FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

T. Rex(T.レックス)- 『Slider(スライダー)』 [ロック 名盤]

グラム・ロックの雄、T.Rexの最盛期の作品『スライダー』がデラックス・エディションで再発!




68年に“ティラノザウルス・レックス”としてデビューした彼らは、当時は2人組のフォーク・ロック・デュオでした。アシッド・サイケとでも呼ぶべき独特の音色を持つティラノザウルス・レックスの音楽は熱狂的なファンを獲得していましたが、それはあくまで好事家の間でのことでした。それが70年、突如バンド名を“T.Rex”に変更し、またメンバーも4人組、そしてなりよりもエレキギターを使うことで音楽性を一変しました。

それまでのフォーク・ロックのスタイルのファンからは強い反発を受けたものの、このT.Rexの新たな音楽性はドキツいヴィジュアルと怪しげでグラマラスなサウンドでリスナーに衝撃を与えました。また、同時期に活躍していたロキシー・ミュージックやデヴィッド・ボウイらと“グラム・ロック”と呼ばれるムーヴメントの中心的な存在として認識されていくことになります。

70年の『T.Rex』で新たな方向性を示したT.Rexが、いよいよそのポテンシャルを発揮したのが翌年にリリースされた『電気の武者』でしょう。この作品はT.Rexの最高傑作として挙げられることの多い、ボラン・ブギーの魅力を堪能できる名盤です。そして72年にリリースされたのが今回紹介させていただく『スライダー』です。T.Rexの勢いはこの2作がリリースされた時期を頂点と考えて間違いないと思います。

『スライダー』で素晴らしいのは、まずはジャケット!親交の深かったリンゴ・スターが撮影したもので、粒子の粗いモノクロの写真が強いインパクトを残します。私が初めてこのアルバムを買ったのは高校生のときでしたが、今でも初めてこのジャケットを見たときのことを忘れません。

そしてサウンドは、T.Rexの音楽で重要な役割を担ってきたトニー・ヴィスコンティが今作でも大活躍をしています。それまでも彼がストリングス・アレンジを行ってきたのですが、今作ではこれまでにないくらいのスケールでストリングスが使われています。

ただ、何よりも、T.Rexの魅力といえばマーク・ボランの書くキャッチーなメロディとメタリックなブギーでしょう。それは大ヒットした『Metal Guru』や『Telegram Sam』を始めとして、『Baby Strange』、『Chariot Choogle』などで堪能することができます。

また、『Rock On』や『The Slider』、『Baby Strange』での“ボラン・ブギー”といわれる独特のギター・ブギーや、『Buick Mackane』での激しいギター・プレーもT.Rexの魅力の重要な要素です。布袋寅泰さんはマーク・ボランに憧れてギターを手にしたとおっしゃられていました。

さらには『Mystic Lady』や『Spaceball Ricochet』といったアコースティック・サウンドの曲も収録されていますが、ティラノザウルス・レックス時代のサウンドとは全く異なったものとなっており、バンドの進化を感じます。

アルバムを聴き返してみて、改めてT.Rexが特異なバンドであったことを痛感させられました。マーク・ボランの書く独特のメロディ、ヴォーカル、ギター・サウンド、そしてそこにかぶせられる黒人ヴォーカルやストリングス。すべてが溶け合ってT.Rexとしか言いようのない、真にオリジナルなものが生み出されているのです。音楽的なクオリティも非常に高いと思います。グラム・ロックというとどうしてもキワモノとして受け取られることも多いのですが、単純に素晴らしい音楽としてより多くの方に聴いていただければと思います。

発売は2013/5/22です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1415-130d2cd4









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。