FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Joe Barbieri(ジョー・バルビエリ)- 『今もチェットがささやいて』 [ポップ 名盤]

どはまりな企画でしょう!ジョー・バルビエリがチェット・ベイカーに捧げるアルバムを制作!




ダンディで心に染みる歌声がたまらないジョー・バルビエリ。エレガントな空気漂う彼の作品は、しばしばカエターノ・ヴェローゾを引き合いに出されますが、今回はチェットに捧げる作品をリリースです!

ジョー・バルビエリの音楽は素朴でありながら芳醇で、聴く人の心にそっと寄り添ってくれるような音楽です。いつもは自作の曲を歌っているのですが、今年はチェット・ベイカー没後25年ということでこの作品を作ることにしたようです。

ジョー・バルビエリは日本ではまだまだ知名度が低く残念な限りです。チェット・ベイカーという日本でも人気の高いアーティストの楽曲を取り上げたことで、少しでも彼に目が向いてくれると嬉しいです。

それでは解説文を。


『静かに、息をするように』に続く、ジョー・バルビエリの最新オリジナル・アルバムが早くもリリース決定!

ジョー・バルビエリを語る際にカエターノ・ヴェローゾと並び引き合いに出される、チェット・ベイカーの歌唱レパートリーを取り上げた内容。

今年の5月13日はチェット・ベイカーの没後25周年。1970年代半ばに活動拠点をヨーロッパに移したチェット・ベイカーは、イタリアにも滞在した深い 繋がりがあります。このアニバーサリー・イヤーにチェットが歌った有名曲や、日本でも人気の名作M-6、チェットがエンニオ・モリコーネと共演したM- 9、チェットが出たイタリア映画『ローマ』の中で歌ったレアなM-10などイタリア人ならではの視点も加え、ジョー・バルビエリ特有のソフトなヴォーカル でオマージュを捧げたクワイエット・ビューティー・サウンド。日本盤ボーナス・トラックにはあの「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を収録!

メンバーはアントニオ・フレーザ(p)と、イタリアの俊英ルカ・アキーノ(tp, flgh)。ゲストはヴィニシウス・カントゥアリア、ステイシー・ケントが参加!他にもイタリアン・ジャズの大物で、チェットとの共演歴もあるフリオ・ ディ・カストリ(b)とニコラ・スティロ(fl, g, p)も参加。
原題「チェットは生きている(Chet Lives!)」の通り、あの名盤『チェット・ベイカー・シングス』の世界観を南イタリア風味のソフト・サウンドで再構築した極上の内容。(

【収録予定曲】
1. タイム・アフター・タイム
2. チェット・ライヴス
3. エヴリタイム・ウィ・セイ・グッドバイ
4. アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥー・イージリー
5. ルック・フォー・ザ・シルヴァー・ライニング
6. エステイト
7. オールモスト・ブルー
8. バット・ナット・フォー・ミー
9. ソ・ケ・ティ・ペルデロ
10. アリーヴェデルチ 【日本盤ボーナス・トラック】
11. マイ・ファニー・ヴァレンタイン

アルバムは現在発売中です。








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/07/23 09:00 ] Jesse Winchester Joe Barbieri | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1479-09d6425b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。