FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Boomtown Rats(ブームタウン・ラッツ)- 『Back to Boomtown Classic Rats Hits』

ニュー・ウェーヴ/パンクの忘れられないバンド、ブームタウン・ラッツのベスト盤が登場!




ブームタウン・ラッツは75年にアイルランド出身のメンバーで結成された、パンク/ニュー・ウェイブ・バンドです。

バンドは70年代に何曲ものヒット・シングルをリリースし、特に『Rat Trap』はアイルランド系のバンドとしては初めての、全英チャート1位を記録しています。

また、79年にリリースされ、4週にわたって全英チャートの首位をキープした『I Don't Like Monday (哀愁のマンディ)』は、カリフォルニア州サンディエゴで起きた16歳の少女によるライフル銃乱射事件に衝撃を受けてボブ・ゲルドフが書いたナンバーで、現在でも銃に関する問題が起こったときには頻繁に使用されています。メッセージもそうなのですが、メロディも素晴らしく、聴くたびに胸を打たれる名曲です。




これらの曲以外にも、『She's So Modern』、『Like Clockwork』、『Rat Trap』、『Diamond Smiles』と70年代後半から80年にかけては独特のメロディ・センスと疾走感、そして風刺の効いたユーモアによる素晴らしい曲が生み出されました。

しかし、80年代中盤からはボブ・ゲルドフがチャリティ活動に傾倒し、それにより彼の知名度はグッと上昇したのですが、本体であるブームタウン・ラッツの方は影が薄くなってしまいました。

現在ではほとんど話題にのぼることのなかったブームタウン・ラッツでしたが、今年の6月にボブ・ゲルドフが、「ブームタウン・ラッツは素晴らしいバンドだった。もう一度数々の名曲をプレイするには、今は絶好のタイミングだ」と発言し、この度リリースされるベスト盤『Back to Boomtown: Classic Rats Hits』を引っさげてイギリス、アイルランドをツアーすると発表。ファンに衝撃を与えました。

ちょっと不安ではありますが、現在のブームタウン・ラッツにも興味はあります。それまでは過去の名曲で予習ということで。

アルバムは2013/10/15発売です。






また2013/10/29には6枚のスタジオ・アルバムを収録したボックス・セット、『Classic Album Selection (1977-1984)』がリリースされます!











関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/10/24 09:00 ] Animal Collective Boomtown Rats | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1588-61abc2e5









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。