FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Brunswick(ブランズウィック) [ソウル 名盤]

マジか!?グルーヴィーなソウルで名作を多数リリースした“ブラウンズウィック”のカタログが大量再発!!


Barbara Acklin / Love Makes A Woman +1 【CD】

Barbara Acklin / Love Makes A Woman +1 【CD】
価格:1,890円(税込、送料別)



これは本当に嬉しい!バーバラ・アクリン、シャイ・ライツ、タイロン・デーヴィスなど数々のソウルの名盤を世に送り出してきた、ソウル・オブ・シカゴ、ブラウンズウィック・レコードのカタログが3年にわたって100タイトル以上再発されるとのことです!これは凄い!凄過ぎる!!

フリー・ソウルやレア・グルーヴと出会ってから、様々なソウル・ミュージックを聴き始めた私にとって、ブラウンズウィックという名前は相当に胸をワクワクさせるものなのです。

一般的にはモータウンやカートムといったレーベルと比べると知名度は低いですが、中身は遜色ありません!看板アーティストであるバーバラ・アクリンはグルーヴィなソウルの名曲をいくつも残していますし、シャイ・ライツはノーザン・ソウルを代表するコーラス・グループです。

さらにジャッキー・ウィルソンやタイロン・デーヴィス、ヤング・ホルト・トリオなど渋いソウルもありますし、レア・グルーヴの定番ストラットの『Time Moves On』もあります。これら挙げさせていただいたのはほんの一部ですので、これからの再発のニュースを楽しみにしていて下さい!

それでは解説文を。

シャイ・ライツ、ヤング・ホルト・トリオ、ジャッキー・ウィルソン、バーバラ・アクリンなどを輩出したシカゴ・ソウルの名門、ブランズウィック・レコード の全カタログからオリジナル・アルバム、編集盤を3年にわたって順次リリースするシリーズが発足。不滅の名盤から初CD化のレア音源まで全100タイトル 以上の豪華ラインナップ!
◆最新デジタル・リマスタリング
◆生産限定盤
◆新規解説付
◆各タイトル¥1,890(税込)
◆企画協力:高橋道彦

まずは2013/6/5に再発されるラインナップを!名盤がゴロゴロ!どれを買うか悩みどころですね。

不朽の名曲「キャン・アイ・チェンジ・マイ・マインド」(ソウル首位/全米5位)を収録したシカゴ・ソウルの雄、デビュー盤 シカゴ・ソウルの雄、タイロン・デイヴィスのデビュー盤で、カール・デイヴィスが設立した新レーベル、ダカーにとっても記念すべき初アルバム。サム・クックやエディ・フロイドのカヴァーを含み、「ア・ウーマン・ニーズ・トゥ・ビー・ラヴド」はボビー・ブランド流儀だ。そして当初、そのB面だったのがソウル首位/全米5位まで駆け上がった不朽の名曲「キャン・アイ・チェンジ・マイ・マインド」。デビュー作ならではの若さが弾ける。





アルバム・タイトル曲がソウル3位/全米15位となる大ヒットを記録!歌姫バーバラ・アクリンの初アルバム シカゴ・ソウルを代表する歌姫バーバラ・アクリンの初アルバム。ブランズウィックのプロデューサー、カール・デイヴィスの秘書として働きながらデビューするチャンスを窺ったという経歴は、モータウンのマーサ・リーヴスを思わせる。このデビュー盤からはアルバム・タイトル曲がソウル3位/全米15位となる大ヒットを記録。お気に入りのバート・バカラック=ハル・デイヴィッド作品も溌剌と歌いこなす。





ソウル首位/全米6位に輝いた「ハイヤー・アンド・ハイヤー」ほか、ジャッキー流ノーザン・ソウルの完成形 84年に『スリラー』でグラミー賞を総ナメにしたマイケル・ジャクソンは、受賞スピーチのなかでウィルソンの功績を大きく讃えた。ひと呼んで“ミスター・エキサイトメント”。ベリー・ゴーディーJr.とも縁深い、デトロイト出身、ショービズの巨星ウィルソンが、シカゴ・ソウルを完璧にこなした代表作。ソウル首位/全米6位に輝いた「ハイヤー・アンド・ハイヤー」をはじめ、ジャッキー流ノーザン・ソウルの完成形がほとばしる。高揚感に満ちた歴史的な1枚。





シカゴ・ソウルの名門、ブランズウィック・レコードのカタログ・リイシュー第1期がスタート。本作は、ザ・シャイ・ライツの最大のヒット曲「オー・ガール」を収録した1972年リリースのアルバム。とろとろに甘い「ラヴ・イズ」やマーヴィン・ゲイのカヴァー「インナー・シティ・ブルース」など、コーラスも鉄壁な一枚。





「アム・アイ・ザ・セイム・ガール」を収録、“ウィンディ・レディ”ソウルとしてのキュートな魅力あふれるセカンド・アルバム スウィング・アウト・シスターのカヴァーでもお馴染みの「アム・アイ・ザ・セイム・ガール」を収録したセカンド・アルバム。バーバラはジャッキー・ウィルソン「ウィスパーズ」やシャイ・ライツ「ハヴ・ユー・シーン・ハー」の作者のひとりでもあり、ソングライター(おもに作詞)としての才能も確かだが、ここではシンガーとして魅力が全面開花。“ウィンディ・レディ”ソウルとしてのキュートな魅力に満ちている。





全米ソウル・チャート8位、ビヨンセ「クレイジー・イン・ラヴ」で知名度を上げた「アー・ユー・マイ・ウーマン?」収録の2作目 新録音に69年のデビュー盤音源も加えて更なる充実を図ったセカンド・アルバム。ビヨンセの「クレイジー・イン・ラヴ」で大胆に使われて圧倒的に知名度を増した「アー・ユー・マイ・ウーマン?」(全米ソウル・チャート最高8位)や「ギヴ・イット・アウェイ」(ソウル10位)などを収録。大ブレイク前夜、勢い全開となった“シカゴの灯”が、希望に満ちたソウル新時代を明るく照らす。





「ハヴ・ユー・シーン・ハー」(ソウル首位/全米3位)他シングル4曲を収録。初のミリオンセラー獲得、シャイ・ライツの名声を決定づけた代表作 語り入りのシカゴ産スウィート・ソウル超名曲「ハヴ・ユー・シーン・ハー」(ソウル首位/全米3位)を収録。同時に「(フォー・ゴッド・セイク)ギヴ・モア・パワー・トゥ・ザ・ピープル」における、大先輩カーティス・メイフィールド譲りのメッセージ性も見逃せない。時代を映し出したこの2曲の大ヒットをはじめ四つのシングル曲を収録し、初のミリオンセラーとなってシャイ・ライツの名声を決定づけた代表作。





JB以上にグルーヴィなワン・コード・ファンクは、アフロ・ビート、ブラジリアン・バイリ・ファンキ好きにも! スティーヴィ・ワンダーのドラマーや、モータウン勢のツアーでバンマスを務めたのちにダカー入り。ワン・コードで延々と攻める彼のファンクは、JB以上にグルーヴィ。金太郎飴的な拘りも、ロジャー・トラウトマンに負けず劣らず。フェラ・クティや現代の(ネオ・)アフロ・ビート、それにブラジリアン・バイリ・ファンキ好きにもぜひ聴いてほしい。ボハノンこそ“いつ聴くの?”“いまでしょ”の筆頭アーティスなのだ。





モッド・ジャズの名曲「ワック・ワック」収録、ラテン・ジャズやブーガルー的な躍動感も見事なソウル・インストの人気盤 ラムゼイ・ルイス・トリオ出身のアイザック“レッド”ホルト(ドラマー)とエルディー・ヤング(ベース)のふたりが、ピアノにドン・ウォーカーを加えて新グループを結成。掛け声をはじめ遊び心を満載してモッズ・シーンでも愛された、いわゆるモッド・ジャズの名曲「ワック・ワック」を筆頭に、ラテン・ジャズやブーガルー的な躍動感も見事に展開。ビートルズのカヴァー「イエスタデイ」もユニークでキャッチー。







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/06/04 09:00 ] Babyface Brunswick | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1438-ea6e9361









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。