FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Harry Nilsson(ハリー・ニルソン)- 『Complete RCA Albums Collection』 [ロック 名盤]

ボーナス・トラック多数収録のハリー・ニルソンのボックス・セットが登場!




知る人ぞ知る通好みな存在であるハリー・ニルソンですが、その才能は決して見過ごされるべきものではありません。彼の書く曲はオリジナリティに溢れており、様々な驚きや楽しさに満ち溢れています。しかし、そういった彼の嗜好が行き過ぎて、ストレンジな曲もまた多数あり、それが多くのリスナーを獲得することの障害となっていることも否めません。

とはいえ、ハリー・ニルソンを最初に認めたのがあのフィル・スペクターであり、デビュー作である『パンディモニアム・シャドウ・ショウ』を耳にしたジョン・レノンが、感激のあまり国際電話で「素晴らしい!」とハリー・ニルソンに伝えたのは有名なエピソードです。

また、カヴァー・アルバムである『For Love of Harry: Everybody Sings Nilsson』では、ランディ・ニューマン、エイミー・マン、スティーブ・ニックス、リンゴ・スター、ピーター・ウルフ、アル・クーパー、ブライアン・ウィルソン、ジェリーフィッシュ、ロン・セクスミス、ジミー・ウェッブなどそうそうたるメンツが集結していることからも、ハリー・ニルソンがいかに才能に溢れ、また特別な才能を持っていたかが窺い知れると思います。

今回のボックス・セットは、1967年にリリースしたデビュー・アルバム『パンディモニアム・シャドウ・ショウ』から1977年のRCA時代最後のアルバムとなった『クニルソン』ま での14作品(映画のサントラ盤の『スキドゥ』(1968年)と『吸血鬼ドラキュラ二世』(1974年)の2作を除く)に、アルバム毎にボーナス・トラッ クを収録しており、そのボーナス・トラックも実に65曲というボリュームで、さらにうち26曲が未発表曲ということでファンにはたまらない企画となっています。

少しでも多くの方に知っていただきたい素晴らしいアーティスト、ハリー・ニルソンの素晴らしいアイテムです!

アルバムの発売は2013/7/30です。






文中で紹介させていただいたカヴァー・アルバムがこちら!







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/08/17 09:00 ] Foster the People Harry Nilsson | TB(0) | CM(1)

どうも。

相互リンクとブロともって違うんでしょうか?
[ 2013/08/17 16:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1513-dc5b5125









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。