FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Grammy Awards 2013: Bruno Mars - Sting - Rihanna - Ziggy Marley - Damian Marley [Youtube]

先日LLクールJの2013年グラミー賞でのパフォーマンスについて書かせていただきましたが、同じグラミーの舞台でのパフォーマンスをもう一つ紹介させていただきます。

ブルーノ・マーズ、スティング、リアーナというメンバーです。ブルーノ・マーズといえばデビュー作『ドゥー・ワップス&フーリガンズ』が、第54回グラミー賞6部門ノミネイトという大成功を収め、さらに2012年に発売された2nd、『アノーソドックス・ジュークボックス』も爆発的なヒットを飛ばしている、ノリに乗っているアーティストですが、出だしのパフォーマンスでその勢いを感じさせます。

バック・ミュージシャンも含め、ダンスをしながらの演奏が最高にクールでめちゃくちゃ盛り上がるんですよね。ザッツ・エンターテイメント!曲もキャッチーで最高です!

その盛り上がったなかサプライズで登場するのがスティング!観客のどよめきのなかブルーノ・マーズの曲を歌う姿に鳥肌がたちます。そして曲はポリスの名曲『Walk On The Moon』!最高!

さらにリアーナが登場し、最後はボブ・マーリーの『Could You Be Loved』になだれ込み、ジギー・マーリーやダミアン・マーリーが登場するという完璧な構成!難しいこと抜きにとにかく盛り上がれる内容です。これがグラミー賞のいいところですよね。


Grammy Awards 2013: Bruno Mars - Sting - Rihanna - Ziggy Marley - Damian Marley

関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/02/24 20:00 ] Babyface Bruno Mars | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1332-b4962bc3









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。