FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

John Legend(ジョン・レジェンド)- 『Love in the Future(ラヴ・イン・ザ・フューチャー)』 [ソウル 名盤]

ジョン・レジェンドが再びカニエ・ウェストとタッグを組む新作、『Love In The Future』!




現在のソウルを代表する存在、ジョン・レジェンド。グラミー賞3冠を受賞したザ・ルーツとのコラボ作『ウェイク・アップ』があったので、それほど空いているようには感じませんが、実際には08年の『Evolver』以来の5年振りのニュー・アルバムとなります。

そして、今作の一番の話題といえばエグゼクティブ・プロデューサーにカニエ・ウェストが戻ってきたということでしょう。ジョン・レジェンドの作品はどれも好きですが、個人的には初期の、カニエが関わっていたストレートなソウルが感じられる方が好みなので、今回のニュースには胸が踊りました。

実際に公開されている2曲、『Who Do We Think We Are』と『Made to Love』を聴いてみると、ジョン・レジェンドのこの作品にかける意気込みが伝わってきます。特に『Who Do We Think We Are』での熱く歌い上げるヴォーカルはグッときますし、ジーン・ナイトの『Mr. Big Stuff』を使うあたりにも強い決意が感じられます。実際、本作をレコーディングするにあたって、“本当に素晴らしいモダン・ソウル・アルバムを作りたいんだ”という内容の発言をしていたそうです。

一方『Made to Love』それとはかなり趣が異なり、カニエ印のかなり実験的な音になっています。これがジョン・レジェンドの言う“モダン・ソウル”なのでしょうか。

個人的には初期の作品のような、もっとしなやかなソウル・アルバムを期待していたので正直少しがっかりです。これが単なる懐古主義の戯言になることを期待しています。

アルバムの発売は2013/9/4です。









関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/07/21 09:00 ] Jamie Woon John Legend | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1485-e0afd20a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。