FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Kool Keith(クール・キース)- 『MAGNETIC PIMP FORCE FIELD』 [ヒップ・ホップ 名盤]

伝説のラッパー、クール・キースが1年という短いスパンで新作をドロップ!




ウルトラマグネティックMC’sでデビューし、25年ものキャリアを誇るクール・キース。その唯一無二のスキルは伝説とも称されるが、同時に常人には理解不能なぶっ飛んだ感覚の持ち主でもあり、思いついたらすぐ実行タイプの人なので作品にムラがあるのも事実。

今作はメンフィスのベテラン、ミスター・シーとのコラボになっています。結論から言えば、このコラボは成功でしょう。サウスなビートに、ジャケットにも見られるようなアメコミ的大袈裟さをキーボードやSEによって加えた、いかにもクール・キースが好みそうな音になっています。『Death Star Pimp』や『Lord Of Thongs』ではサウスらしい刻むようなビートがクール・キースのラップにリズムを与えており、ともすればダレてしまうこともある彼のラップを引き締めています。







またDJ Junkaz Louをフューチャーした『Natural High』では、メロディアスなコーラスに合わせてしっとりしたラップを聴かせています。後半はDJ Junkaz Louがスリリングなプレイを炸裂させるといった展開になっており、アルバムのハイライトと言えるべき曲になっています。




Watch The Throne』では、“All Eyez on Me”という2Pacのフレーズが飛び出すのですが、これは何を意味するのでしょう。それに呼応するように繰り出されるスクラッチがスリリングです。




まだまだ老け込むには早いクール・キースが素晴らしい作品を作ることができるという証明のような作品です。

アルバムは現在発売中です。








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/08/04 09:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1503-7d5e6835









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。