FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TLC 20 ~20thアニヴァーサリー・ヒッツ~ [ソウル 名盤]

ガールズR&Bグループの金字塔=TLC、デビュー20周年記念アルバム登場!




TLC、、、懐かしい響きですね。

90年代後半には間違いなく最強のガールズ・グループだったTLC、そんな彼女たちもデビュー当初のTLCはニュージャック・スウィンの影響も感じられる初々しいサウンドで、500万枚の売り上げを記録した92年のデビュー作『Oooooohhh...On The TLC Tip(エイント・2・プラウド・2・ベッグ)』に収録されたTLCの記念すべき1stシングル『Ain’t 2 Proud 2 Beg』は、レフトアイのラップを含めて彼女たちの怖いもの知らずの若々しさが弾けるナンバーです。今回のベストにも収録された『What About Your Friends』も似た傾向の曲ですね。

少女から大人への過渡期が見事に芸術として昇華されたのが、続いてリリースされた94年の『CrazySexyCool』です。このアルバムは1,000万枚以上を売り上げ、グラミー賞も獲得しました。当時、私はアメリカに留学していたのですが、TLC人気はもの凄いものがあり、特にこのアルバムからシングル・カットされた『Waterfall』は、テレビ、ラジオ、友人の家でも聴かない日はないというぐらい、かかりまくっていました。ゆったりとしたテンポのなかに、ソウルのとろけるような旨味がスタイリッシュに凝縮されており、時代を超えた名曲です。また、アルバムからの1stシングルとなった『Creep』も当時のTLCの勢いが感じられるクオリティの高いもので、派手ではないのですが、じわじわと染みてきて、気がつくと何度も繰り返し聴いているという中毒性のがあるのです。聴いていてとにかく気持ちがいい!

トップ・グループとなっての新作がどのようなものになるのか、世界中が注視するなか99年にリリースされたのが『Fan Mail』でした。このアルバムからの1stシングル『No Scrub』は先鋭的な音作りで、少女を脱皮して本物のアーティストとして活動していくというTLC決意を感じたのをよく覚えています。そしてアルバムからの2ndシングル『Unpretty』。アルバムに収められた他の曲とは違い、アコースティック・ギターを中心に組み立てられた爽やかなナンバーで、超ポップなメロディとともに癒しに溢れています。歌詞も、自分を可愛いと思うことが出来ずに苦しんでいる女の子たちへの応援歌という内容です。

しかし、その後はT-ボズの病気や、メンバー間の確執などがあり思ったような活動ができないなか、02年にレフトアイが交通事故でこの世を去り、TLCの歴史は幕を閉じてしまいました。彼女の死後、録音されていたマテリアルを使いリリースされた『3D』は、それまでの作品ほどの成功を収めることはできず、TLCの名前もフェードアウトしていってしまいました。

しかし、昨年の9月にチリがテレビ番組に出演した際、“13年に新作をリリースする”といった趣旨の発言をし、また10月にはStoosheというグループが『Waterfall』をカヴァーし、そのPVにチリとT-ボズが特別出演し話題となりました。さらに、今年はいくつかのフェスへの出演も決定しておりいよいよ本格的にカムバックの予感です。

そんなタイミングで届けられたベスト・アルバム。収録曲を見てみると納得の選曲ですし、本当に素晴らしい曲を数多くリリースしていたということがよく分かります。それでは解説文を。

あのメガヒット曲を自らニューレコーディングした新バージョン

◆CD+DVD盤には、Fanmailツアーの貴重なライヴ映像も収録
◆"超"日本先行リリース
メディア掲載レビューほか

ガールズR&Bグループ「TLC」のデビュー20周年(2013年時)記念アルバム。「クリープ」「ウォーターフォールズ」をはじめ、彼女たちの 代表曲を新たにレコーディングし直した新ヴァージョンで収録。さらに、1999年から2000年にかけて行われた、フル・メンバー3人での本格ツアーとし ては最後となる“Fanmail Tour”でのライヴ音源を収録。

『TLC20 ~20thアニヴァーサリー・ヒッツ~』商品概要
CD+DVD:2枚組

Disc-1(CD)
1.ウォーターフォールズ(ニューヴァージョン)+
2.ノー・スクラブス+
3.クリープ+
4.ベイビー・ベイビー・ベイビー+
5.ディギン・オン・ユー+
6.アンプリティ+
7.ホワット・アバウト・ユア・フレンズ+
8.アンプリティ(アコースティック・ヴァージョン)+
9.ベイビー・ベイビー・ベイビー(ライヴ)
10.クリープ(ライヴ)
11.アンプリティ(ライヴ)
12.ウォーターフォールズ(ライヴ)
13.ノー・スクラブス(ライヴ)
+New Recording

Disc-2(DVD)
1999年から2000年にかけて行われた、フルメンバー3人での本格ツアーとしては最後となるFanmailツアーの貴重なライヴ映像を収録
1.ベイビー・ベイビー・ベイビー(ライヴ)<
2.クリープ(ライヴ)
3.アンプリティ(ライヴ)
4.ウォーターフォールズ(ライヴ)
5.ノー・スクラブス(ライヴ)

発売は2013.6.19です。







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/06/17 09:00 ] Santigold TLC | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1452-377dbe3d









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。