FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

King Crimson(キング・クリムゾン)- 『In The Court of Crimson King(クリムゾン・キングの宮殿~40周年記念エディション [CD+DVD]』 [ロック 名盤]

キング・クリムゾンの伝説の名盤1stが豪華仕様で再発!




キング・クリムゾン関連の作品は何度再発されたでしょうか?本当に頻繁に再発される彼らの作品、その理由は間違いなく熱狂的なファンを多く抱えているからです。

そこで私は、といえば、実は熱心なファンとは言えません。確かにキング・クリムゾンのすべての作品を細部まで聴き込んでいる方も多くいらっしゃると思いますが、私のように『クリムゾン・キングの宮殿』は何度も聴いたが、それ以外の作品となると少し愛着も薄れるな〜という方も決して少なくはないと思います。ただ、どちらのファンにも共通して言えることは、“1stは世紀の名盤である”ということでしょう。

プログレッシブ・ロックというジャンルをこの一枚で構築したといっても過言ではないこの作品。そして、その作品を代表するのが、誰もが知っている超名曲、『21st Century Schizoid Man』。様々なリズムを驚異的なスキルで叩ききるドラム、フリー・ジャズのように自由に駆け巡るギター、エフェクトをかけまくったヴォーカルなどによって作られたヘヴィー・メタリックなサウンド、そして全体に張りつめる圧倒的な緊張感。最高です。

それ以外の曲では、メロトロンが印象的な壮大なナンバー、『The Court of the Crimson King』や、文学的で深遠な歌詞の『Epitaph』、そしてアルバム5曲中3曲が組曲という構成になっているなど、プログレッシブ・ロックの理想型であり、雛形といえるでしょう。

音楽史において非常に重要な意味を持つと同時に、とてつもないクオリティを持つ作品です。今回はMLP Lossless 5.1 Surround、DTS 5.1 Digital Surroundの音源を収録し、またボーナス・トラックも収録されているのでこれまた魅力的ですね。

ディスク:1
1. 21世紀のスキッツォイド・マン (MLP Lossless 5.1 Surround、DTS 5.1 Digital Surround)
2. 風に語りて (MLP Lossless 5.1 Surround、DTS 5.1 Digital Surround)
3. エピタフ (MLP Lossless 5.1 Surround、DTS 5.1 Digital Surround)
4. ムーンチャイルド (MLP Lossless 5.1 Surround、DTS 5.1 Digital Surround)
5. クリムゾン・キングの宮殿 (MLP Lossless 5.1 Surround、DTS 5.1 Digital Surround)
6. 21世紀のスキッツォイド・マン (MLP Stereo、LPCM Stereo)
7. 風に語りて (MLP Stereo、LPCM Stereo)
8. エピタフ (MLP Stereo、LPCM Stereo)
9. ムーンチャイルド (MLP Stereo、LPCM Stereo)
10. クリムゾン・キングの宮殿 (MLP Stereo、LPCM Stereo)
11. ムーンチャイルド (フル・ヴァージョン) (ボーナストラック1)
12. 風に語りて (デュオ・ヴァージョン) (ボーナストラック1)
13. 風に語りて (オルタネイト・ミックス) (ボーナストラック1)
14. エピタフ (バッキング・トラック) (ボーナストラック1)
15. ウインド・セッション (ボーナストラック1)
16. 21世紀のスキッツォイド・マン (インストゥメンタル) (ボーナストラック2)
17. 風に語りて (スタジオ・ラン・スルー) (ボーナストラック2)
18. エピタフ (オルタネイト・ミックス) (ボーナストラック2)
19. ムーンチャイルド (テイク1) (ボーナストラック2)
20. クリムゾン・キングの宮殿 (テイク3) (ボーナストラック2)
21. 21世紀のスキッツォイド・マン (ハイドパーク・コンサート:エディット版) (ビデオ)
ディスク:2
1. 21世紀のスキッツォイド・マン
2. 風に語りて
3. エピタフ(墓碑銘)a.)理由なき行進 b.)明日又明日
4. ムーンチャイルド a.)ドリーム b.)幻想
5. クリムゾン・キングの宮殿 a.)帰ってきた魔女 b.)あやつり人形の踊り
6. ムーンチャイルド (フル・ヴァージョン) (ボーナストラック)
7. 風に語りて (デュオ・ヴァージョン) (ボーナストラック)
8. 風に語りて (オルタネイト・ミックス) (ボーナストラック)
9. エピタフ (バッキング・トラック) (ボーナストラック)
10. ウインド・セッション (ボーナストラック)

アルバムは現在発売中です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1459-e16486af









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。