FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

布袋寅泰 - 『Glorious Days』

もう好きで好きでたまらない一曲。BOOWYを解散後ソロとしてスタートした布袋さんの第一作目、『ギタリズム1』に収録されていたナンバーで、青春時代を振り返るようなノスタルジックな歌詞と、ポップに突き抜けるメロディ、そして弾むようなリズムがたまらない曲です。

今回紹介させていただくのは、『All Time Super Best Tour』で演奏されたバージョンですが、あれから20年以上の時を経てどのようにこの曲が生まれ変わるのかとても興味があったのですが、布袋さんは絶好調で、あの頃よりもさらにハツラツとプレーされていて、とにかく驚きました。

お馴染みの足上げもバンバンでますし、派手なアクションも飛び出し盛り上がりまくりです。

また、ライブということで音がスッキリしているので、細かいギターのフレーズが良く聴こえ楽しかったです。この曲を知らないのは勿体無すぎる!




この名曲が収録された布袋寅泰さんのデビュー作の00年デジタル・リマスター盤がこちら!











関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/12/18 09:00 ] 邦楽 布袋寅泰 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1602-de2aa457









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。