカーインフォメーションより)

収録曲
【DISC1:LP】
-SIDE A-
1. Stay With You
2. Sugarcane
3. Recoil
4. Californian Grass (Doomy)
-SIDE B-
1. Hellbent
2. Shake It Up
3. I've Got A Feeling
4. I Told You So

【DISC2:CD】
1. Stay With You
2. Sugarcane
3. Recoil
4. Californian Grass (Doomy)
5. Hellbent
6. Shake It Up
7. I've Got A Feeling
8. I Told You So

発売は2013/1/15です。





1CDヴァージョンもリリースも決定!LP+CDの完全生産盤に続き、CDのみのリリースも決定しました!収録内容は同じとなります。






そしてこちらが現在の最終作です。 キラーズ。インターポール。フランツ・フェルディナンド。いずれもニュー・オーダーに影響されることがなければ、カントリー&ウエスタンのアルバムを作っていたかもしれない。1980年に母体のジョイ・デヴィジョンが終焉を迎え、このイギリスのシンセ・ポップの4人組はポピュラー音楽の方向を変えようと絶えず努力してきた。最初は見込みがなさそうだったが創意工夫に富んだ「Blue Monday」や「True Faith」をヒットさせた。25年間続けてきたニュー・オーダーは今でも生き生きと精彩を放っている。オリジナルとしては8枚目となるこのアルバムは、揺れるメロディがわき起こり、ピーター・フックのどっしりしたベース・ラインに支えられ、バーナード・サムナーの細いがエモーショナルな声が絡んで、「Krafty」「Dracula's Castle」のようにわくわくするような新しい曲を生みだしている。








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/01/14 09:00 ] Mystery Jets New Order | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1272-9063b605









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。