FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Keane(キーン)- 『Best of Keane(ザ・ベスト・オブ・キーン)』

叙情的なメロディで多くのファンを持つキーンのベスト・アルバムが登場!


【送料無料】【輸入盤】Best Of Keane [ KEANE ]

【送料無料】【輸入盤】Best Of Keane [ KEANE ]
価格:1,680円(税込、送料込)



97年に活動を開始して以来これまでに4枚のアルバムをリリースし、その存在を確固たるものにしているイギリスのイースト・サンセット出身のバンド、キーン。

彼らが大きな話題となったのはデビュー作『Hopes and Fears』からでした。この作品はブリット・アワードを含む幾つもの賞に輝き、またその年に2番目に売れたスタジオ・アルバムとなりました。今回のベスト盤に収録された曲を聴き返してみるとそれにも納得がいく素晴らしいものが並んでいます。1stシングルとして04年の2月にリリースされた『Somewhere Only We Know』は、1stシングルらしくバンドの特徴であるピアノと繊細なヴォーカルを中心としたものでした。

そして同年5月にシングル・カットされたのが『Everybody’s Changing』です。この曲もピアノが中心となっていますが、『Somewhere Only We Know』と比べるとぐっとドラマティックな曲調となっておりサビでメロディが伸び上がるところには癒しのような空気を感じます。これがキーンというバンドの音楽の核なのです。

さらに11月にリリースされた『This Is The Last Time』。これもキーンとしかいいようのない叙情的で繊細なメロディが胸をガンガン叩く名曲です。これだけセンチメンタルなのにポップという魔法のような名曲です。




そして06年にリリースされたのが『Under the Iron Sea』です。このアルバムも前作から引き続いてアンディ・グリーンがプロデュースしていますが、はっきりとバンドの成長が感じ取れます。ダウンロードのみでリリースされた『Atlantic』はスケールを増したキーンを如実に現しています。重く沈み込むようなメロディとドラムからトリップ・ホップも連想され、これまでとは大きく曲調が変わっています。

『Atlantic』に続いてアルバムからのリード・シングルとしてリリースされたのが『Is It Any Wonder?』です。イントロも含めたギターの演奏やドラムのリズムにバンドの確かな成長を感じますが、なによりもメロディです。これまでのキーンにはこういったメロディはなかったので非常に新鮮でした。

このアルバムはバンドのサウンドの成長が感じられると同時に、ダークな空気も強い作品です。それは当時バンドの中心人物のトム・チャプリンが成功に伴うプレッシャーでドラッグとアルコール中毒になっていたことと無関係ではないでしょう。続いてシングル・カットされた『Nothing in My Way』や『A Bad Dream』の暗いメロディと歌詞からも感じとることができます。

そんな前作から2年をおいてリリースされたのがキーンの3rdアルバム『Perfect Symmetry』です。この作品でキーンは一気に音楽のフィールドを広げています。もうそれは1stシングルであり、アルバムのオープニング・ナンバーである『Spiralling』を聴いていただければ分かっていただけると思います。アナログ・シンセと打ち込みによるトラックは80年代を連想させるもので、ディスコ・ミュージックのようなポジティブな空気に溢れています。サビの“Oh〜”なんてコーラスを聴いたときには腰が抜けそうでした。

またアルバム・タイトル曲である『Perfect Symmetry』も歌にみなぎるエネルギーとポジティブなヴァイヴがとんでもない素晴らしい曲ですし、一方『My Shadow』はこれまでのキーンの音楽に近いメロディアスな曲ですが、そのスケールは何倍にも広がっており、どちらも当時のキーンの充実ぶりを現した名曲です。


キーンといえばピアノを中心とした泣きのメロディというイメージが強いと思いますが、このベストを聴いていただければ現状に満足することなくより良いものを作るために格闘してきたバンドの姿を感じとっていただけると思います。音楽が好きなら絶対に好きになるバンド、そう自信を持っていうことのできるバンドです。
このアルバムはセルフ・プロデュースで制作されていますが、その過程で出会った二人のプロデューサー、カニエ・ウェストなどを手がけたジョン・オブライエンと、レ・リタ・リズムでの活動やマドンナを手がけたことで知られるスチュワート・プライスの影響が強いのは間違いないでしょう。

アルバムは現在発売中です。











関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/12/24 09:00 ] Jesse Winchester Keane | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1672-028e18ac









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。