FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Strokes(ザ・ストロークス)- 『Comedown Machine(カムダウン・マシン)』 [ロック 名盤]

再び輝きを取り戻したストロークス、2年ぶりの新作発売が決定!




ストロークスの新作が登場です!2001年に彼らのデビュー作、『Is This It』を聴いたときは本当に衝撃を受けました。“これまでにない新しい音楽”という訳ではなかったのですが、サウンドの熱さとセンスの良さに完全にぶっ飛ばされました。

その後、ホワイト・ストライプスやリバティーンズといったバンドを巻き込んで、“ガレージロック・リバイバル”というムーヴメントへ繋がっていくのですが、ストロークスの1stは、そんな大きなムーヴメントが生み出されるに相応しいインパクトを持っていました。

しかし、その後のストロークスは良質な作品は作り出すものの、1stのインパクトを超えられずにいて、かなり苦しんでいるように見えました。2009年にはヴォーカルのジュリアンがソロ・アルバムをリリースして、“いよいよストロークスもお終いかな”と思っていたのですが、2011年に起死回生の作品、『Angles』をリリースし、ストロークスがまだ終わっていないことを証明してくれました。

そんな『Angles』から2年。再び勢いを取り戻したストロークスはどんな作品を届けてくれるのでしょうか?そんな期待を持って現在公開されている『One Way Trigger』を聴いてみると、これまでとかなり音の方向性が変わっていてびっくりさせられました。しかし、これはいい!これまでのザラザラした手触りの、荒々しいロックンロールから、メロディアスでソフィスティケイトされたロックンロールへと生まれ変わっているのですが、決して守りに入ったという訳ではなく、音楽に対する熱い思いはビンビン感じます。そして何よりも、音楽をやる喜びというのが曲全体に溢れています。これは新作は相当期待できると思います。早く聴きたい!

それでは解説文を。

2001年、歴史的名盤『Is This It』によって"ロックンロール・リヴァイヴァル"ムーブメントを象徴する存在として新たな「基準」と「時代」("モダン・エイジ")を造り上げたStrokes。 約2年振り、通算5作目となるニュー・アルバム『Comedown Machine』のリリースが決定!

2006年までの3作と2011年発表の前作『Angles』、そのすべての作品で創り上げてきたサウンドをさらに進化させた最強の完成形といえる内容になっているとのこと。

すでに公式サイトで無料ダウンロード配信されている「One Way Trigger」はStrokesらしいメロディでありながらもこれまでのStrokesとは雰囲気が違うサウンドで驚きです!なお、アルバムからの1stシングルは「All The Time」となる予定です。

発売は2013/3/27です。








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/03/11 09:00 ] The Skids The Strokes | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1319-723db974









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。