FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Smashing Pumpkuns(スマッシング・パンプキンズ)- 『Tonight, Tonight』 [Youtube]

スマッシング・パンプキンズを代表する名曲『Tonight, Tonight』


2000年の解散後、2006年に再結成を果たし、2012年には新作をリリースしたスマッシング・パンプキンズ。そんなスマパンが時代のど真ん中にいたのは間違いなく95年の『メロンコリーそして終わりのない悲しみ』がリリースされた辺りでしょう。それまでに『ギッシュ』と『サイアミーズ・ドリーム』というオルタナを代表する作品をリリースし、かなり知名度は高くなっていましたが、この『メロンコリーそして終わりのない悲しみ』で遂に“スマッシング・パンプキンズ』というバンドの全貌が明らかになったと言っていいでしょう。

2枚組でありながら一千万枚近いセールスを記録したモンスター・アルバムであり、それまでのオルタナという括りには収まらないバンドの様々な面が現れたアルバムとなりました。

そのアルバムの中で私が最も好きな曲が今回紹介させていただく『Tonight, Tonight』です。ビリー・コーガンと並んでバンドを引っ張っていたジミー・チェンバレンのドラムが非常に印象的な空気を作り出すイントロ部分から、一気に音数が落ちてビリーのヴォーカルがそっとメロディを奏で、次第に温度が上がっていきサビで爆発するこの展開!そしてストリングスとドラムが絡み合う至上の時間!とにかくドラムの迫力とかっこよさがたまりません!

正直ビリーの声には好き嫌いが分かれるかもしれませんが、このメランコリックでドリーミーな曲の魅力はそんなことを無にしてしまう凄さがあります。オルタナやハード・ロックな部分ばかりが取り上げられがちですが、こういったロマンティックな部分もスマッシング・パンプキンズの大きな魅力です。


『The Smashing Pumpkins - Tonight, Tonight』



今回紹介させていただいたスマパンの名曲が収録されたアルバムがこちら!スマッシング・パンプキンズ最大のヒット・アルバムのリイシュー!1995年発売の2枚組アルバムで、全米アルバム・チャート1位を獲得。セールスもアメリカのみで1,000万枚近くを記録している。グラミー賞でも7部門にノミネートされた最大のヒット作。初のデジタル・リマスター。CD2枚組28曲収録/歌詞対訳付。








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/06/19 09:00 ] Youtube | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1418-ef4a9c5e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。