FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Flaming Lips(ザ・フレーミング・リップス)- 『Terror(テラー)』 [ロック 名盤]

4年振りとなるフレイミング・リップスの新作、『The Terror』が登場!




83年に活動を開始したオクラホマのバンド、フレイミング・リップス。当初はサイケデリックでいかにもインディーズ・バンドという音を出していたのですが、次第にドリーミーなポップ・サウンドを展開し始め、99年のアルバム『The Soft Bulletin』でポップの桃源郷ともいえるサウンドに辿り着き、自分たちのスタイルを確立するとともに、シーンを代表するアーティストとなりました。

私自身も『The Soft Bulletin』で完全に打ちのめされたリスナーで、特にオープニング・ナンバーである『Race for the Prize』の素晴らしさには度肝を抜かれました。未だにフレミング・リップス史上最高の1曲だと思っています。ちなみにこのアルバムはNME紙の年間ベスト・アルバムに選出されています。

そして前作となる2009年の作品、『Embryonic』はフレミング・リップスとしては初めてのビルボード・トップ10に入るヒットとなりました。また同年、元々は2010年にレコードでリリースしていた、あのピンク・フロイドの歴史的名盤『狂気』をまるまるカヴァーしたアルバム、『The Flaming Lips and Stardeath and White Dwafs with Henry Rollins and Peaches Doing The Dark Side of the Moon』をリリースし大きな話題となりました。

そんな流れを受けての本作、ノリに乗っているフレイミング・リップスの勢いを感じられるものになるのではないでしょうか。

発売はx2013/4/17です。








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1348-2569be73









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。