FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブルーノート公認のXRCD!

ブルーノート公認の高音質ソフト、XRCDが登場!




とりあえず高音質という単語に反応してはみたものの、XRCDというものを全く知らなかったので少し調べてみると、XRCDとはExtended Resolution Compact Disc(略称xrcd)は、JVC Music Inc.が1996年に発表した、高音質音楽CDのマスタリングと製作管理プロセスのひとつとのことです。

詳しくは分かりませんがアメリカでスタートしたこのシリーズは、その高音質が音質マニアから話題となり日本でも広まったということで、音質の方はかなり期待できるのではないでしょうか。今回の発売されるブルーノートの作品は、ルディ・ヴァン・ゲルダーのオリジナル2トラック・アナログ・テープからマスタリングしたとのことで音質に期待してしまいます。

再発される作品はアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの名盤『チュニジアの夜』と『The Big Beat』、デクスター・ゴードンの『A Swingin’ Affair』、そしてティム・ブルックスの『Back To The Tracks』です。作品のクオリティは折り紙付きのものばかりなので、あとは音質に期待したいですね。

アルバムの発売は2014/1/21です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/01/23 09:00 ] 高音質 XRCD | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1706-ce854897









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。