FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Stone Roses(ストーン・ローゼス)- 『Stone Roses(ストーン・ローゼス)』 [ロック 名盤]

説明不要の名盤、ストーン・ローゼスの1stが再発!




何度もこのブログで取り上げさせていただいた時代を超えた名盤、ストーン・ローゼスのデビュー作が最新技術が詰め込まれた高音質CD、Blu-spec CD2で再発されます。

ロック・シーンが閉塞感に打ち拉がれていた89年、突如として登場したストーン・ローゼスは瞬く間に世界中を席巻し、アシッド・ハウスとロックに七色の虹を架けると同時に、来るべきロックの未来を予見させたのです。

イアン・ブラウン、ジョン・スクワイア、マニ、そしてレニというこのうちの一人がかけても成り立たない、奇跡のバンド構成。実際レニがバンドを抜けたときからストーン・ローゼスはまったく別のバンドとなってしまい、二度とあのマジックを味わうことはできなくなってしまいました。

そんな彼らが再結成を発表したのは11年。そのニュースに音楽界は色めき立ち、いまだ衰えぬストーン・ローゼスの影響力を改めて実感させられたのですが、再結成してからのパフォーマンスをYoutubeでチェックしてみると、う〜ん、相変わらずですね。まあ、ライヴに関しては解散する前から色々言われていましたから。それでも生で彼らの演奏を聴くことができるということが奇跡なんですから。

『She Bang the Drum』、『I am the Resurrection』、『I Wanna Be Adore』などなど歴史の残る名曲がこれでもかと並んでいます。後にも先にもストーン・ローゼスのようなバンドは二度と現れることはありませんでした。もし未聴の方がみえましたら、この作品は必聴です!

アルバムの発売は2013/7/24です。






関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/08/18 09:00 ] The Skids Stone Roses | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1502-4c69fdb1









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。