FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Jeff Beck - 『1975 This Blows』

先日マルチSACD盤がリリースされたジェフ・ベックの歴史的名盤、『ブロウ・バイ・ブロウ』のライヴ音源を収録したYoutube動画


このブログでも幾度となく取り上げさせていただいているジェフ・ベックの『ブロウ・バイ・ブロウ』。全曲インストでジャズ・ロック的なアプローチっを貫いた作品ですが、難解なものでは全くなく、曲のクオリティも高く、またキャッチーなメロディもあり気持ちよく聴けますし、なによりもジェフ・ベックのギターが凄い!卓越した技術を持つギタリストなのはもちろんなのですが、そんなことを抜きにしてもワクワクするサウンドの連発です。

そんな名盤をライヴ録音した動画があったので紹介させていただきます。この作品が録音されたのが75年ということで『ブロウ・バイ・ブロウ』からの曲がほとんどとなっており、『You Know What I Mean』、『Scatterbrain』、『Thelonius』以外の曲がすべて演奏されています。それに加えて『Definitely Maybe』、『Superstition』、『Power』の3曲が演奏されており、特にラストの『Power』にはジョン・マクラフリンが参加しており、マハヴィシュヌ・オーケストラに触発されて『ブロウ・バイ・ブロウ』を録音したジェフ・ベックにとっては非常に嬉しい共演だったのではないでしょうか。




音もそれなりで十分楽しむことができますし、生々しいサウンドにはゾクゾクさせられます。

こちらがジェフ・ベックの歴史的名盤『ブロウ・バイ・ブロウ』のハイブリッド盤です!







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/10/10 09:00 ] James Jeff Beck | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1756-b4247b32









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。