FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Free Soul meets P-VINE

フリー・ソウルが今度はP-VINEの音源を使った作品をリリース!


Free Soul meets P-VINE 【CD】

Free Soul meets P-VINE 【CD】
価格:2,100円(税込、送料別)



“フリー・ソウル”、この言葉にやっぱり反応してしまう私です。あまりにフリー・ソウルのシリーズが人気が出過ぎて、少し作品を乱発したせいで一部の音楽ファンからは批判的な意見があったりもしますが、やはり基本的には素晴らしいコンピだと思います。

そして今回はP-VINEの音源を使ったものということでこれはテンションあがりますね!P-VINEといえばソウルやブルース、さらにはヒップ・ホップやレア・グルーヴまで幅広いジャンルの音楽を扱いながら、そのどれもにレーベルのこだわりが感じられるラインナップなので私は大好きなレーベルですし、非常に信頼しています。

収録されるアーティストをチェックしてみると、このブログでも紹介させていただいたハワイアン・メロウ・グルーヴの定番Lemuria『Hunk Of Heaven』、フリー・ソウル好きで知らない人はいないAlice Clarkの『Never Did I Stop Loving You』、グルーヴィーなソウルがたまらないSpanky Wilsonの『Loveland』などなどその手の音楽ファンにはたまらないラインナップです。




Free Soul × P-VINEという看板に応える内容になるのではないでしょうか。

曲目リスト
1. Hunk Of Heaven(LEMURIA)
2. Never Did I Stop Loving You(ALICE CLARK)
3. Why Don't We Fall In Love(JOHN VALENTI)
4. Loveland(SPANKY WILSON)
5. Love Means Everything(TOUCH OF CLASS)
6. Don't You Care(ALICE CLARK)
7. Love Or Let Me Be Lonely(SPANKY WILSON)
8. Love, Oh Love(VINCE ANDREWS)
9. A Perfect Day(BOBBY COLE)
10. It's You(JOYCE COOLING)
11. A Child Runs Free(FRED JOHNSON)
12. Inner City Blues(PLACEBO)
13. If We Took The Time (Where Do We Go From Here)(TED COLEMAN BAND)
14. In This World(BILLY WOOTEN)
15. Rainbow In Your Eyes(JUDY ROBERTS)
16. What's Goin On(PENNY GOODWIN)
17. Ray of Hope(SOUL GENERATION)
18. Keep It Up(MILTON WRIGHT)
19. Meaning Of Love(KARIN KROG)

アルバムは2013/11/20発売です!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1644-ba925bf7









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。