FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Blackbyrds(ザ・ブラックバーズ)- 『WALKING IN RHYTHM: THE ESSENTIAL SELECTION 1973-1980』

ヒップ・ホップ世代からの支持も熱いジャズ・ファンク・バンド、ブラックバーズのベスト盤が登場!




あのドナルド・バードの名盤『Black Byrd』から名前をとったグループ、ブラックバーズがFantasy Recordに残した7枚のアルバムと1枚のベスト・アルバムから選曲した2枚組ベストが登場です。

その名前の由来からも分かるようにブラックバーズは、ソウル/ファンク/ジャズに根ざしたサウンドが特徴ですが、90年代はアシッド・ハウス・シーンから再評価を受け、そのあとはヒップ・ホップのサンプリング・ソースとして熱い支持を受けてきました。

今回のベストでもその辺りはばっちりおさえられています。最も有名なところでいえば、Wiz Khalifaが『Ink My Whole Body』で使い、他にも様々なアーティストにサンプリングされている、サンプリング・ソースの定番にしてメロウ・グルーヴの名曲『Mysterious Vibes』、Nasが『Get Down』で使ったことでも有名な『Rock Creek Park』。この曲は他にもMassive Attackの『Blue Line』、De La Soulの『Ghetto Thang』、Eric B. & Rakimの『The R』、N.W.A.の『Quiet Tha Set』、Ice Cukeの『I Wanna Kill Sam』などなど名だたるアーティストにサンプリングされています。

Gang Starrの『Say Your Prayers』を始め、ジャジー・ヒップ・ホップの伝説的グループHard 2 Obtainの『L.I. Groove』などに使用されているメロウなトランペットが印象的な『Wilford’s Gone』。

もちろんサンプリング・ソースとしてだけでなく曲としてのクオリティもかなり高いです。グループ最大のヒットとなった75年の『Walking in Rhythm』では全米6位となるヒットを記録し、グラミー賞にもノミネートされました。メロウで耳に残るメロディ、爽やかな演奏、まさに名曲です。




あのミゼル・ブラザーズによるスカイ・ハイ・プロダクションがプロデュースを努めた曲が多いだけのことはある、レア・グルーヴ/ヒップ・ホップ世代には強烈にアピールする作品だと思いますし、ドナルド・バードのジャズ・ファンク期の作品のように一般のリスナーにも十分にアピールする作品だと思います。

発売は2013/10/16です。












関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/11/03 09:00 ] Babyface The Blackbyrds | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1605-cdc1e3b6









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。