FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Lenny Kravitz(レニー・クラヴィッツ)- 『Are You Gonna Go My Way(自由への疾走)』 [ロック 名盤]

レニー・クラヴィッツの最大のヒット作、『自由への疾走』が20周年デラックス・エディションで再発!




89年に『Let Love Rule』でシーンに登場したレニー・クラヴィッツ。レニー・クラヴィッツの音楽の最大の特徴と言えば、白人と黒人の音楽をミックスしたサウンドと言えるのではないでしょうか。本人もフェイヴァリットにジョン・レノンやレッド・ツェッペリンといったロック・ミュージシャンを挙げると同時に、カーティス・メイフィールドやジェームス・ブラウンといった黒人ミュージシャンも挙げている。

レニー・クラヴィッツの作品を聴いていると非常にロック色の強いハード・ロック的なもの、シンガー・ソングライター然としたもの、ソウル・テイストに溢れたものと曲によって大きく表情が変化する。91年の2ndアルバム『Mama Said』は個人的にはレニー・クラヴィッツの作品の中で最も完成度の高いアルバムだと思っているのですが、セールスという点では今回デラックス・エディションで再発される93年にリリースされた3rdアルバム、『Are You Gonna Go My Way』がダントツです。

その理由はとても明快です。“多くのリスナーにアピールする要素を持った曲が多数収録されている”ということです。例えばアルバムからのリード・シングルである『Are You Gonna Go My Way』。この曲は本国アメリカではもちろん、イギリスやフランス、オーストリアなど多くの国のチャートで上位に入るヒットとなりました。日本でもCMやテレビ番組などで頻繁に使用される曲で、聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。ハード・ロッックなギター・リフでインパクトが強烈で、一聴して耳に残るナンバーです。




そして2ndシングルとなった『Believe』。この曲もヒット・チャートで上位に入るセールスを記録しました。くぐもったヴォーカルと、サビでのメロディの広がりに宗教的な美しさすら感じる名バラードです。



この2曲を核に粒ぞろいの曲が並びます。デラックス・エディションの詳細は

今回のデラックス・エディションでは、オリジナル・アルバム初のデジタル・リマスターヴァージョンと、ヴァネッサ・パラディのアルバム『ビーマイベイビー』用に制作したデモ他未発表音源を多数収録。

DISC1-トラック1から11に収録されたオリジナル・アルバムは今回初のデジタル・リマスター。DISC1-トラック12から18はシングルのBサイド曲を収録。

DISC2-トラック1から3にはアコースティック・ヴァージョン、トラック4から9にはデモ&アウトテイク・ヴァージョン、トラック10から12にはヴァネッサ・パラディ用のデモ、トラック13にはBBCインタビューを収録

収録曲
【Disc 1】
01. Are You Gonna Go My Way
02. Believe
03. Come On And Love Me
04. Heaven Help
05. Just Be A Woman
06. Is There Any Love In Your Heart
07. Black Girl
08. My Love
09. Sugar
10. Sister
11. Eleutheria
12. Spinning Around Over You
13. Ascension
14. All My Life
15. Brother
16. Someone Like You
17. For The First Time
18. B-Side Blues

【Disc 2】
01. Believe (Acoustic Version)
02. Sister (Acoustic Version)
03. Heaven Help (Acoustic Version)
04. WOrk Like The Devil*
05. Feeling Alright (Instrumental)*
06. Getting Out (Will You Marry Me)*
07. Good Lovin'*
08. Blood (Instrumental)/Papa (Long And Sad Goodbye)*
09. Early Morning Blues*
10. I May Not Be A Star (Light Piece For Vanessa)*
11. Travelogue (You love Has Got a Handle On My Mind)*
12. Lonely Rainbows*
13. BBC Interview with Mick Wilcox*
(*未発表音源)

ということでファンならば聴いてみたい音源がかなり収録されています。発売は2013/10/16です。











関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/09/27 09:00 ] Jesse Winchester Lenny Kravitz | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1562-1eb2bef7









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。